2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴【labo】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 02:01:15 ID:cqrxC2zG
ラノベ、漫画、エロゲ、疑似科学etcの話題にするためのG∴I∴K∴O∴支部でーす♪

このスレは小説、漫画、ゲーム等のフィクションを魔術に応用して、新しい魔術理論を組み立てるための実験室。
だから、さまざまな異論、戯言、電波、誇大妄想が当然の如く飛び交うけど
「真理などない」「全ては許されている」んだからっ。そこ、グタグタ言わないっ!
こう書くとケイオスっぽいんだけど、特にケイオス魔術は扱っていないんだよね。
重ねて言うけど、ここは実験室なんだからねっ。実験事故には十分注意するのっ。わかったっ!
べっ別にアンタが心配じゃなくて、このスレが妄想大爆発するのが心配なのっ!

まともな魔術スレに行きたいなら
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 19th【カバラ】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194870633/l50

【魔術】魔術修行しよう【カバラ】
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/esp/1189820994/l50
を強くオススメするわ。

『GIKO十字宣言』
G∴I∴K∴O∴教義文書 小達人以上閲覧可 A級

1.初心者には無料で知識を分け与えること。中級者とは知識交換をおこなうべきであること。
2.何人も流派や人間関係のしがらみにとらわれず、自由に魔術の意見を言えるべきであること。
3.政治論争や私怨は持ち込まず、また荒らしが来てもスルーすべきであること。
4.有益な知識や情報をもたらし、あるいは質問に親切に答える者は、尊敬を受くべきこと。
5.ここで発言する者は自分の正体を秘密にし、他人の正体を知っても沈黙を守るべきであること。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 02:14:10 ID:cqrxC2zG
GIKO本スレより一部抜粋

■お奨め文献リスト

★まんがコース
  ※「魔法陣グルグル」 衛藤ヒロユキ著 (特に2〜3巻は必読)
  ※「マジカルブルー」
   「エコエコアザラク」
   「死のホワイトマジック」
   「タロットウォーズ」
   「召喚の蛮名」
    →あとはお好きなように

★児童文学コース
  北風のうしろの国(At the Back of the North Wind) ジョージ・マクドナルド著
  喜びの箱 (The Box of Delights) ジョン・メイスフィールド著
  秘密の花園(The Secret Garden)  フランシス・ホジソン バーネット著

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 02:16:40 ID:cTDuzMqo
スレ立てお疲れ様。そしてありがとう。

レンタルマギカをオススメリストに追加
http://magick.m-0.jp
今からここにレンタルマギカのまとめサイト作るわ。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 02:19:39 ID:cqrxC2zG
>>3
うぃー、むっしゅー。がんばれー。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 02:21:43 ID:cTDuzMqo
お、サクラ大戦ネタ。

あれも魔術。

パリシィっていたのかなー。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 06:51:19 ID:L9WXtUHp
俺今、魔術や悪魔ネタの漫画を描いて編集さんと打ち合わせしてるわ
いつかここにとりあげられるようにがんばるわ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 07:45:58 ID:yKbuScfb
レンタルマギカは一卷だけ読んだ。まあまあ面白かったかな。
あと、薔薇のマリアってのがとってもアッー!でなおかつカラフルキューティなお話でおすすめだよっ☆(魔術は
題材にしてはある。してはある。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 10:44:46 ID:cqrxC2zG
こうこう、こういうわけで、スレ立てしましたよ、とここまではいいんだけど……
属性とかの本来の西洋魔術にない概念はどうしようかねえ?
いや、扱うことは決まっているというか、それがスレの趣旨なんだけど、ラノベや
ゲームから魔術に興味を持った人でも、必要最低限の西洋魔術の知識を得られる
海水魚と淡水魚が共存する汽水域のような役割も持たせたいんだよね。
白魔術とか黒魔術とか、まともな魔術やってる奴に話しても話白むだけだし
RPGの感覚で召喚魔法という単語を使っても、西洋魔術の召喚とはまた違うし。

要は、正統な西洋魔術とは違いますよと区別する意味で、このスレで扱う魔術を指し
示すカテゴリー名があった方がいいよね、という話で。
ライトな魔術、ライトマンシーlightmancy略してライトマとか、いい案あったらお願いします。
いいカテゴリー名が出れば、何も言わなくてもみんな使ってくれるだろうし。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 10:58:51 ID:cTDuzMqo
ライトマいいんじゃない??
発音もきれいだし。

レンタルマギカまとめサイト
http://magick.m-0.jp/magica/

できた。
今からとりあえず、この前研究した第三話についてまとめとく。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 16:48:14 ID:fff+YQms
-mancyという接尾語は占術を意味するものだから、
lightmancyだと、意味は光占いになってしまいますよ。
内輪だけで遊ぶだけならともかく、きちんとした体系にまとめて
普及させようというなら、ネーミングにはもっと慎重になった方が
宜しいかと存じます。

ここは開祖に敬意を表して、「稲葉魔術」
あるいはレンタルマギカの原作者を讃えて「三田(さんだ)魔術」
というのは如何でしょうか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 17:38:19 ID:cqrxC2zG
普及っていうより、雑密や雑呪のような区分にしたいから、個人名は入れたくないなあ。
後半は皮肉にしか聞こえないしw いや、それでもご指摘ありがとうございます。
大したことのない説という「小」説や、全然重みのない「ライト」ノベルみたいに自嘲を
込めた意味合いが入ってるのがいいと思う。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 17:42:21 ID:cTDuzMqo
前から『怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか』を中心に研究して、自分のパソコンの中のエクセルの万物照応表にはまとめてあるんだけど、音の配列ってのが、ネーミングが流行るかどうかにはけっこう重要なんだよね。

またレンタルマギカが落ち着いて、ブログ構築の知識もついてきたころに別サイトでやるつもり。

ライトマは

RAITOMA

キレイ音のRではじまって、母音Aも明るい音。

Iも相手に直接響く音だし、TOで少しさがって、

最後に心地よいMAという音がくるのがかなりいいと思う。

ライトマでいいよ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 17:44:50 ID:fff+YQms
では、
ライトノベルに対応した
ライトマジックを略して
ライトマってことで如何でしょう?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 17:48:40 ID:cTDuzMqo
かっこいいからlightmancyがいい。

とりあえず、名前が決まるのは必然的に決まっていくものだから、ライトマでいいよ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 17:59:07 ID:cqrxC2zG
「おいおい、それじゃ光占いだ」ってツッコミの余地を残すのはば逆にいいかも知れない。
なんだったら、ローマ字でraitomaだ文句あっか、ってぐらいの乱暴さはあった方がいい。
ま、どっちにしろ、使われるかどうかは別問題だけど。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 18:32:59 ID:fff+YQms
珍走団がチーム名を決める際の思考ルーチンを垣間見た。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 18:57:54 ID:cqrxC2zG
んじゃ、雑多な魔術略して雑魔ZOMAってことでw
これは冗談だけど、もし、このスレが繁盛したら、目眩がするような
珍走団的発想が際限なく飛び交うんだろうな。
まー、それもよしって精神でいかないとやってらんないのは確かだ。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 01:48:09 ID:UinqEzLO
魔術に関してはともかくライトノベルとしてみるとレンタルマギカは


すごく……つまらなかったです……

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 16:17:05 ID:2ymbH3bO
魔障っていう小説に出てくる空の書のモデルになった魔術書ってあるんですか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 16:58:42 ID:XUEsH6u/
>>19
朝松健作品はこのスレの住人には評判が悪い(萌えキャラが出ないから)
読んでいる人はいないと思うよ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 00:07:32 ID:RyBv8H6N
このまま終了しそうな予感がビンビン☆するよ♪

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 00:35:28 ID:NR148Nxp
浜の真砂は尽きるとも、世にXXの種は尽きまじ。
まー、始めのうちはまとまりのない妄想の垂れ流しで埋まるんじゃないかと思うよ。

西洋魔術にはないけどゲームの魔術では必ず出てくる概念って言ったら「属性」があるけど、
これ呼吸法と組み合わせたら、かなり便利じゃないかとは思う。
西洋魔術には「元素」があるんだけど、「属性」とはなんか違うんだよなあ。
陰陽五行の相克とかクオリアとか、いろいろな概念が混じっているから研究すれば面白い
ことができそうだと思うんだけど。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 00:40:06 ID:NR148Nxp
元素と属性って、粒子と波動のような関係と考えるとピシッとくるな。
やべ、頭に電波がギュンギュン流れ込んできた。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 01:58:50 ID:xMnhAQVf
Wikipediaに三輪清宗の項目を見つけたが
なんで所属してた結社名とか位階まで書いてあんだよw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 01:06:46 ID:FB7NgOD4
近代魔術が心理学を取り入れたように、ゲームニクスも取り入れられるとは思うんだが
いかんせん、ゲーム色が混じると威厳がなくなるんだよなあ……
まあ、こういうスレでないとまともに論議すらされない題材なんだろうな。
「必殺技ゲージを3つストックした魔術師」というフレーズに吹き出さない人はいるだろうか。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 01:17:22 ID:41hXoU9H
心理学を取り入れた近代魔術は、今は心理学から距離を置き始めているのだけれど。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 12:48:59 ID:JMk28Csi
こういう話はこっちでやってね。
何の為にこのスレを立てたわけ?


716 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/12/18(火) 00:49:28 ID:2cPiF7pi0
最近考えてることがある。

たしかにアニメからあたらしい魔法の世界観を作っていくことは可能。

ただ、やるにしても、伝統に根ざした形でやったほうがいい。

そうしないと、ほかから見たら異端の宗教団体とかわらなくなる。

バランスの問題もあるのだろうけれど。

江原さんのやってるスピリチュアルな精神世界も、その人の前世を江原さんがいったのに、まだその人が生きてたなんてことがある。

だから、前世がうそっぽくなる。そして、それにしっかりした説明をつけることができない。

現実と、スピリチュアルな世界のすり合わせが必要で、現実に即した形、現在ある一般的な精神世界にできるだけ根ざした形で魔術体系はくみ上げる必要がある。

その上で、十分実現可能なほどに、そのイメージを作ることも重要。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 18:14:29 ID:CCQet8Mj
稲葉君はレンタルマギカごっこをしたいだけなんじゃね?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 19:05:39 ID:B7XPPobi
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 20:19:59 ID:FB7NgOD4
>伝統に根ざした形でやったほうがいい

やった方がいい、というよりも西洋魔術「風」のスタイルで行うのは大前提だと思う。
魔術に限らず呪術文化って、やろうと思えば本当に何でもアリなんだよね。
それこそ、俺がルールブックだ、が罷り通る世界。
でも、アーメンの代わりに畏み畏みと唱えたら、それは魔術じゃなくて神道になるわけで。
んで、俺がこのスレで試みているのはフランス料理に対する洋食の流れを近代魔術
の文脈の上でシミュレートすること。
今って、ラノベに限らず西洋魔術の洋食化が無軌道に進んでいるし、そういう流れを
蔑む人もいるけど、この流れは魔術マニア達の意思で止められるものではない。 
んじゃ、その流れに飛び込んでしまえってのが、俺の動機。
別に飛び込まないのも選択のひとつだと思うよ。伝統あってのサブカルだし。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 21:13:02 ID:uwf098Z6
>俺がこのスレで試みているのはフランス料理に対する洋食の流れを近代魔術
の文脈の上でシミュレートすること。

字面だけ見ると共感できなくも無いんだけどさぁ・・・・・
その為に選んだのがラノベやゲームなの?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 21:25:56 ID:FB7NgOD4
>その為に選んだのがラノベやゲームなの?

