2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆坂本竜馬の魅力について☆

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 21:12:05
自分の信念を貫き夢に殉じた
竜馬の魅力についてかたりましょう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 21:37:12
小説の竜馬はカコイイと思う

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 21:51:20
他県人が高知に始めて行って、坂本竜馬とやなせたかしの看板が至る所にある光景をみると正直引くわ・・・
もうちょっと長宗我部氏を大切にな。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:35:46
実は竜馬より司馬が凄いんではないかい?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:39:14
司馬さんのお陰で全国区になったのか

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 05:47:46
龍馬は生前時から有名だったよ当時の志士の間じゃ
死んでからしばらく忘れられていったけど

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:24:53
昭和になってから、「竜馬が行く」で全国的な人気が出たことは
事実。その後何人かが、坂本龍馬を書いているが司馬を抜いた作品は、
ない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:26:26
しかし、その為、坂本龍馬像が司馬の作品に固定されて
しまった弊害もある。それも、事実。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 16:34:42
実際はひどくブサイクだった、、、、、、

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 16:50:19
一般人が知ってる竜馬の功績って
「薩長同盟の仲立ちをした」とかそんな感じなのかねえ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 16:52:42 ?S★(235895)
一般人 → なんか、活躍した人だった、じゃないかと。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 16:54:35
>>10
とりあえず、幕末に関しては自称一般人なんだけど
まさにそんな感じの認識しかない。あと海援隊って何か知らない。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 16:54:38
orz

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 19:16:16
勝海舟は、超二枚目だった!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:44:19
龍馬の手紙読んでる人いる?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 02:52:16
小説?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 13:27:26
脳をやられて即死しなかった超人

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 09:58:43
三菱財閥の基礎をつくった人だな
かなり語弊があるが間違いではない

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 13:11:33
海援隊は武田鉄矢。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 00:34:13
岩崎弥太郎に暗殺された説もあるんだな
竜馬が行くを読んだ直後に知ったからなんか笑ってしまった

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:25:47
薩摩の田中光顕だろ、殺したの

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:27:10
スパイ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:31:30
>15

脇差、短刀、長脇差でしょ
暗殺される3日前に陸奥に送ったらしいけど


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 17:34:02
>>21
>薩摩の田中光顕
田中光顕は、土佐の仲間だよ。龍馬が死んだ現場へ行って確認した人。
明治になってそれを本に書いた。

>>23
爆笑問題が、竜馬の手紙の本を出している。太田が好きらしい。
とっきやすくていいと思った。龍馬の手紙は、小説だけでなく彼の人となりを
知るいいものだと思うがね…。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 00:09:54
薩摩での「浪人見物」の話って本当なんだろうか
最初読んだとき腹抱えて笑ったけど

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 19:40:30
観察されるリョマたんに萌えた

27 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/03/08(木) 23:22:04
以前京都でやった龍馬の直筆手紙見たけど九州旅行のイラスト満載だった。
今なら絶対写メ送りまくり、絵文字入れまくりの人だろう。

桂さんに「あんたは少し緊張しなさい」と言われたにもかかわらず、
「桂さんから手紙もらったオレすっげー!」みたいなノリの手紙が…
文字はやわらかくのたのたとへなってた。
近藤勇のきちん!とした字体と比較すると楽しい。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 23:40:55
>>27
そうだそうだ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 09:41:37
>>10 別に好きでなきゃ有名人なんて皆そんなもの
史上最強は乙女ねーちゃん

30 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/03/10(土) 16:08:09
春休みに京都で竜馬めぐりしたいんですが、時間的に無駄なくまわれるコースあったら教えて

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 20:56:18
>>27
昔、みた土方の手紙の文字、…ほんとに以外だった。
女性的な柔らかなものとても鬼の副長のものとは見えなかった。

