2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

30年戦争 A Mighty Fortress

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:59:15
神は我が櫓

最後の宗教戦争と呼ばれた30年戦争について語ろう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 11:07:21
アドルフ・グスタフ

3 :ドン・ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2007/09/16(日) 23:28:16
スペインが無理して参戦して決定的に没落したんだよね

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 00:11:10
でも途中でところどこで大活躍はしてるんだけどなー
結果的には疲弊してオランダの独立を最終的に認めてるから文句なしの没落だな

アルマダ以降の踏んばってきたけど 海外でも欧州でもスペインオワタ\(^o^)/


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 22:59:38
ティリーとヴァレンシュタインの名前が出ないうちにスペインの話題が出るとは

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 23:10:23
甲冑を着た修道士ティリーですか
ヴァレンシュタインに比べると、いまいち地味ですよね

グスタフアドルフに敗れるまでは帝国の双璧だったのに

7 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/09/18(火) 00:43:31
グスタフ・アドルフの改革が先進的過ぎて、負けてもしょうがなかったというか。
ヴァレンシュタインは一応グスタフ・アドルフを戦死に追い込んでいますし、最
後が暗殺だとか、「最後」の傭兵隊長だとか、10万以上の兵を動員したとか、
略奪の代わりに軍税を課したとか、目立つ点があります。
ティリーの方は、名称であっても普通の軍人。使っていた軍も旧態依然。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 21:48:33
傭兵荒らしすぎ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 08:39:22


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 08:54:55
むかーし、何かの雑誌でグスタフ・アドルフ対ヴァレンシュタイン:リュッツェンの戦いの
コラムを読んで素直に感動した記憶があるよ

でも、ちょっと調べてみると、みんな占領地でけっこうエゲつない事してるのね;;
時代がそういう時代だから仕方ないとは思うけど・・・

11 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/09/23(日) 21:45:39
まあ、略奪・暴行・放火は、何時でも何処でも戦場の常でしたから。
敵に利用されたら困るから火はつけるし、高ぶっているから強姦するし、腹が減る
から食糧は奪うのが、各軍隊(に参加した兵士たちの行動)。
人を売って金にすることもできましたし。
家財道具を地中に埋めて山などへ避難することは、日欧ともにやっていたそうです。

この戦争では、ヴァレンシュタインが略奪を禁止し、その代わりに軍税を課してい
ますね。皇帝の直轄地以外にも、皇帝の名において課税できた。
これも反発を呼んでいましたが、取り分が個人的なものに留まる略奪を禁止して組
織の利益とした発想の転換と、それまで諸侯と傭兵隊長にふりまわされていた金無
し皇帝(ハプスブルク家)が軍隊を自前で用意できるようにし、更にその軍事力で
平時も引き続き軍税を取り立てられるようにしたのは、大きな変化。

グスタフ・アドルフといい、ヴァレンシュタインといい、後世に繋がる「いい仕事」
をしていますね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 20:36:08
その仕事がフリードリヒ大王の頃までの傭兵へ繋がっていくわけですね

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 11:41:24
北方の獅子王VS傭兵王

何かかっこいいな

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)