さらに漫画も入ります。
っつーか、そういう「貶められる」立場だからできるものってのもあるしね。
賛同するかどうかは別として。
ま、悪趣味なのは否めないし、このスレ以外で電波飛ばす気もないよ。
そういや、ラノベで魔術がらみのは「よくわかる近代魔法」ぐらいしか読んでないな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 21:31:41 ID:FB7NgOD4
追加。

Q・その為に選んだのがラノベやゲームなの?
A・「洋食化」が起きているのは、まさにその分野だから。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 13:14:34 ID:Nv0INJTy
>>33
「洋食化」を別の言葉で表現するなら「堕落」という言葉が最も適切だろうね。或いは「劣化」。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 00:24:37 ID:Y/wzYSNG
>「堕落」という言葉が最も適切だろうね。或いは「劣化」。

そう言われても、そう捉える人もいるだろうね、としかいい様がないなあ。
犬の唾液滴る前歯に「美」を見た人もいれば、ただの犬畜生にしか捉えられない人もいるのと同じで。
どっちにせよ、嫌なものは嫌だと理屈ぬきで言える審美眼は、それはそれで掛け替えのないものだ。
っつーか、こんな教科書的な反論しか思い浮かばねえよ。
ま、とりあえず、スレ保守サンクス。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 00:34:24 ID:Y/wzYSNG
あと、おとといの本スレの流れ読み返してみたけど、微妙に話が噛み合っていないな。
どうも別の誰かと混同されてるっぽい。
「稲葉の擁護者はひとりだけ」って思い込みから来ているように思えるんだが。
ま、匿名掲示板だからね。別IDで自演自作はよくあることだし、レッテル貼りも同様にね。
ただ、部外者にはよくわからない派閥争いをされてもヒクよなあ……とは思う。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 18:28:18 ID:usTkzZao
ケイオスのGod formやServitorでJapanese Anime/Gameのキャラ使うのは
海外じゃ普通にやってるよ。日本のアニメキャラはcoolなんだとかw

http://www.amazon.com/gp/product/1904853072
ここのスレ住人には、この本おすすめ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 20:01:21 ID:c2Hc8B9W
>>37
うはwwwww早速注文したwwwwwwwww

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 22:13:06 ID:Rw7ElYtA
そういや、混沌魔術でググってみるとケイオスじゃなくてソードワールド
の方が引っかかるんだよなw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 22:21:44 ID:Rw7ElYtA
manga magick zos の検索結果 約 1,750 件
うーむ、結構多いな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 23:22:55 ID:xOzI5WGQ
>>37
そういう人達と稲葉君を一緒にしては失礼だぞ。両者それぞれに。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 20:13:46 ID:X3Jpc1jl
そうは思わないね。
別に稲葉の肩を持つ気もないが、「現代という時代精神、サブカルと魔術の親和性」
について考えているところは海外の魔術師達は真摯だ。稲葉は知らんけど。

ここで魔術の堕落だとか言ってる連中の方がよっぽど恥ずかしいよ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 21:00:01 ID:is4Zpmcd
>「現代という時代精神、サブカルと魔術の親和性」
について考えているところは海外の魔術師達は真摯だ。

だが、稲葉君のやっている事は堕落以外の何物でもないと思うよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 22:31:32 ID:+o5zs26N
「しゃむらいでしゅね」まで読んだ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 22:49:07 ID:LMrGAk8Y
×だが、稲葉君のやっている事は堕落以外の何物でもないと思うよ。
○だが、稲葉君のやっている事は電波以外の何物でもないと思うよ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 22:55:44 ID:CWbgsMLr
>>43
稲葉稲葉とうるせーよ。
そんなに稲葉を愛してるなら神戸行って奴のケツでも掘ってこい。

魔術で一番大切な事、それは伝統とかじゃなくて「効果があるか無いか」だ。
ラノベのキャラクターや設定を使う事が良いか悪いかはこれから検証すべき事。
効果のある方法を見つけた奴は名を残すだろうし、そうででない奴は消えていくだろう。

少なくとも、お前の「愛」の深さで善し悪しを計れるモノじゃねー、って事だ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 23:29:22 ID:aJ5jSkTu
確かにここまで来ると、一種の愛だよな。

愛と言えば、最近、気分がかなりネガ入ってたから、パルティニアスを喚び出して
ロズスフェラをハートに注入してもらった。
あんまり洗練されたやり方ではなかったけど、格ゲーキャラだからヴィジョンと
エーテル場がダイレクトにつながっていて使いやすかった。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 23:35:19 ID:kYo5XTFN
>確かにここまで来ると、一種の愛だよな。

愛の反対は憎悪ではなく無関心だとマザー・テレサも仰っているしな。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 18:51:17 ID:j5sRYA1j
甘えと逃げがなければアニメでもラノベでもなんでも使えるよ。
読むだけで逮捕されたり死んだりするラノベをつくれるくらいの思想の強度があればね。
そんなでもないなら、ケイオスがどうとか発言するのはやっぱり失礼&危険。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 18:53:40 ID:OnCL9U0U
ケイオスの人達は前衛的な尖った事ばかりしているけれど、
死して屍拾うものなしという覚悟だけは尊敬する。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 21:31:38 ID:vTWM29Zm
>ケイオスの人達は前衛的な尖った事ばかりしているけれど、
例えば何?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 22:46:54 ID:KOpU4OkJ
ま、自分の魂を深淵に晒すのが魔術と魔術ごっこの境目だしな。
ただ、今の時代で人が死ぬような物語を綴れるものかねぇ……
自主規制うんぬん以前に、主人公が自殺したぐらいで自殺が流行するような
そんなナイーブな時代はとっくに去っているだろう。
精神の毒物は頑として存在するが、今の日本には解毒システムも平行してある。
2ちゃんねるで盛んに行われるネタ化は、そうした精神的猛毒を無毒化する試み
であるとも言えるんじゃないかと。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 22:56:47 ID:KOpU4OkJ
そういや、時代はヤンデレだしな。
世界中のネットを通じて、惨殺すらも嘲笑するようなniceboatな時代に
真に人を殺すような物語ってなんだろうな。
ちょうど、数日前に同じようなことを考えてたんだよ。
「あなたに物語の才能が与えられます、ただし、その物語で人が一人死にます」
その贈り物を受け取るか、受け取らないか。
俺は受け取らないことに決めた。人を生き返らせる物語の方が面白そうだからな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:02:23 ID:Rywgw+gX
なにその厨二病w

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:14:15 ID:KOpU4OkJ
>>54
いや、厨ニ病っつーかifの話ですってば、奥様。
禅問答みたいなモンだと思ってくれや。
心に浮かんだ質問ってのは、どんなに馬鹿げてるようでもなんかしらの真実を
含んでいるもんで、魔術を志したからには、そんな禅問答に全力で答に向き合
わなきゃならない瞬間ってのがあるんだ。
それを厨ニ病というんなら、否定はしないっつーかできないが、魔術ってのは
そーゆー恥ずかしいモンだってことだ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 00:02:53 ID:bkNSHBSy
俺がこのスレでケイオスという単語をあえて出さないのは、「敷居が高い」からなんだよな。
少なくとも、西洋のケイオスはドラッグとかイリーガルな部分が強調されることが多いから、
そういうイリーガルさを嫌う日本の土壌と、表面上は相性が悪いと思う。
だから、もし、日本のサブカルを魔術に応用したいなら、西洋のケイオスとはまた別の
理論武装を自分達で試みる必要があるだろうな。
ま、今のエロゲ文化を理論武装するのと、難易度的にそう大した差はないし、硬くなる必要
は全然ないがな。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 00:10:36 ID:zB4kuC4o
>>56
じゃあ、さっさとやってみせてよ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 00:34:01 ID:bkNSHBSy
煽りにマジレスするけど、理論構築ってさっさとできるもんなのか?
それにさっさとできるなら、理論なんか構築する必要すらないだろうよ。
もっと、のんびり行こうよ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 00:53:49 ID:bkNSHBSy
思うんだが、このスレってラノベ寄り、アンチ寄りの電波がほとんどないのな。
俺が魔術寄りの電波を放ってるぐらいで。さて、どうしたもんかね。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 14:39:29 ID:pg8mpHog
自分でも言ってるとおり、のんびり行けばいんでね?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 18:36:19 ID:TUMnzTH3
ttp://d.hatena.ne.jp/Hocuspocus/20050523

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 23:05:20 ID:0KNu22Jd
うーむ

本スレより意味のある議論がされてる…



サブカル万歳

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 22:30:37 ID:zLOfy9wE
魔力って概念あるよなー。
ゲームにも小説にも漫画にも、魔法や魔術を扱う作品ならたいてい魔力の概念があるけど、
勝負することが前提だと、魔術師の強さを表す魔「力」の強さが重要なんだろうな。
西洋魔術でそういうパラメータがないのは、魔術戦闘なんてものがないからなんだろうけど。
でも、力を数値化するってのは、いいアイデアだと思う。
TFTでも、「感じ」を数値化して「操作可能なもの」にしているし。
ただ、この数値化はあくまでも主観的なものだから、俺の魔力は二千五百劾だぜ、なんて
言われても「ふーん、そう」としか返せないけどな。
ということを文字波動のスレみてて思った。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 23:37:18 ID:1Mc7mvgl
>西洋魔術でそういうパラメータがないのは、魔術戦闘なんてものがないからなんだろうけど。
>西洋魔術でそういうパラメータがないのは、魔術戦闘なんてものがないからなんだろうけど。
>西洋魔術でそういうパラメータがないのは、魔術戦闘なんてものがないからなんだろうけど。
>西洋魔術でそういうパラメータがないのは、魔術戦闘なんてものがないからなんだろうけど。





(;゚д゚)

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 00:05:19 ID:nHGMGDt2
魔術戦闘というか、呪詛合戦みたいなものは記録に残っているけどな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 07:22:17 ID:niQbDZHm
現代の魔術師同士の戦いの大半は訴訟合戦と怪文書散布だ
これが現実

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 13:14:25 ID:DPpeYs9I
どうでもいいけど、なんで稲葉君はいまだに本スレに来ているの?
質問があるならこっちですれば良いのに。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 21:40:15 ID:e8CLpVBG
そもそも、本スレで向こうは名無しのままなのに、わざわざ荒れる名前出してまで電波撒き散らすんじゃねーよ、と。
なんのために、このスレがあるんだか。
こういうレッテル貼りも、魔術師同士の戦闘になるのか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 21:46:43 ID:e8CLpVBG
彼の名前って単に荒らし御愛用の撒き餌にされてるよな。
多分、もう一回、騒動が起きて200レスぐらい潰れるまで続くんだろうな。
そして、今度はまた別の荒らしネタが出てくると。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 23:08:20 ID:xQVeuBCD
>こういうレッテル貼りも、魔術師同士の戦闘になるのか?