>>30
あのな、何かを尋ねるのは構わんがあなたの日程を
知らされなくて

>時間的に無駄なくまわれるコースあったら教えて

なんて聞くのはないだろう?ただ、京都へ行くだけなら
思いつく先から行けばいい。時間がないなら、これだけは観たいという
ポイントの優先順位をつけろ。人に物を聞くのが出来ない
大雑把に無駄なくまわれるのを知りたい人は、自分で調べるのがいいんじゃないか

32 :31:2007/03/10(土) 22:26:07
>>30
偉そうに書きすぎた、ゴメン。
この本を、読んでみな
坂本龍馬を歩く 一坂 太郎  参考になると思う。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 02:06:39
で、この人は日本史上で重要な人物なの?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 09:15:05
>>33 はいそうです、と言っちゃっていいすか?
>>30 とりあえず行ってみ、東山で無料パンフ配ってたかも
>>31 京から日野に土方が送った湯のみ茶碗セットがとても可愛いものだった
実はメルヘンな人なのだな…笑っちゃいかんぜよ

自分としては知らんやつは来るなというより、
「興味はあるけどあんまり知らない、知りたい」て人歓迎したいんだが…。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 22:39:11
昔教師が
「この人より偉大な人物はいない」
「世界史上に残る逸材」と大絶賛していました
そのせいでホントは大したことないんだろって思い込んで今に至ります

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 13:49:57
>>35は人が何をしたら偉大だと思う?

37 :31:2007/03/13(火) 18:41:13
>>34
>自分としては知らんやつは来るなというより、
「興味はあるけどあんまり知らない、知りたい」て人歓迎したいんだが…。

同意です。魅力について語るスレなんだから、そういう人が
集まるようにした方が、新鮮なことが出て面白いだろからね。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 19:48:37
>>37が竜馬ぽい…

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 21:01:02
他意は全くなく、新たな研究を受容して司馬さんの「竜馬がゆく」を越える
視点・切り口から楽しく読める21世紀バージョンの竜馬を読みたい。と、最近
思うが無いものねだりか見果てぬ夢なのか

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 18:41:48
時代小説が、かなり読まれなくなっている状況がある。
だから、もう越えるものは書かれないかもしれない。
でも、研究は進んでいるよ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 12:34:29
じゃあ俺が書く

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 15:08:05
>>41
気長に待つから、頑張って面白いの書いてくれ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 19:27:54
やっぱ無理

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 23:15:36
>>43
そんな簡単にあきらめるなって。
お前なら出来るよ、だってやろうと一度は書こうと思ったんだから。
まずは、原稿用紙を買ってきて、一行目に「龍馬は…」から始めたらどう

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 19:45:28
竜馬は…



 〜 完 〜

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 20:49:44
>>44
シネ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 07:54:28
竜馬が〜は司馬遼太郎に皆乗せられてるって話もあるよね。
そんなに好印象でもなかったとか。
あの小説の影響が大きかった部分もあると思うね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 22:26:49
ヒーローにしたのは司馬って有名じゃん

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 05:10:57
私は彼と誕生日が同じ11月15日

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 04:02:30
で?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 12:36:40
彼はニート

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 19:48:48
ではあなたの死ぬ日も11月15日ですね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:17:57
頭文字に「さ」がつく歴史上の有名人に
漏れはこいつの名前が出てこなかった




54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 05:50:05
佐川一政をまずはじめに思いついた

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 16:41:15
坂本龍馬の魅力はどこにあるんですか?

いっとくけど竜馬には用無し

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 17:13:33
だれか竜馬の12〜19才の足どり、24〜28才までどこにいてなにをしてたかしらないか

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/12(木) 17:29:15
>>55
国家建設への大きな構想力・強力な実行力かな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 19:43:08
>>55
志の大きさ、度量の広さ、柔軟な思考、並外れた行動力と度胸