YES
松本隆粘着なんて、正にソレじゃんw

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 15:43:23 ID:RGeVklBC
>>63
「魔力」って概念は魔術を実践している人間には失笑甚だしいものだよ

格闘家に「格闘技を戦闘力で表してみてください」っていってごらん

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 17:14:51 ID:LO6Ft7Za
>>71
そういう野暮なツッコミは止めようよ。
63はあくまでもゲームや小説の設定を元に魔術を論じようとしているのだし、
ここはそういう人間が妄想を垂れ流すための場所でもあるだろ。
スレ立てた連中がそういう奴をスルーしているのが不思議ではあるけれど。
開設の理念はどこへ行ったの?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 10:56:48 ID:kLdR+r5x
スルーというか再反論やフォローがしづらい状況なんだよ。
野暮なツッコミってより、一言書いて逃げるピンポンダッシュが多いから。
本スレみるかぎり、否定的、批判的とはいえ語りたいことが沢山あるのは分かっているのにな。
別に、隔離スレで揚げ足取られても、大したことないと思うんだがな。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 11:12:28 ID:kLdR+r5x
ま、ひとのせいにするのもなんなので、ネタ出すか。
サブカルからみた西洋魔術らしさって、どこにあると思う?
>>30で述べた通り、ラノベやゲームを題材にするにせよ、西洋魔術らしさ
ってのが大前提になるわけで、この問題は避けて通れないと思う。
魔術よりの人にも、なんで仙道やシャーマニズムではなく魔術を選択した
のかという理由、動機は重要だろうし。
これは俺の直感だけど、サブカルで取り上げられる魔術には信仰の要素が
ほとんどない、少なくとも信仰の強要がない純粋な知識体系というイメージ。
ま、実際の魔術は(欧米人の想像する)古代エジプトの宗教色がバリバリに
入り込んでいるけど。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 11:25:42 ID:if+b+NBa
確かに、ゲーム経由で魔術に興味を持ったって人は、
魔術=ただのスキルってイメージを持っていそうだな。

>サブカルからみた西洋魔術らしさって、どこにあると思う?
魔方陣とか護符とかグリモワールとか(ry
そういうギミックの部分が全てじゃない?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 00:17:34 ID:y++GACdo
>>71の格闘技の例え見てて、魔力って体重みたいなものかなあと思った。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 15:02:31 ID:wZX5B625
ラノベを使ったパスワーキングのシナリオ考えてたが、どれもドリーム小説にしかならねえw
普通のパスワで使われる神話劇(たとえばエレウシス密儀)と比べると、どうも重厚さが足りんのがアニメ魔術の弱点か。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 15:07:13 ID:kj//pLmg
>>77
娯楽と割り切れば、そんなに面白いものは無いだろ。
このスレはポップ志向の魔術大系を構築しようってのが目的じゃなかったか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 01:24:57 ID:xX4uIkoB
それはアニメのせいではなく、術者の教養の限界による。
別に力は貸さん



80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 16:39:41 ID:M5+rTrNv
>>79

神話や伝承を基盤にしたパスワーキングならともかく、
アニメを基にしたパスワーキングなのだから仕方が無いだろう。

君の批判は見当違いだ。

レンタルマギカのストーリーを追うパスワーキングなら、色々なことが体験的に学べる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 17:44:53 ID:xX4uIkoB
>>80
だからそれが術者の限界に依拠してないのなら、ラノベ魔術体系の構築などそもそも不可能、無価値ではないか
あまり拍子抜けさせるなよ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 22:25:13 ID:gqCrQVSs
つーか、ラノベの世界観って、「日常からひとひねりした世界」だから、もうひと工夫しないと
既存の魔術のように神秘性を利用するのは難しいと思う。
ウィッカにしろ西洋魔術にしろ、ベースとなる世界観にヌミノース的な要素が含まれている
わけで、ラノベをベースにしようとするなら、そうした要素を自前でひねり出さないといけない。
ま、別に不可能じゃないと思うけど、数多の議論や意見交換が必要だろうね。
そのためのスレでもあるし。
俺の意見をいうと、戦闘シーンを題材にするのがいい感じだと思う。
時代小説の剣豪のごとく、戦いの最中に悟りを開いたイメージで。
そう考えると、主人公が放つ起死回生の一手って、かなり魔術的だな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 22:48:09 ID:gqCrQVSs
あと、泣きゲーだとクライマックスに神秘体験を持ってくる例があるから、
それの応用でも、結構いけるんじゃないかという気はする。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 01:16:05 ID:Iyf0mcy7
ラノベ魔術を追求しているのはどんな人?
http://magick.m-0.jp/magica/
http://uguisu.skr.jp/recollection/2ch/

2004.10.05 高校3年男 asdf(18)
Winnyの著作権法違反事件をめぐり「本人よりも家族、特に子どもを殺すのがいいな」
書き込み(別人の書き込みのコピーと判明)をしたとして、脅迫の疑いで逮捕

本人は
>僕のは京都府警のいきすぎなだけだったのであしからず。
>そういうことだったから審判も不開始。報道はされなかったけどね。
とまるで反省なし。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 21:37:10 ID:dANczTJi
>ま、別に不可能じゃないと思うけど、数多の議論や意見交換が必要だろうね。

その議論や意見交換がさっぱり無いのはどうして?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 22:25:16 ID:nl7CaPnp
>>95
歴史のないスレにいきなり多くを求めちゃイカンよ。
まずは、少しずつレスを積み重ねていくしかないわな。
そういう意味で、否定的なコメントしかしない人にも感謝している。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 22:36:26 ID:xDOK464C
オレは無責任に期待してるからガンバレよ!

議論の前に諸君らがしなければならないのは萌えることだろう
萌えあがれ、萌えあがれ、萌えあがれ稲葉君〜♪
周囲の雑音は気にせず萌えて萌えて萌えまくるんだ
そうすりゃ開ける道もあるだろう
なくてもオレは知らないけどなw
とにかく、萌えられない奴に萌え魔術は無理だろう、ああコリャコリャ…♪

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 23:18:45 ID:F1PatEDg
萌えも魔術も、ある種の信仰心が必要だよな。
本スレでも、このスレでも、強い嫌悪感にぶち当たったのは、二つの亜宗教
を混ぜようとしたからってのもあるんだろうな。
無論、それだけではないのは言うまでもないが。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 00:27:50 ID:Fy065bWL
萌え属性に惑星を照応させるとしたら、を考えてみた。
考えてみたけど、土星に対応するのは「ドジっ子」と「ツンデレ」どっちなんだか。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 13:52:37 ID:mUpxHsH+
土星はヤンデレだろ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 16:17:20 ID:u8YZgGW+
月  ボクっ子
水星 メガネ
金星 ネコミミ
太陽 おねえたま
火星 ツンデレ
木星 ポニーテール
土星 ヤンデレ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 17:06:18 ID:KOd88Zn1
つーか、普通にセーラームーン引っ張ってくれば良いだろ。
あれだけヒットした作品なら、既に集合的無意識の中でイデア化しているよw

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 18:32:42 ID:iOktjL1+
セラムンは水星に水属性という、西洋圏には理解不能な配置がされているのがなぁ

>>91
ちょwwポニーテールはwww

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 20:12:14 ID:m94o8KrR
ボクっ子は太陽か火星になると思うんだが

95 :91:2008/01/13(日) 21:00:10 ID:JJh+lw9Z
月  妹
水星 メガネ
金星 ネコミミ
太陽 ボクっ子
火星 ツンデレ
木星 生徒会長兼剣道部部長
土星 ヤンデレ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 21:39:19 ID:/w2i+MIs
火星はツンデレというのに意義あり。
軍事とかスポーツのような要素を反映させるなら、
あずまんが大王で言えば榊さんのようなキャラになる筈だろ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 21:39:35 ID:Ov6utBJW
>>95
おまいはいったい何がしたいんだwww

98 :91 :2008/01/13(日) 22:40:22 ID:blzhC6W0
月  妹
水星 メガネ
金星 ネコミミ
太陽 ボクっ子
火星 榊さん
木星 未亡人の大家
土星 ツンデレ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 06:57:26 ID:Ap0GfqM6
★朝鮮人に乗っ取られた日本の主な組織

・テレビ局ほぼ全部
・サンケイ以外の大新聞
・民主党・社会党・公明党・自民党の過半数・・・
・地方議会のほとんど
・堂本千葉県知事など・・の県知事や市町村長
・京都市役所など役所まるごと乗っ取られたケースもある TBSと同じ
・電通
・地方裁判所と高等裁判所
・日本弁護士会
・公安(朝鮮工作員を監視するのが仕事なのに・・・)
・警察庁・外務省・文部省など・・キャリア官僚の一部
・日教組
・積水ハウス。東急不動産など・・・・大手一流企業
・山口組以外のヤクザのほとんど
・JR東海以外のJR各社
・ほとんどのネットプロバイダーや検索サイト(ニュースのアジア欄が中国韓国だけ
独立扱い。その他のアジアを軽視。台湾はほとんど、ない扱い)
・2ちゃんねる運営(切込君を追い出した本当の理由は親日ウヨだから
金銭トラブルは口実用のオモテの理由 その後在日運営が完全に支配)
・Wikipedia ←今ここ
・・・・・・
その他にもいっぱいおっぱい


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 14:35:46 ID:zDFaWg8U
「魔術」以外のネーミングをつけるとしたら何がいい?

呪術がマイブームだったけどサンデーで呪術師の連載ハジマタからつかいにくいアルョ

偽術とかの造語もいいね

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 20:05:22 ID:CHQdL0Zg
自分は「虚術」もしくは「仮術」を考えてたな。
「偽」もいいなと思ったけど、悪い意味が強すぎるというか。
でも、魔術も「魔」なんだよな。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 20:21:41 ID:hq3T2GRq
萌術

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:01:54 ID:CyTElyCg
ライトマに決定したんじゃなかったんか?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 17:47:55 ID:8r5c2B0m
何の話?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 18:39:42 ID:LM1au+RE
イタトマみたいでヲサレくない?>ライトマ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 18:42:43 ID:cgN6r4K8
響きがマヌケ>ライトマ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 16:59:41 ID:BXaj50se
クリンやフォーセリアの神々や深淵世界の魔族が本尊になるのか

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:23:24 ID:tcakQiAH
>>107
実践する本人にとって有効ならそれも有り

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 15:22:43 ID:AYa2D0qm
物理作用なし

精神(情報)の伝達はあり

心に働く

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 00:50:21 ID:95ljbGnv
>>105-106
なんつーか、ダメ出しばっかでノーアイディアかよ
まったくおまえらはねらーらしいよwww
もうやめれば?wwwwww

と言いきりだとお前らと同じになっちまうから
叩き台をおいといてやる

つ【Current Subculture Based Magic(k)】

で、略して"CSBM"

この要領でよってたかって案出せば
そのうちいい韻をふんだのができるんじゃねーか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 02:50:14 ID:zQ1by8cB
>>110
駄目だな。お前、決定的にセンス無いよw




アルファベットの子音だけじゃ略称を発音し難い。
G∴I∴K∴O∴みたいに適当に母音を入れた覚えやすい略称になるように
単語を当て嵌めていくのが割とよくあるやりかた。

例えばMOE(Magick Of Entertainments)とかLAGICK(Lightnovel Arts on Genuine Influences by Computer Kids)とか。
 
子音だけになるならよく使われる略語に合わせるとかな。例えば>>110ご提案のCSBMと似たような発想だと
ICBM(Instant Culture Based Magick)にするとか。
ただし、この手の子音のみの略称はやたらと多いので紛らわしかったり
妙なモノを連想させたりする危険もある。

最初に決めたコンセプトに忠実に作るよりは、意味は後で付いてくる、
位の気持ちで作る方が融通が利いて良いものが作りやすくなる。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 11:24:34 ID:6l+sG4kf
よし、俺も挑戦してみよう。
LNM(LNM is Not Magick)はどうだ。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 16:34:34 ID:6tvcvcwn
>>112
もしもし?話聞いてた?w

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 16:43:45 ID:3Mbu46oR
MANGICK




115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 17:57:32 ID:6tTmY7Qw
本スレの方がおもしろい展開になってる

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 18:10:49 ID:wRA+TBeG
>>115
だからって来るんじゃねーよ!

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 22:40:44 ID:95ljbGnv
>>111
うははwww
センス無い以前に、考える気がなかったんでwwwww

スマンコ(´・ω・`)

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 01:17:44 ID:B5O8dMOZ
サブカルで古代エジプトをイメージした魔術ってあんまりないよな。
遊戯王とかソウルエッジぐらいじゃないのか?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 23:22:49 ID:MpR0DSZk
ファンタジーでイメージされる世界って、中世から近世にかけてのヨーロッパをモデルにしてるからなあ。
実際のヨーロッパだと、イスラムの影響ってのが無視できないファクターになるんだけど、あんまり
いろいろ混ぜすぎると、フィクションとしての質に関わってくるんだろうな。
ファンタジーの魔術師のベースとなる文化圏って、ケルトやバイキングが主でせいぜいギリシャまでが
限界って認識でいいのかねえ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 23:09:46 ID:5kSE3EOV
何で稲葉君はこっちだはなくて本スレに来るの?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 23:43:08 ID:l2rXDNa7
スレの波長がこっちよりそっちの方が稲葉くんよりだからだとおもう

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 00:00:32 ID:A5CfiQbC
ゲームとかの呪文って言語学的にみてどうなんだろうね。
上級の呪文になると、語尾にガとかついたりしてるけど、そういう変化を
抱合語というそうだ。アイヌ語やイロコイ語と同じカテゴリーらしい。
ちなみに日本語は膠着語で英語や独語、ラテン語は屈折語だそうだ。
このあたり、つっこんでみると、いろいろ面白そうなのが出てきそう。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 00:21:37 ID:NHizBFkK
ラテン語は屈折語だけど、語順はむしろ日本語と同じSOV(動詞が一番最後に来る)なんだな

そういえば、邦語の呪文詠唱のあとのカタカナ語の発声(呪文名)ってどうやって解釈している?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 01:06:58 ID:uuEc4hpP
ラテン語は語順にあんまりこだわらないってトコも日本語と同じだな。
実はそういう言語の方が多いらしいけど。

確かウィザードリィの呪文名はヘブライ語の文句が先にあって、その文章の
頭文字をつなげたものというのをどっかのサイトで読んだことがある。
あとは、南無妙法蓮華経みたいに題目を唱えると、その経を読んだのと同じ
功徳が得られるってのと同じ理屈かな?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 12:54:39 ID:x+Pa114l
単語単体で格を表現できると、語順はどの言語も似てくるみたいだぬ

マニ教なんかにある読経円筒を機械式に高速回転させて呪文を圧縮、
強力な効果にするってアイデアは混沌世界ボルドーで読んで感心した

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 21:33:53 ID:UON7+H4g
稲葉君に捧ぐ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1310504

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 18:17:30 ID:2zu6qISO
しかし、最近本スレに変なの来ることが多くね?
極々少人数でやってるだけかも知らんが。
あと、このスレ微妙にヲチスレ化してね?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 18:31:50 ID:pnHFrAoD
確かにヲチしてるなあ

でもあっちで楽しそうな話題をふろうとしても、すぐギスギスするからヤなんだよね

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 01:04:44 ID:H51E/b0I
本スレの質問に先回りして答えると、小学校の運動会で赤組だの白組だの
ワイワイ言ってても、だからって源平合戦を意識しているのはいないだろ。
もうひとつ別の言い方をすれば、海外でNINJAが人気だそうだが、日本人
としちゃ、ふ〜んとしか言えないのと同じ状況かな。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 01:29:54 ID:H51E/b0I
>>129に追加で
これは個人的な意見だけど、ゲームトークンの変数名の一つに過ぎない「クラス名」
に魔術に所縁のある名称がつけられただけ、という程度では「だから何?」としか
言えないし、単なる舶来趣味の変形にどうこう言うほどの好奇心もうずかないけど、
これが、ゲームのシステムやストーリーの中枢に関わってくるなら話は別。
基本的に、本スレは「まともな」魔術を中心に進行しているから、魔術に対する誤解
に対して過剰に見える反応(言葉と魔術は密接に関わるので自分の思想に関しては
彼らは決して妥協できない)を示すけど、そういう「捩れ」「歪み」も魔術の文脈で再解釈
できないか、というのがこのスレの主旨だから。

そのうえで、もう一度質問に答えると「これが魔術だ!」と宣言するようなことがなければ
多分、何も言わないと思うよ。単なるアイテム名やクラス名に使う程度ならね。
ただし、「これが魔術だ!」と明確に宣言するのなら、絶対に何らかのアクションを示す。
それは単純な抗議でこそないけれど、magicに対してmagickを定義するようにゲーム側
の「これが魔術だ!」という宣言を無効とする何かをする。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 17:17:10 ID:pwCb0wnt
そのギスギスした論調が嫌であまり着てないんだけど、とりあえず顔出しにきたよ。
ここ数ヶ月は書こうとしても書き込めなかったから、書いてない。

だから余計にバカな話のネタに使われてるのがイヤ。

とりあえず、サイトのほうはゆっくりやってきます。


>>91のやりたいことはわかる。

あと、レンタルマギカアディリシアが熱いね。
アスモダイを含めた4体の特別な魔神ってあとなんだろ?
ブエルあたりっぽい気がする。東を統治ってことで方位との照応を考えたけど不明。

本スレにあったAngels,Demons & Gods of the New Millenniumを買ったけど、やっぱぜんぜん進まない。

少し本スレよろしくアンケートとりたいんだけど、占星術マジメにやってる人ってどれくらいいる??

カバラや西洋魔術を本気でやるには西洋占星術が至極必須なんじゃないかと思えるんだけどどうなんだろう。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 22:35:05 ID:iuYxTIHz
惑星がテーマの瞑想はよくやってたけど、占星術そのものはそんなやってないなあ。
占術はタロットがメイン、サブに手相って感じだったし。あんまり手を広げすぎるのもね。
でも、大量のホロスコープを解析しまくるのは、いい勉強になりそう。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 22:41:08 ID:KjLxb1oB
2004.10.05 兵庫県 高校3年男“asdf”(18)
Winnyの著作権法違反事件をめぐり「本人よりも家族、特に子どもを殺すのがいいな」書き込み
(別人の書き込みのコピーと判明)をしたとして、脅迫の疑いで逮捕

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 21:47:09 ID:lAUU27ql
僕も昔はトートのタロット使ってながら、
「カバラなんて必要ないっ!」

ってバカなこといってたけど、正直、トートとかのGD系タロットをカバラ無しで語るのを肯定しても軽く見られるだけだと思う。

GD系タロットならば惑星の意味は知っていたほうがいいし、占星術もしたほうがいいと思う。

そして、カバラの第一照応物は多くの場合惑星。そしてその惑星に第二照応物として万物が照応していくパタンが多い。
各セフィラとそれに照応する惑星は同一ではない。あくまで惑星は第一照応物。

占星術やるといろんなことがわかってくると思う。
昔、魔術師は儀式の日取りや時間も占星術で決めたらしい。

僕は、本気で西洋魔術やるなら高度な占星術は必須なんじゃないかと思ってる。
むしろ、占星術なしの魔術がありえるんだろうか?

あるとは思うが、それはどのくらいのレベルのものなんだろう。
実際はわからんです。でも、占星術、やっといたほうがいいとすごく思う。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 21:49:49 ID:lAUU27ql
日常から占星術に触れてこそ、惑星や宮の明確な意味や性質を把握できる。

はたして、占星術をやらない付け焼刃的な天体の知識で、カバラの万物照応を明確に把握できるだろうか?

そして、72魔神と占星術的照応の根拠がすこぶる気になる。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:04:19 ID:bpH9+KNJ
カバラを魔術の象徴基盤に採用するなら、そうだな。
というか、ジューイシュカバラにカルデアギリシャの天文(象徴)学生を混ぜることで汎用性を高めたものがクリスチャンカバラ、といえる。
占星術(学)ぬきで魔術カバラはありえない、とまぁ当たり前のことだわな。

しかし、魔術全般、現代における「西洋魔術」ですら、むしろなればこそ、
カバラは可能なオプションのひとつに過ぎないことを見落とすと、魔術はおろか近代にすら手が届かんという羽目になる。
木を見て森を見ない癖は相変わらずだな。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:30:56 ID:CQZSIa9p
占星術的には木をみて森を見ずは自分の進行太陽がおとめ座だからかも。それ以前は単に若かっただけだと思うが。
まぁ、局所的につきつめてやるのも悪くないわけで。

「カバラは可能なオプションのひとつに過ぎない」といったところで、やはり主流で一番大きな知識体系はカバラですよね?

すでに西洋魔術をやるのに可能なオプションのひとつに過ぎないというのは少しばかり過小評価しすぎじゃないだろうか。

カバラすらやらない者が使える西洋魔術・・・・
たしかに、スペアのように、独自の理論で成功する者もいるとは思う。

どちらにせよ、最後に皮肉はギスギス路線なのでもっとやわらかめにいきたいわけで。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:48:58 ID:bpH9+KNJ
>>137


> すでに西洋魔術をやるのに可能なオプションのひとつに過ぎないというのは少しばかり過小評価しすぎじゃないだろうか。


グローバリズムとはなにか。ユニバーサルとは如何なる概念か。
そしてscienceとはなにか。そうやって西洋的なるものとはなにか、を追い詰めて抽出していくのでなければ、
カバラも宜保愛子も魔術もおまじないも差異はない。
本気かつ冴えて西洋魔術に取り組む人たちは皆、そういう手順を踏まえて臨んでいるのであって、
魔術だけでは西洋魔術のエッセンスには届かない。そこが密教坊主や霊幻道士と違うところ。

君、一度魔術から離れてみないことには、そこがデッドエンドで終わりだよ。別にいいんだけどね。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:53:38 ID:CQZSIa9p
クロウリーは次の理由から生命の木を魔術的アルファベットの基礎として利用することにした。以下777 P.25より転載

「象徴の関係は先天的に決定されている。通常目的にあたては、49が7の2乗か否かを議論する必要もないのである。
 以上のような考察をへて、私は<<生命の樹>>を魔術的アルファベットの基盤として採用することにした。
10の数字と22のヘブル語アルファベット文字と,伝統に培われた合理的相互対応,我々は首尾一貫した体系的原理を手に入れることができる。土台としては充分に堅固で,上部構造を増築するにも充分に融通のきく原理である。 」

転載以上。
これは生命の木を魔術的アルファベット(魔術の象徴基盤)に採用することの妥当性を主張した論文でもあると思う。

生命の木以上の魔術的アルファベット(魔術の象徴基盤)で有用なものを考えてみよう。

たとえば、スペアの願望のアルファベット。
これは魔術の象徴基盤とはまた別物かな。

有用と思えるものに易の卦がある。これは777の段階でかなりカバラとの融合がはかられている。八卦とセフィラの照応はトートの書で示されている。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:54:09 ID:99hvf//k
ソフトに進行したいんなら、断定口調をするにしても、もっと工夫した方がいいよ。
口調ってのは自分で思っている以上に周りに影響を与えるもんだし。
ま、こういうことは少しずつ少しずつ改善していくしかないわな。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 00:54:28 ID:CQZSIa9p
64卦とタローの関係はクロウリーがコートカードと各スートの6で実現させた計20だけである。残り44の卦は僕が知る限り照応はない。

のこり44の卦のカバラとの照応はクロウリーが僕らに残した今後の研究課題だと思って、自分の仕事だと思っている。

あと五行。五行と易の卦は完全に一致しないが、四大+霊がセフィラへの照応が完全には難しいことに近いと思う。

よって、より完璧なカバラを作るためには、易もカバラの万物照応の一部として拡大研究するべきだと思う。そして、スペアの願望のアルファベットだって術者それぞれがカバラに統合するすることでより有用なものとなる。