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 13:24:14
坂本竜馬の魅力とは

50%は「翔ぶがごとく」に支えられ
40%は「お〜い、竜馬!」に支えられている

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 18:00:31
だから竜馬じゃなくて龍馬だろ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 21:33:53
>>59
もしそれが本当なら、レベルの低さは救いようがないな。
それに50%は
>「翔ぶがごとく」に支えられ
ではなく「竜馬がゆく」じゃないか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 23:01:17
袴にブーツの写真・大らかな人柄を思わせる手紙や資料の数々・・・
物語が膨らむ要素がいっぱい。
おまけに薩摩長州・幕府方・要人の間を渡り歩いたから、
龍馬が主人公だと幕末の動きがわかりやすい。人気な訳だよなあ。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 07:55:16
龍馬オタって結局小説オタばかり。
るろうにを読んで斉藤一が好きといっている腐女子と同じ。
本当は、いてもいなくても歴史に何の影響もない雑魚キャラ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 10:47:17
>>63
歴史を知らぬものが来たなw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 04:32:56
アンチ龍馬の場合は小説も史実も知らないから手に負えない

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 20:31:39
武器は2ちゃんソースだけ・・・

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 22:42:38
坂本がもうちょっい長生きできてたらな〜

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 00:37:01
坂本竜馬がいなかったら人類は未だに石の斧や槍でマンモス狩ってたよ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 17:32:50
銀行・商社・国家のありかたなどの船中八策、
岩崎弥太郎に与えた影響も大きいワナ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 20:10:25
>>69
>銀行・商社・国家のありかたなどの船中八策

そんな事書いてある???

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 00:58:32
全国龍馬社中という団体があるが気になる。誰かしってるか?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 17:32:57
>>71
見たよ。役員に県知事とかズラズラ並んでて、掲示板を見ると
仲の良い人たちが、いま世間で起こっていることについてコメントを
書いてあったりする。そういうサイト。
私は、こういう坂本龍馬像ー小説で作られたイメージありきは、好きになれない。
もっと生臭い欲望を持ち、しかしどれをやっても上手くいかない封建社会の中で、
深く悩み何人かの人物と合う経験を通じて一つ一つ成長していったように最近思っている。
「日本を洗濯する」のは、いい言葉だが言葉だけでは何も変えれない。
彼はどうそれを実現していくかを、後藤象二郎と関係を結ぶことで具体的に
行動した。そういう文脈でしか「日本の洗濯」は出来ない状況に、周旋家としての
彼は最晩年なっていたのではないかな?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 02:22:46
↑なるほど。政治家や権力者に龍馬がどうこうと言われたく無いな。結局は一般人はのけ者か。志ある団体は無いのかね?
文献としてはどれが事実に忠実なのか知りたい…。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 19:54:26
>>73
浅学非才なので、参考になるかは分からないが、

吉川弘文館から出ている、「幕末維新の個性」シリーズ(全9巻)の
「坂本龍馬と土佐の群像」 羽賀祥二著
(未刊、年内には発売されると思う)

このシリーズは、版元によれば、

西欧列強の外圧と幕藩体制の崩壊の中、新しい日本を創るため、
個性あふれる群像が輩出した時代―幕末維新。新時代を見通した思想家、斜陽の
旧政権変革をめざした最後の将軍、旧体制打倒に燃えた若き志士、揺籃期の
明治新政府を支えた政治家たち…。逞しく生きた彼らの実像に迫り、変革の時代を
迎えた現代日本の指針を学ぶ、〈最新〉幕末維新群像伝。

とある。

羽賀さんは名古屋大学の先生。今まで、私は寡聞にして坂本龍馬に言及した
先生の論文を読んだことがないが、ユニークな視点で幕末の歴史を研究していると
友人から聞いた。この本から、龍馬の新研究を読んでみてはどうですか?

伝記としての龍馬及び幕末史の最新の文献紹介は、
ttp://tosa-toad.cocolog-nifty.com/blog/
のブログが一番いいと思います。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 20:22:30
知らなかったけど人力鉄道の歴史サイトがあった。
http://www.kk-net.com/~tabuchi/JINSHA.htm


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 00:34:41
>>74様73です。丁寧に教えて頂きありがとうございます。面白そうな本ですね。時間をかけて読んでいきたいと思います。

77 :名無し:2007/06/16(土) 12:09:30
自分の誕生日と同じ日に死んだ人って
この世に未練が全くゼロの人なんだって
坂本竜馬は本当にそうだったのかなぁ・・


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 17:13:10
>>59
残りの10%が
「竜馬におまかせ」なわけですな

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 05:31:27
>>65
竜馬ファンは小説を知っていても歴史を知らないから手におえない。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 22:56:21
79禿どー
追記すると竜馬が戦争の種を蒔いたということを知っておいた方がよい

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 04:27:35
龍馬ファンは漫画や小説を史実と思い込むから手におえない

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 06:00:28
まぁその通りなんだが、、
いかんせん「お〜い!竜馬」&「竜馬がゆく」が面白すぎるので、
熱狂的ファンが出ても仕方ないとオモ。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 19:21:33


★昔、司馬遼太郎が「現代の龍馬は、小田実のような人だろう」と発言しました。
過去のことはともかく現代史に音痴だった司馬遼太郎らしい発言でした。

小田実といえばキチガイ反日サヨクの大物
「竜馬がゆく」がいかにとんでも小説だったか
推して知るべしですね









84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 19:59:21
おい。おまいら

龍馬ぽんをなめるんじゃないぞ

龍馬ぽんがいないと、今の日本はなかったんだぞ

龍馬ぽんが明治維新を起したから、今の日本があるんだぞ

龍馬ぽんは船中8策で日本の将来に進む指針を示したんだぞ

龍馬ぽんが薩長同盟を組んだから、明治維新が起きたんだぞ

龍馬ポンが造った亀山社中は日本発の株式会社なんだぞ

みんな龍馬ぽんの偉大さがわかったか?

日本人は龍馬ぽんに感謝しろよ





85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/07(金) 12:23:13

竜馬ヲタ きもいYO☆

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 02:26:34
竜馬は司馬遼太郎の空想の小説に出てくる人物

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 02:40:55
龍馬は普通に凄いよなぜか過小評価したがるやついるけど

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 11:09:30
龍馬が生きていたら、幕府は新しい日本の政治に関与しつつも
少しずつ幕を引くような形になったと思うな。彼の死によって
急激に幕府が衰退したのは間違いないし。
新撰組だって、もともとは日本の乱れた世をただす警察みたいな
ものだったわけだし・・。変な賊軍に仕立て上げられて・・・
薩摩だろうな。殺したの。見回り組もありえない。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 12:04:02

もう薩摩云々はいいって。見廻組でありえない理由はある?
ないだろう、アホ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 17:09:23
塩浸温泉にいくと
タオルを売ってるな

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 17:13:28
趣味カテの板なんだから別に司馬竜馬が好きってやつがいても構わないと思うけどね
学問カテとホビーカテを使い分ける意味がないよ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 11:50:28
龍馬が凄い理由を教えて。
全然、凄くないんだけど。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 12:11:25
>>92
龍馬が周旋した薩長盟約は、幕末史の出来事として特筆される
ことであることは歴史上の評価が定まっている。龍馬や中岡のような
脱藩浪人が藩に縛られず自由に活動できたことが、その存在価値を
得た出来事だとなるが、そうはいっても犬猿の雄藩を周旋するには
両藩からの信頼が必要なことはいうまでもない。両者を結びつける
人物としての、見識・魅力が相当な人物あったことは間違いない。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 22:45:38
>歴史上の評価が定まっている

はい。ウソ発見。
誰が評価してんの?
東京大学か?
だたの学者か?
学者なら龍馬よりも、「薩長同盟は中岡慎太郎の功績」と言っている学者も多い。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 05:52:45
>>94
>だたの学者か?


意味が分からないです。
>学者なら龍馬よりも、「薩長同盟は中岡慎太郎の功績」と言っている学者も多い。

それこそ誰ですか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 17:00:13
なんだ>>94は自分が

>はい。ウソ発見。

って言われる戯言を書いたDQNなんだな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 20:57:06
>>94
>はい。ウソ発見。
誰が評価してんの?
東京大学か?