ベスタやキロンなどの星も易と同じ扱いをすればいい。

そうしてより完全な照応体系をみずからに持つことができる。

他には、サンスクリッドというのもありえる。これもすでに宿曜や天体、十二支との十分な融合がなされている。これも易と同じようにカバラに加えればよい。

まぁ、カバラを使わないってのもアリだとは思うし発展してほしい。僕は使う道をいくよ。

そして、レンタルマギカがそれらの異種魔法を統合する世界観に役に立つ。
たとえばフェティッシュなって概念は、これまで異なるレベルで議論されてきタリズマンや護符・魔法陣の総称としての機能を持つし、呪波汚染という言葉も同様の理由から有益といえる。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 01:01:51 ID:CQZSIa9p
>>140
断定口調には気をつけます。
考え方にはいろいろあって、どれもが正しくどれも間違い。正解はないともあるともいえる。

化学の元素もカバラの元に天体と万物照応でまとめることができるはず。
そうしていけば、生命の木は一つの大きな記憶術の母体となる。

たとえば、アルミはどのセフィラに照応するか?
どちらかというと、アルミはその発見時期から占星術では天王星に配属される。
そういう照応の考え方は占星術をやっててはっきりしてくる。

まぁ、五行とかになるとまた別の万物照応理論があるんだろう。

今日はやることあるのでこのあたりで。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 01:08:07 ID:bpH9+KNJ
>>141

scienceてのは、完璧を疑う態度のことだよ。
若いね、て言って欲しいのかも知らんが、
おれ的には進歩のなさ(正確にはつまづき方の変化のなさ)に軽く失望したのでこれで最後だ。

ま、時間は有限だがあるにはある。やるだけやってみれ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 01:58:21 ID:eEEhdZqb
正直、こちらも君のゆがんだものの見方と言い方というか言い方に軽くうんざりしたのでそれでいいよ。

またよりよい議論を。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 08:44:25 ID:RIqVUtsj
稲葉君の文章って日本語としておかしいよね

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 09:32:11 ID:rbDSGh+d
例えばν+で見掛ける変なヒトほどはおかしくはないんだけど
他者に読まれるということをまったく欠落させた文体だな、と思うことはある

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 09:35:51 ID:RIqVUtsj
変な人ではあるのだけれど、ネタとして楽しめるだけの面白みに欠けているよね

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 09:52:01 ID:zFlCM09q
他者に読まれやすい文章が書ける必要があることは、自分の弱点で今後の補強点だなと思ってる。
自分の読まれることを前提にしないような文章の書き方は、数年前クロウリーばかり読んでてここに書き込みまくってたころにできあがったものだと思ってる。

自分では、文体がクロウリーに似ているのでは?と思ってる
彼が文章をかくときは、(777などの文体)かなり回転の速い頭で書きなぐっているような雰囲気で書いていると思う。
当時は同じように大量に文章を書き散らすことが、大量の著作を残した彼と同じく魔法に有名になる道だと思ってた。

今となっては笑い話だけど。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 11:15:30 ID:bpH9+KNJ
だとすれば、訳者の文体に似たのだろう

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 13:11:55 ID:oUrO4FSj
単純に、国語の成績が悪かっただけだろう
エッセイの書き方とか、参考になりそうな本はいくらでもあるから
文筆で世に出たいと思うならきちんと勉強しておきなよ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 21:17:28 ID:99hvf//k
個人の弱点っつーのは、そうそう簡単に克服できないもんだ。
焦らずにそういう自分自身とつきあっていくしかないさ。
個人的には、ここは妄想、電波垂れ流しOKの隔離スレだし、いいんじゃね?と思うが。

>当時は同じように大量に文章を書き散らすことが〜
クイックライティングだったっけか? そういう技法があるにはあるけど、
あれって「頭の中で編集しない」のがキモだから、人に見せる文章には
使用禁止のスキルだったはず。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 21:22:13 ID:ql+232qu
>個人的には、ここは妄想、電波垂れ流しOKの隔離スレだし、いいんじゃね?と思うが。

稲葉君隔離スレだろ。
もっと優しくしてやれよ。彼が居心地良くなるように。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 21:29:25 ID:rbDSGh+d
勉強しろってことではなくて、英語に少しばかりマジメに取り組めば
国語の成績も自ずと上がるもんだと思うけどな
論理性という点では、英語は日本語よりも優れていると思うし

チラ裏で失敬

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 21:42:39 ID:99hvf//k
>>151に追加で。
人に理解してもらえる日本語スキルも重要だけど、年単位の孤独の中で
妄想を暖め続ける忍耐力も貴方みたいなタイプには最も必要だと思う。
なんというか、自分の中で熟していないうちに、お蔵出ししてる感じがして
もったいないんだよね。

>>153
うーん、さすがに母国語より英語を重視しろとはいえないなあ……
まー、魔術やるなら避けて通れない道だけどさ。
それに、日本語には日本語の論理構造があるし簡単にこの言語の方が
論理的と言えるもんじゃないと思う、多分、文脈に依存しすぎてる部分を
指して非論理的といってるんだろうけど。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 22:10:42 ID:LGwRaJe9
>>154
西洋魔術の諸概念は日本語より英語で思考するほうがすんなり入ってくる。
というか究極的には翻訳てのは不可能なものだ。
精神操作、I amの観察と操作を行う魔術という分野ではなおさらのこと。
さくっとあきらめて英語の思考回路を育成するが吉。
そうやって体得したものを翻訳するのは、その後の話。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 22:19:25 ID:LGwRaJe9
補足

あでも、まずネイティブタン(この場合日本語)がある水準以上に達してないと、外国語の習得は不可能。というか無意味。
とにかく考えに考え続け、字を読み書き話しまくるしかない。好きこそものの上手なれだ。

I amは言葉でできている。言葉の混乱はI amの混乱だ。
ここの手を抜きながら魔術だのに手をだすのが、本質的でとてもありふれた危険。
魔術の危険てのは悪魔に取り憑かれるとかじゃない。言葉が、I amが壊れてしまうことだよ。




157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 22:27:34 ID:99hvf//k
言いたいこととその重要性はわかるんだけど、それでも母国語よりも優先すると
シュタイナーの言うところの死んだ概念にならないかって気がするんだよな。
彼の言動が「言葉に振り回されている」ように見える状態だとなおさらに。
でも、一行目の西洋魔術の諸概念は〜のくだりは、まさにその通りなんだよなあ……
結局、魔術師は勉強あるのみってことか。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:09:53 ID:lXGQ3jFH
みなさんいろいろコメントをありがとうございます。

なんだかんだ言って自分は文章書くのが好きなほうだと思うので、よりよい文章を書けるように努力させてもらえたらと思っています。

>149
>だとすれば、訳者の文体に似たのだろう

役者は老子?法の書の原文みても、役者というよりはクロウリーの文章だと思う。
彼は誤字も多く、翻訳者泣かせなのは有名な話。
クロウリーはそのクイックライティング的な文章で、少し適切な文章がかけたってことじゃないだろうか。


話は変わりますが、書き込みの前の前ふり。
みんなオーラはどう考えてますか?
GD魔術全書の下巻にオーラについての記述があるから対象分野だと思う。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 12:25:36 ID:hiqKDe4+
>158
> オーラはどう考えてますか?

不可視帯域の電磁波だろ・・・磁力っつーてもイイかもだけど
意味付けは個々人が持っていればいいと思う

「目に見えるだけ、名状できるものだけ、で
世界が語られるならオカルトなんかに踏みいらない」
そういう種類のもの・・・は大ざっぱすぎる?w

で、問いの意図は何だい?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 02:26:15 ID:muWqLZ74
オーラはどう考えてますかって…???

オーラは考えるもんじゃなくて普通に見えるもんだろ?
まさか稲葉君、これだけ修行しててまだオーラ視もできないんじゃ…(ry

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 10:10:44 ID:6XHJCLZL
稲葉君は江原啓之を信じているような子だから・・・
お察しください

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 11:31:15 ID:9SCCJv0P
160と161は頭が悪そうな回答だわ。

松村潔のオーラ練習長を呼んで、これは有益だなと思ったって話。

まず、潔先生によると、
オーラ写真(キルリアン写真)で撮影される不可視領域の生態波とオーラを別物にわけて考えてる。

オーラは人が対象を見て感じた印象を、色に置き換えて視覚化したものだという定義。

昔の音楽家は音を色にたとえて、「もっとオレンジの音を強く!」とか普通にいってたらしい。

とりあえず、印象を人のまわりに色として投射する練習を続けていけば、多人数でけっこう同じものが見えるみたいだし、
人体の各部との照応テーブルはこれからまとめるつもりだけど、とにかく
魔術にも有益だなと思った。

GD魔法全書のオーラの記述とは少し違うけど。

オーラはイメージの領域のものだが、それを開発することにより、一定の不思議とも言える力や能力が開発されるってことだと思う。

霊能者やスピリチュアルカウンセラーが多い場所に身をおいてて、ずっとオーラって何だろうと考えてきたが、
生態波とオーラを分離することでようやくオーラについて定義づけができた。

オーラの色と4つの色階、天体や東洋魔術記号との照応が今後研究分野。
人体と万物照応も。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 11:58:07 ID:fjb4oSY6
稲葉君の「今後の研究分野」は朝鮮人の「10年後には日本を追い越す」と同義

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 12:01:38 ID:fjb4oSY6
ねえ、稲葉君はオーラ視できるの? ねえねえ、ちゃんと答えてよ
つーか、松村潔って・・・ww

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 22:59:53 ID:+luQOUps
極めて数を魔術的に捕らえたネタだと思う
ttp://jp.youtube.com/watch?v=7pkipMNNuI8&feature=related
ttp://jp.youtube.com/watch?v=ue-hxDhut1M&feature=related

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 23:36:59 ID:14ynNcSz
話は戻るけど、魔術師が魔術以前に修めるべき学問、技術として絶対にこれだけはやっとけ、
と言うとしたら何を挙げる? もちろん、魔術関連を除いて。
俺は記号論理学かな。絶対にやっとけっていうより、やっといたら?程度だけど、自分の思考
を一アイテムとして扱えるのは結構便利だ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 08:42:24 ID:Ky1ufzgk
必須:実用レベルでの英語(日常会話可、洋書を読んで大意をおさえられるなど)、
    高卒レベルでの全ての科目

推奨:精神分析学または心理学(考え方のみ、臨床は出来なくとも良い)

参考:情報科学(プログラミング言語およびDBMS周辺)、
    社会学(分野は任意、考え方のみ習得したい)、
    歴史学、比較文化人類学

ざっと思いつくのはこの辺だけど、必須以外はお好みで

あと、「気」が関連する武道をたしなむ程度でいいので
経験しておくといいと思う・・・具体的には合気道とか
居合とか、古流武術あるいは太極拳など
(ただし、気で投げますとか言う連中は信用しないこと
 あくまで内面での作用を重視している道場を選ぶ

で、日本人だし神道か仏教の考え方をおさえておくといいと思う


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 12:13:46 ID:eAuUt3Sz
音楽(なんらかの楽器・歌)
演技術・ダンス
も、儀式魔術には推奨以上必須未満
なんでかはやればわかる

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 15:11:36 ID:6vUh82LX
ネットではなくリアルで魔術関係以外の友だちを持つことだな
要は常識的で一般的な社会性を身につけること、これも意外と大事。
なんでかは魔術団体に入ってみればわかる

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 13:08:41 ID:3JEqsvwL
作品にリアルティを出すために魔術を習っている小説家等はいるんですか?

171 :170:2008/02/22(金) 13:10:41 ID:3JEqsvwL
ちょっと説明不足でした、
ファンタジーや伝奇などオカルトを扱う小説家やそれ以外の創作家です。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 13:58:45 ID:YE6v6XCE
幻想文学の人(だった筈)で、そんなこと言ってヨガ始めて結局はヨガの指導者やってる人なら居たな

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 15:15:58 ID:F+6rqNWx
>>170
某講習会に小説の設定の為に勉強に来ましたって人はいたけど、
プロの作家かどうかは分からないなぁ。
そういう人種にも作品にも興味ないし。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 17:17:36 ID:UHVGjBUi
>>170
そのためにあるのが新紀元社の本。
ゲームや小説の参考にしたい人向けで、実践修行には×

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 20:02:51 ID:V8CGP0Zz
今は、ちょっと調べれば差障りのない表面上の知識なら、なぞれるからなあ。
情報処理技術の分野に例えれば、コンピューター用語辞典は本屋で簡単に手に入るけど、
それとプログラミング技術はまったくの別物だということ。
もしくは、ちょっとアングラ入ったIT系雑誌を買えば、すぐにでもスクリプトキディにはなれる、
が、本物のハッカー目指すなら別の入り口から入るべしって所かな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/25(月) 23:40:55 ID:mT7mM6n/
物書きにとって、魔術知識が役に立つのはそういう設定資料に使うような知識よりも
「言語が自我に作用する局面」についての知識じゃないかと思う。
数ある密教システムの中でも、自我と言葉の関わりに特化したのが西洋魔術だし。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 09:44:13 ID:BBGKoWG8
密教システムねぇ・・・
まぁ、超能力板らしく能力開発システムっつーてもいい気はするけど

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 13:52:36 ID:Z0Q8b8GF
ちょっと電車の中でやらなきゃならないことを思い出した。

CCさくら魔術w

もともとクロウ・リードをみて、偉大な魔術師目指そうと思ったんだけど、さくらカード。

僕はCCさくら全部みてないし、マンガもちょっと読んだだけ。

ただ、クロウカード、さくらカード、クロウ・リードの魔術大系は一度しっかり研究しなきゃとずっと思ってる。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 13:55:41 ID:Z0Q8b8GF
トートのタロットの研究がすべて終わって、自分のものになったら、
クロウリーが遣り残したいくつかの研究、
すなわち、トートのタロットを天体との生命の樹との照応、
竜の術式によってトートのタロットの大系を最適化すること、
そして、易とカバラ、64卦との完全な照応を確立すること、
当時の時代から動いた恒星など、トートのタロットでも改善されるべき問題は山済みである。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 14:00:33 ID:Z0Q8b8GF
72枚のカードを、より完全なものにできたら、最終的にはCCさくらの魔術大系(カードに魔神等を封印し、レリーズ!といって封印解除して魔法を使うような)
に近い形の、100枚のカードをつくらなければならない。

それは、計72のアテュと、コートカードと、数札を内包し、易経との完璧な照応、西洋だけでは足りなかった分を残り28枚で補い、
クロウ・リードのやった東洋と西洋の魔術の融合をはたすべきものとなる。

竜の術式、地球と天球への立体生命の樹の照応により、地球全体と太陽系・恒星の両方を包括するものになる。

サビアン等、研究は当時より進んでいる。

100のカードは百人一首と照応し、日本の歴史、密教、アイデンティティに関しても示唆を与えるものとなるだろう。



181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 14:03:02 ID:Z0Q8b8GF
オーラがわかるようになって、かなりいろんな分野の鍵になったように思う。

ヒキュウは置くだけでは本当の効果は得られない。
ロングイは、そのアストラル的存在を投射して、はじめて有効なのではないだろうか。

現在オーラの強化書研究中

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 23:25:24 ID:hxU7+UZX
>一度しっかり研究しなきゃとずっと思ってる。

君っていつもそれだよね。
きちんとした研究成果って出した事あるの?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:02:58 ID:ttNwbhry
口癖って、単に人物を特定されて嫌味言われることだけならまだいいけど、自分自身の思考
パターンを固定しちゃうのが一番厄介だからね。
思考のパターンならまだ軽傷だけど、人生のパターンまで形作るのが言の葉の真に恐ろしい所。
ご用心、ご用心。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:08:24 ID:ttNwbhry
とは言っても、「自分にはこういう欠点がある」と自覚さえすれば、
実はそんなに気にしなくてもいいんじゃね?
このスレでは反論を気に病んで、小さくまとまったネタを振るよりも、
むしろ、自分の弱点を曝け出すつもりで、妄想理論を積み重ねた
ほうが実が多いと思う、今日この頃。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 12:25:08 ID:Qs+BcPn4
>>182 逆に言うが、君は研究成果を出すどころか、研究をまともにしたことも、研究しようという意思すらまともにないんじゃないか?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 17:34:28 ID:0EKg/m1L
探究心皆無で功名心だけの人間が何を言っているのだか

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 20:15:41 ID:0EKg/m1L
稲葉君のような人こそ、きちんと結社に所属するべきでは無いかと思う

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 22:20:45 ID:KDZ+vTO2
>>185
他者に対する想像力は自分が一番の限界となる。
皆が君と同じじゃない、ということ。口には気をつけろ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 23:20:09 ID:Zwww8c4x
とりあえず、稲葉君はあれもこれもと手を出さないで、何か一つの事に集中したら?
何の実績も無い人間が大言壮語を吐いたところで、誰も期待などしてくれないよ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 23:47:18 ID:ttNwbhry
なーんだろーねー。
このどうしようもなさってどこから来るんだろうか。
みんな彼に対して正論を言ってるつもりなんだろうけど、
つもりで終わってるのが透けて見える。
多分、これらのアドバイスで彼が変わるには、不十分。
なーんか、みんな思考の推敲が足りてないんだろな。
俺も含めて。

チラ裏だが、教育欲って性欲の進化バージョンなのかと
思うよ。だから制御しづらい。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 23:49:16 ID:ttNwbhry
そろそろ、ユーモアが欲しいところだね。
説教する方もされる方も。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:11:40 ID:ToALRfn7
>多分、これらのアドバイスで彼が変わるには、不十分。
確かに、この程度の忠告でどうにかなるなら、とっくの昔にどうにかなっていたわな。
生暖かく観察するしかないのかね。
彼が良い師に巡り合える事を祈っているよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:24:15 ID:uimHdHI5
2chに教育を求めるなって



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:33:46 ID:ykajB+Gc
>生暖かく観察するしかないのかね。
それが一番だと思うよ。
なんか、下手な庭師が枝が伸びきらないうちに手を入れすぎて
全体をダメにしてしまう典型に見えてしまう。
こういうのは何だかんだいって、自分で気づくしかないし、気づく
ためには、何度も失言をして痛い目にあうしかない。
近道と間違えて遠回りを往くような人間は、そうやって学ぶしかない。

>2chに教育を求めるなって
そんなこと言われても、言葉に効果を求めるのが魔術師の性なんだもん。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:46:14 ID:ykajB+Gc
話は変わるけど、このスレも本スレも、みんな気取り屋さんが多すぎないか?
俺も人のこと言えないけど。
狙ってやるのと、能力が足りずにやってしまうのは別だけど、隔離スレなんだし
もっと傲慢な発言をしてもいいんじゃないの?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 01:03:28 ID:ToALRfn7
いいこと思いついた

これから稲葉君は、あらゆる書き込みの1行目に

ゴーマンかましてよかですか?

と記入する事

そうすれば何を書いても俺は全く気にしないで済むようになるよ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 03:28:04 ID:LZXAvoXF
稲葉くんが内職でやっている幸運のアクセサリー売りは順調なのだろうか

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 10:18:51 ID:5EDzNdfc
魔術で名を上げたい! だけだったら若気の至りで済むけどさ
もし彼が魔術で生計を立てたいと考えているのだとしたら・・・
悪い事はいわないから本当に止めておけ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:03:00 ID:GUG2ccZi
はっきりいって、お前らひじょーにうざい。
>>178-181 は、すべてライトマンシーを研究しようという、このスレの趣旨におもいっきし合致したものだろ!!
それ以後の発言は全部雑音だ

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:05:54 ID:GUG2ccZi
お前らが本筋と関係ない話するたびに本スレみたいになるんだからな!

よーーーーーーーーく反省しろよ!

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 17:01:35 ID:LPfhAT4d
稲葉君以外書込み禁止にすれば全て問題は解決すると思う。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 17:09:02 ID:OtgSFQRN
ここに嫌在日コピペが貼られないことで
本スレに貼ってる奴の正体が明白になったことについてw

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 17:31:22 ID:LPfhAT4d
稲葉君がコピペしていたって事?
彼がそういうジャンルに興味を持つとは思えないけどな。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:56:57 ID:uS+T3pXx
研究するつもり
研究は進んでいる

そればっかりで何の発表もしないのは何で?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:59:46 ID:ykajB+Gc
つか、嫌在日コピペ野郎=偽稲葉君だと思っていたんだが。
ここなら別にキチガイ装わなくてもターゲットがいるわけだし。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 00:07:36 ID:NMc6t3WT
>>199-200には同意なんだが、ここって稲葉君隔離スレに見せかけた魔術スノッブ隔離スレだからなあ。
いや、心情的には全く同じ気持ちなんだけど、もうこの件に関しては悟り開いちゃったよ……

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 11:22:31 ID:uJo2kEHN
こっちにも偽稲葉が混ざっているような気がするんだが

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 13:39:56 ID:vPd4gDxO
>>199-200 は自分だけれど、僕が>>178-181で燃料投下したと同時に、まったくどうでもいい>>182-207の発言の26の発言のうち、1つもまともな魔術についての話題もレスもないというこの事実!

飽き飽きするわ。

たしかにここでは研究成果の発表できないね!何か言うたびにこんな調子じゃ。
別でやってるわ。

在日コピペがどうとかばかげてる



きっとライトマの基礎知識がないこともみんながまともな発言できない原因だろうから、レンタルマギカの3話と、そこで使われている祝詞文章をのっけておく。

Rental Magica Ep 3 神々の禊ぎ
1 http://jp.youtube.com/watch?v=c_4TQD3GcxI
2 http://jp.youtube.com/watch?v=X7zLpyv8VnQ
3 http://jp.youtube.com/watch?v=nN4EpUjVhHA

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 13:40:39 ID:vPd4gDxO
十種神宝 2 4:10(最初にも) 神おろしにつかっている
http://www21.big.or.jp/~tetsuki/shinto/norito/kamdakara.html
一切成就の祓 1 05:05 お祓い(禊ぎ)に使った
http://www21.big.or.jp/~tetsuki/shinto/norito/issaijouju.html
ひふみ祓詞 3 00:50 たましずめ
http://www21.big.or.jp/~tetsuki/shinto/norito/hifumi1.html
三種大祓 3 03:45 最後に使った呪文
http://www21.big.or.jp/~tetsuki/shinto/norito/sanju1.html


出典不明呪文 2 05:40 タケミナカタノ神の力でフツヌシノ神をおさえることに成功した呪文
かしこしやうつなびく
あめのかぎりとおときのもちつづくを
ちちのきわみよろずのものをみいでて
すべおさめたまうおおかみ
よのかぎりあるをことごとく
おつることなくもるることなく
みことをわかちみたまをかよわし
みいずかがやきたまう

おまけアフリカ皆既日食
http://jp.youtube.com/watch?v=7Zg5xWwHtFg

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 15:25:19 ID:QJ7T0nSq
ライトマの基本=誇大妄想

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 15:42:59 ID:PBBBZwiP

>まったくどうでもいい>>182-207の発言の26の発言のうち、1つもまともな魔術についての話題もレスもないというこの事実!