翻訳を誰か頼む。
全く何をいいたいのか分からない

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 00:30:27
>歴史上の評価が定まっている

はい。ウソ発見。
誰が評価してんの?
東京大学か?
だたの学者か?
学者なら龍馬よりも、「薩長同盟は中岡慎太郎の功績」と言っている学者も多い。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 04:00:47
薩長同盟にしろ明治維新にしろは誰か一人でやったとかありえるわけないよ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 19:19:54
>>99
そんなの当たり前だろう。
薩摩京都藩邸、小松・西郷、長州木戸、浪人坂本龍馬、中岡慎太郎だけで
盟約が成立したなんて書いてないよ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 15:03:17
薩長同盟と明治維新は龍馬一人の功績
龍馬一人でやったんだよ
歴史を勉強しろ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 17:13:41
>>101
>歴史を勉強しろ

オマエガなぁー

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 22:58:24
>>77
>自分の誕生日と同じ日に死んだ人って
この世に未練が全くゼロの人なんだって
坂本竜馬は本当にそうだったのかなぁ・・

誕生日
旧暦(太陰太陽暦)、天保6年11月15日
新暦(太陽暦)、1836年1月3日
   
殺害の日
旧暦(太陰太陽暦)、慶応3年11月15日
新暦(太陽暦)、1867年12月10日

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 22:29:09
>>59
残りの10%は「竜馬におまかせ」だな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 19:47:29
>>103
それは多分寿命で死ぬ人じゃないかな


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 18:17:41
>>99
勝が、「薩長同盟も大政奉還も竜馬が一人でやったことだ」と言ってお

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 19:10:50
勝が言ったのは、土佐藩が大政奉還出したのは一大の天下のための非常な決死の覚悟ですか?みたいな質問に対して
土佐はいつでも日和見さ〜ありゃ龍馬がいたからできたみたいな感じ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 19:03:35
>>92
てめぇぇぇぇぇぇぇぇえぇぶった斬るぞごらぁぁぁぁあ!!!!竜馬どのをけなすなど笑止千万!!!!!!!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 14:56:47
龍馬が死んだのは翌日の16日になってからだよ。
未練はあったでしょ…

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 04:02:56
フりーメーソンに邪魔扱いされて殺されたんじゃ無かったっけ



111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 19:22:34
龍馬が死んだ後、薩長同盟は一度、白紙になっています。
龍馬がまとめたものではありません。あと、日本の歴史家が選ぶ
幕末時、活躍した人々100人の中に、龍馬の名前は入っていません。
本の中で「龍馬は物語だからねえ・・・」と談話しています。
本の題名は忘れてしまった・・・ゴメリ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 20:23:41
そう言えば再来年(?)の大河竜馬だっけ?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 13:29:30
そう再来年龍馬

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 00:47:31
おーい、竜馬!を読んで
武市半兵太の方が全然大人物だと
思ったがスレひとつないのな・・・・

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 00:52:08
>>114
近代史板にあるだろ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 22:46:56
>>101
ってすげ〜


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 21:57:16
はい。うそ発見。
↑ってすげ〜

ジャッジメンwwwww?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 18:17:24
>>83
もっとお勉強しようね。言葉が汚いのは説得力ありませんよ。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 20:28:43
>>118
そうか?分かりやすい内容だと理解したが・・・

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/31(日) 21:00:13
薩長同盟の盟約書に竜馬の裏書きがあったんでわ?

発案者が竜馬?なんかも

大政奉還は竜馬の船中八策を元に後藤が土佐藩主を説得して山内が慶喜に献策してなったんやろ?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/03(水) 19:52:26
平気で二股かけるところ

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 07:09:42
京都の寺子屋はレプリカらしい。ショック!

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/07(日) 03:28:08
歴史的に一番、偽られてなく史実に忠実な作品って無いかな?
ココ見てると、司馬×みたいだし…
良かったら教えてください。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)