なるほど、そこがライトマの盲点か。

釈迦に説法かも知れんが、象徴てのはそれ自体がなんか呪文となえたらすごすご働いてくれるロボットではなくて、
人間の精神にインストールするドライバ−だよ。だから魔術の10中89の作業は、インストール先である
人間精神のフォーマットやチューンナップに費やされる。ライトマには関係ない話かもしらんけど。

>おまけアフリカ皆既日食
懐かしいな。現地で見たよ。
皆既日食って消え入る瞬間と再び現れる瞬間がとてつもなく奇麗なんだよな。
この世とかあの世とかの区別に意味がなくなるくらい。




212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 15:50:30 ID:QJ7T0nSq
つーか、 ID:vPd4gDxOも偽稲葉じゃね?
特徴は良くつかんでいると思うけど

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 16:00:46 ID:PBBBZwiP
>>212
うはキリねーなw

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 17:15:43 ID:XQNZHnfo
稲葉君って霊能者のプロデュースとか占い師の真似事とか
霊感商法スレスレのアクセサリー販売とかもしていたんだな

痛いだけの気の毒な子だと思っていたけど
認識を改めるわ

こ い つ は も う だ め だ

215 : ◆Fr.FeNe2L. :2008/03/03(月) 21:04:51 ID:yTAw4rE2
>>211
そのあたりはけっこう心得てるつもりだよ。でも、これまでは無意識にやってたからそうやってはっきり認識したことはなかった。

老子が生命の木にコンピューターというメタファーを与えていたけど、魔術作業は人間自身のチューンナップに費やされる。それは生きることと行うことに他ならない。ライトマもそれは同じ。
僕もほとんど石の意味を勉強したりで、実際に効果のあるフェティッシュとしてのジュエリーを作る作業はごくごく一部。

ライトマたるもの、自分が気に入った魔法要素のあるアニメを一つ選び、熱心に研究し、その世界観が自らの世界へをよりよく生きるための応用方法をよく考察せねばならない。

フォーマット→小五芒星除去術式(Lesser Banishing Ritual of the Pentagram略してLBRP)
チューンナップ→自らに根付かせた生命の木を育成する(象徴を覚えたたり、象徴を研究したり)
インストール→術式の丸暗記
ドライバー →フェティッシュ すなわち、パワーストーンや呪符など。

皆既月食
http://jp.youtube.com/watch?v=4kF7UKX-x2k

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:15:53 ID:XB4yVpgI
>インストール→術式の丸暗記

(,,゚Д゚) …。

217 : ◆Fr.FeNe2L. :2008/03/03(月) 21:26:23 ID:yTAw4rE2
>>216 アホな顔するなら対案を出せ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:28:21 ID:8n9ZWeDO
稲葉君は一度きちんとした師について修行した方がいいよ

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:30:37 ID:XB4yVpgI
>>217

その伝で云うなら、君はダウンロードとインストールの区別も付いていないということになる。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:32:33 ID:yTAw4rE2
師にもいろいろいるからさ。
完璧な人はなかなかいない。
みんな1つ秀でていれば1つ抜けてるもの。

身近に霊能者や、それぞれの分野に強い人いるから必要があればそのつどいったり話きいたりするわ。

今の時代、師について修行というのはロバート・キヨサキが言うところの「遅い言葉」だと思う。
今は他にもあるし、上から目線だけど、仏に説教だわ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:39:02 ID:yTAw4rE2
一応相手しとく。

術式の丸暗記はダウンロードにあたるから、インストールではない。だから、お前はダウンロードとインストールの区別すらついてないと?





もし、ここでまともな返答ができないなら、自分でひっどい屁理屈をこねていると思わないか?

せめて、術式の丸暗記はダウンロードのほうが近いから、インストールはそれを自分のものにするものだとか、そういう言い方がなぜできないんだ??

インストール→術式の丸暗記
で十分だ。別の照応物を誰かが思いつくなら別だが。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:50:00 ID:XB4yVpgI
フォーマットに相当するものはヌミノース体験を経ることだろう。
「退去」ではなく、「除去」とあるからにはよく知られている小五芒星退去儀式とはべつのものを指しているのかも知れないが。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 22:07:33 ID:WzumFTrq
>身近に霊能者や、それぞれの分野に強い人いるから必要があればそのつどいったり話きいたりするわ。
君が別名義でやっているサイトとかブログを見てきたけれど、
あの人達は修行する上ではむしろ避けた方が無難。

>今の時代、師について修行というのはロバート・キヨサキが言うところの「遅い言葉」だと思う。
>今は他にもあるし、上から目線だけど、仏に説教だわ。

そういう科白は何かをきちんと修めてから言いなさい。
それにしても、よりにもよってロバート・キヨサキ・・・
なんでこう、師事してはいけない人間ばかり有難がるのか・・・

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 22:09:47 ID:WzumFTrq
まあ、痛い目を見ないと学習出来ない人間というのもいるだろうから、
もう放っておくしかないのかね。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 22:47:17 ID:yTAw4rE2
>>222
ヌミノース体験、ここを読んだけどよくわかりませんでした。
http://www.kbu.ac.jp/kbu/kyoinshokai/masters/19_matsuda/index2.html

あなたのいうヌミノース体験が、どのようなものなのか教えていただけませんか?

ちなみに、その文章は検索してIMNにあったものをそのままコピペしたところ、”退去”という言葉が霊を償還していた状態が前提であるように思え、Banishなら、退去より除去のほうが適切だと思いそう書きました。
まぁ、場の雰囲気も霊として、それを退去させると考えるなら・・・


>>223
たしかに、「この人は人格者だ!」という人にまだ出会えていないというのもちゃんと師についていない理由かもしれません。IOS等には入団したいとずっと思っています。
ただ、ちゃんとした団体に入るのは、近い将来東京に出てからで遅くないと思っています。今は与えられた環境で研鑽を積めばいい。
あまりに多くの人が「ちゃんとした結社に入れ、ちゃんとした師につけ」と繰り返すので、先のようにいいました。

魔術師として成功するには、ビジネスマインドも鍛えておかなければ、物質的にも成功していなければ話にならない部分があると思います。
師事までしなくても、ロバートキヨサキの考え方や会計学を学ぶことは悪くないと思えますが。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 22:50:08 ID:yTAw4rE2
まだ、今の修行段階では、十分つきあってきた霊能者の先生たちから示唆が得られたと思いますよ。
たしかに、はぁ?と思える部分もいくつもありましたが。逆にまったく避ける必要もない。

いきなり高等な結社や師匠について、ガチガチの組織の理論や雑巾がけからはじめるより、自分がしっかりしてたらそういうアプローチもアリだと思いますよ。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:05:55 ID:rtLJYvU1
>>226
そういう経歴の人間というのは、大抵の結社では忌避されるのよ。
白紙の状態から始めるよりも、妙な思考パターンや間違った知識を植え込まれているから。

まあどんな経験だろうとプラスに活かせるかどうかは、結局のところは本人次第だけどね。
良い師にめぐり合えることを、そして君が良い弟子になれることを祈っているよ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:06:10 ID:NMc6t3WT
>もう放っておくしかないのかね
というよりも、魔術関連スレ内で「稲葉君」「魔術スノッブ」「偽稲葉君」で構成されるシステム
ができあがっているから、その内部にいる人物、特に「稲葉君」がいくら努力しても、むしろ
努力すればするほど、事態は悪化すると思う。
もう、そういうふうにできているから。
かと言って、「稲葉君」が別のところに行っても、また同じことを繰り返すのは間違いないんだよね。
これは、本人がどうのこうのじゃなくて、「魔術」と「稲葉君」との間に黒い糸が結ばれているってこと。
一番いいのは、彼が魔術を捨てること。自力を捨てて十年単位で他力を待つしかない。
魔術に縁があるなら一時期捨てても、またたどり着くはずだから。
本当はもっとフォローしてあげたかったけど、事態は俺の力量を超えている。
つーか、酷さで言えばスノビズム>>失言量だけど、だからこそもっと慎重さが必要だったわけで。
しかも、自分のニセモノまでいるわけだからなおさらだ。言い訳だけどな。
力になれなくて本当にすまなかった。

PS・このレスの内容とは矛盾するけど、この事態を解決できるのは「稲葉君」だけなんだよね。
もし彼が魔術を捨てたくないなら、この正念場で「稲葉君」として何か言わなければならない。
これは一種の禅問答だから、誠意を尽くして。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:13:31 ID:rtLJYvU1
>>228
なんか「前世の因縁」みたいなものでもあるのかね?
業って言葉では言い尽くせない何かドロドロしたものを感じるよ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:30:25 ID:yTAw4rE2
>>227
たしかに、いろいろ混ぜてるっちゃ混ぜてるから倦厭されるかもしれませんね。
と同時に、いろいろまぜあわせてカバラに結合させていくのが西洋魔術の性質だと思う。

ありがとうございます。


>>228
自分の前世はクロウリーとレヴィだったと少し思ってますよ。もちろん、前世というのは思い込みやその人の思い入れが生むという定義で。

何かいわなければならない禅問答なんてわかんないですよー。少しおしつけがm(ry

あなたが言ってることの中で、
「隔離スレに見せかけた魔術スノッブ隔離スレだからなあ」ってのがわかりません。

それに、これまで偽者が出てきたのは2回ほどで、そんなシステムができてるなんていうのはおおげさで、本当のようなウソでしょう。

僕は別にとくに努力してない。イヤならスレをほっとくだけ。

人が一生懸命やってることに黒い糸なんてのもどうかと思うわ。
スノビズムってメタファーもいただけない。
あなたは繰り返しそれを主張しているようだけど。

僕はここで魔術と関係ない話する奴らのほうに、よっぽどどろどろしたものを感じるが。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:42:09 ID:NMc6t3WT
>少しおしつけがm(ry
ごめんよー。言い方をいろいろ工夫してみたけれど、こんな文面にしかならなかった。

>あなたが言ってることの中で(中略)ってのがわかりません。
その鈍感さが一番の原因なんだわ。
ま、この禅問答はあなたが魔術を捨てない限りタイムリミットはないんで……
あと、スノビズムっていうのは貴方のことも指しているけれど、むしろ貴方にイチャモン
つける、みんな(俺自身も含む)の方。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:52:44 ID:yTAw4rE2
その禅問答には何か特定の望まれた答えがあるのかな?

どっちにしろ、魔術の話で議論できることを望みます

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:58:17 ID:NMc6t3WT
>その禅問答には何か特定の望まれた答えがあるのかな?
正解を判断するのは「稲葉君」でも「adsf」だもない貴方自身。

>どっちにしろ、魔術の話で議論できることを望みます
「自分と魔術の関わりについて真剣に思考し、しかる後に声明を出す」
これが魔術でないとしたら、あなたにとって魔術ってなんですか?

ま、黒い糸とか俺の不躾な発言に憤って当然だわな。
本来、これは他人が言うことじゃないから。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 00:17:20 ID:b4RqCTLL
人に意味ありげに自分自身もよくわからないことを
「君のための禅問答だよ」と問いかけるのは、誰にでもできる上から目線の立場だよね?

あなたは僕に自分と魔術の関係性を考える機会を与えてあげていると思っているのかもしれないけど、
それって非常に押し付けがましくないか?単に紳士を装って相手の不安を煽っているだけじゃない?

いちいち人の実名を出したりするのも非常に不快だわ。
前にmixiで、みんなに「私が占いを教えます」的なトピを立てておいて、そこに入った僕のほうが占いに詳しかったことに驚いて、

テキトーな上から目線の薀蓄を言ったあとに、「君はもう卒業!」というメッセージを送ってから、コミュ自体を削除した人が前にいたが・・・
なぜ対等に付き合おうとしないのか。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 00:26:34 ID:ne+tDm0U
>それって非常に押し付けがましくないか
まったくその通りだな、これだけはどう言い訳しても誤魔化せないよ。
不安を煽るのとは逆に問題を明確にして解決法を提示したつもりだけど、
すぐに理解できるようだったら、こんなにこのスレがこじれるわけはないよな。

>人に意味ありげに〜
これは本当に自分自身で示すしかないんだってば。
俺がどうのこうの言ったら、ただでさえこんなに押し付けがましいのに
「あなた、人の人生によくそこまで口出せますね?」ってもんだ。

>なぜ対等に付き合おうとしないのか。
俺自身もその憤りを感じている。
だから、ここまで土足で踏み込むようなことを言ってきたんだが、
自己満足でしかないわな。
まわりからやいのやいの言われても、所詮他人事だからほっとけば
いいんだし。
これは俺自身のエゴだな。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 00:32:57 ID:ne+tDm0U
>そんなシステムができてるなんていうのはおおげさ
現実に同じような問題を何度も起こしているのに、それを偶然で片付ける鈍感さ
がなければ、俺も口出したくないよ。
ここで責めているのは貴方ではなく、俺自身を含むシステム全体だから。
ただ、このシステムの鍵を握っているのは「稲葉君」であるのは確かなんだ。
ま、さっきも言ったように、ここまで口出しするのも俺自身のエゴだからな。
人のエゴで自分が一生懸命にやっていることにとやかく言われたくはないよな。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:02:20 ID:ne+tDm0U
と、まー、心底くっだらねー話はここまでにして
レンタルマギカとかだと、西洋魔術以外の呪術システムを使っているけど、
そういう西洋圏以外のシステムを西洋魔術に含めるには何が必要だと思う?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:24:51 ID:b4RqCTLL
おお!話題をかえてくれてありがとう♪

レンタルマギカいいよね♪

これまでも西洋魔術には外からいろいろ取り入れられてきたし、これからも勝手にとりいれられていくんじゃないかなー。

取り入れるのに必要なのはカバラと生命の樹。
西洋以外の体系を照応させる。

そして、他の体系を取り入れることに寛容になることと、取り入れるにしたがって出てくる問題点についてよくしっておくことあたりかな。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:36:16 ID:ne+tDm0U
最初っからメンドくさかったしなー。
禅問答? 犬にでも食わせとけ! 問題が起きるなら、起きたときにまた考えるさ。

それはともかく。生命の木って、上下関係を暗示するからなあ……
黄道十二宮の方がいいんでないかい?
地上のシステムに対応する天上って感じで。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:36:33 ID:b4RqCTLL
魔術カバラの領域を、生命の樹以外に広げることはあっていいと思う。
むしろ、そうするつもり。

誰でも手に入れられるWeb版777を翻訳したものを基調に、万物照応表のHPを作って、ゆくゆくはそれを誰でも編集できるウィキカバラにしたい。

またこういうこというと、お前はいってるばかりだから、そういうならはやくやれとか言う人がいるのがいやなんだけど。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:43:12 ID:b4RqCTLL
生命の樹ってのは、非常に重要なものだよ。
僕も前は外人が作ったカバラ使うなんてイヤだーとか思ってたけど、こだわりがある間は先に進めない。

それに、黄道十二宮のシステムはカバラに組み込まれている第一照応物なんだから、絶対カバラつかったほうが万物照応やるならいいとおもうけど・・・

もし、黄道十二宮を使うにしても、万物照応の土台をどこにするかだけの話な気もするが。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:45:10 ID:ne+tDm0U
そこは語尾を変えるとか、工夫の余地は結構あるよ?
こういうのってそういう小手先の小細工が役に立つからねえ。
例えば「〜したい」「〜するつもり」を「〜あったら面白いかも」みたいに言い換えると
「できない約束」のように受け取られるのはある程度防げるんじゃね?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:49:31 ID:b4RqCTLL
なるほど。それは考えなかった。

でも、本当の気持ちは、「自分でいつか作りたい」なんだが。

それに本気でそのうちやるつもりだし、(時間かかるかもだが)うーん(たぶんこのままでいい)

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:50:05 ID:ne+tDm0U
>生命の樹ってのは、非常に重要なものだよ。
そりゃ、そうだし、結局は生命の木に対応させることになるんだろうけど、
最初の段階では、あんまりこだわんない方がいいと思う。
やっぱり、上下関係って副作用でかいんだよな。
同一概念の別視点を並べるには便利だけど、多種多様な価値を並列に
並べるには、ちょっと不向きだと思う。
ま、それも最初のうちだけ、そのうちこなれてくると思うけど。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:52:56 ID:ZYdxq34e
今は最初の段階だし、僕自身、生命の木に対応させてるってより、十二宮に照応させてることが多いよ。

西洋に東洋を取り込むとなれば、十二支を15度ずらして十二宮に照応させるのは確実だし。

別に生命の木をつかっても上下関係なんて連想しないけどなぁ・・・
あくまで照応物でしかないんだから、生命の木の上下関係を混同させる必要はないわ。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 01:53:46 ID:ZYdxq34e
今は最初の段階だし、

ってのは誤記

今は最初の段階でもないし、なぜに? と言いたかった。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 02:05:12 ID:ne+tDm0U
>別に生命の木をつかっても上下関係なんて連想しないけどな
俺は外に発表したりしないからいいけど、そっちは何かの形にして出すんだろ?
例えばスーフィズムを儒教の下にしたりして、それを見た人がなんの感慨も持たない
って考えるのは、ちょっと無謀でない?

もう、遅いし寝るわ。
今日はいろいろ変なこと言って悪かったな。
結局、問題は解決されなかったわけだが、まあ、世の中いつもどこでもそんなものだ。
このスレで何があっても俺は俺の道を行くよ。人の道に口出す奴は馬キックの刑だな。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 12:18:20 ID:BVSqRROU
たぶんそんなもんもたねーと思う
そんなこといいだしたら、宗教用語を異教のカバラでまとめられること自体頭くるだろ。

比較宗教学ていどのもんだから上下関係連想するとは思えん。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 21:18:32 ID:ne+tDm0U
>そんなこといいだしたら〜
それもそうだな。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 10:30:03 ID:B3wntz7c
龍神と龍の回転術式には関連がある。

レンタルマギカに龍が出てくるのが楽しみ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 09:08:00 ID:tzG50MLD
オーラが何かわかるようになり、オーラの統制をするようになってから
ずっとしっくりこなかった照応がある。

IMN セフィロト照応表
http://anima-mystica.jpn.org/imn/correpon/correpon04.html

ここでは、コクマーが左脳、ビナーが右脳に照応されているが、どうもしっくりこなかった。
土星は左脳的性質ではないのか?

IMNの出典を知りたかったが、777にも人体との照応はパスのみでセフィラについてはでてこない。

さきほど『神秘のカバラー』で確認したが、こちらではケテルが頭蓋骨、コクマーが顔の左側、ビナーが顔の右側となっている。

右脳は顔の左側、左脳は顔の右側に医学的につながるので、IMNの照応表とは矛盾する。

しかし、『神秘のカバラー』の照応のほうがしっくりくる。

頭蓋骨というのはまた微妙な照応だが、英語版では、別の解釈ができるかき方だったのかもしれない。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 09:53:34 ID:3Vi6LwvT
照応ってそんなもんだと思うよ。
ケテル(頭頂)の左下右下にあたるのがコクマービナーってだけ。

ビナーは右脳的だと思うよ。
沈黙から、跳躍して理解するわけだし。
うだうだ考えて解るってセフィラじゃないよね。
すごく自由な感じ? 「理解」だよね。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 10:49:53 ID:tzG50MLD
>ケテル(頭頂)の左下右下にあたるのがコクマービナーってだけ。

そんなところなのかもしれない。
ただ、ビナーを土星とみればうだうだ考える。

なんにせよ、ヘブライ語の原典をあたらないことには結論を出すのは早い。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 12:38:12 ID:qroYtB0D
正統カバラからみたら魔術カバラ(特にGD以降)は異端というかパチモンなんだけど

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 22:34:05 ID:4rPjxoSs
それを言ったら魔術なんてキリスト教からみれば異端そのものだろ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 23:34:35 ID:9A462d92


本人達には魔術によるコソ泥も、殺人もたいした実感を伴わないことから、悲劇は何度も起きた。彼の娘も父親と同じように、その潔癖から、自分よりも立場の弱い人間を追いまわし、裁きを下すという名のものと、不条理で残忍な殺人を仲間内で楽しんだ。

自ら実を結ばない彼等にとって、脅迫・殺人は手っ取り早く金を作る手段となっていったように思える。


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 23:35:31 ID:9A462d92

松本隆と彼のオカルト母胎が成し遂げた仕事は山程ある。
阿子島たけしさんの怪死事件は複数の高い技術を持った魔術師の仕事と考えられる。
松本は自分の透見(物事の先行きを具体的に見る)ことが可能になったときに
それを周囲に触れ回り始めた。

彼の行動は善悪の判断が希薄であり、なおかつ経済原則には忠実なものとなった。自分の望みを「宇宙の意思」いう言葉で表し、その実は行き当たりばったりに物事に対処していたことに他ならない。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:28:19 ID:ktVy8DpV
ああ歌心その綴り方 は何年か前に松本隆の娘に言われて購入したけよ。
MOON RYDERSはクズ野郎の集まりなのかな?

特にあの本でお前と対談形式で話をしていた奴は今じゃサングラスが手放せない人になったようだ。
俺の動きをリアルタイムで追うなんて、いつから彼は俺に寄り添うようになったんだよ?



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 16:03:40 ID:3KTNf/0j
トリップ付いていないから偽稲葉だろ

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 21:26:55 ID:hljAj8Iw
直接魔術とは関係ないんだが、ちょっと妄想を書き並べてみる。
よくファンタジーRPGでは中世風の世界観が採用されているけど、
MMOの世界観はどうも違うんだよな。
中世というよりむしろルネサンス以後の雰囲気だなあと。
考えてみたんだがオフラインだと主人公は自分ひとりで製作者と
プレイヤーが一対一の関係で、つまり神と英雄と名もないNPCの
構造が成り立っているけど、MMOではプレイヤーは英雄ではなく
むしろ、名もない民衆の一人なんだな、と。
その名もない民衆が背景ではなく主人公に昇格した、ということが
ルネサンスっぽい雰囲気をかもしてるのかな、と妄想してみた。

無理やり、話を魔術に戻すとルネサンス期の魔術師って都市を渡り
歩いたり、相互組合を作ったりMMO的ではあるんだよなあ。
いや、ネトゲに手を出したことはないんですが。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 00:00:16 ID:lNzECO5Q
しばらく大人杉でかけなかったよ。aboneいれた。
MMOとかNPCとかの用語を理解するのにしばし時間がかかったが。(最後に説明描き希望)

>>260 占星術をかなり研究すれば説明できそうな話だなー。

最近、有名な魔術師たちも愛用したであろう、モールスキンノートの裏側にシーテックのカラーボールペンを、星座に照応する12色選んで加えた。

手帳を出したとき目立つので少し恥ずかしいが、それでも美しい。目ひくから会話のはじまりにもなるし、ちょっとしたときのプレゼントにもなる。選んでもらえばオーラソーマ的に相手の心理状態を知ることも可能(に研究とともになる予定)

で、何がいいたいかってと、これがホナミのヤドリギに見えてしかたない。

ハイル!
Heil!
我が上にありし月の女神よ
Goddess of the moon above me!
月光とヤドリギの加護もて、北の災いを穿て!
With the blessings of the moonlight and the
mistletoe, strike the evil to the north!

モールスキンノートはつねにもちあるいてるので、そこからペンをさっと抜いて、呪文を唱えて投げたい!しかも、ばしっとそれがホナミのヤドリギのようにささってほしい!
12星座に照応する色のペンなので、カバラにのっとってケルト魔術をフィールドワークによってカバラで整理しなおして復活させることも可能。

ちなみに、ホナミとかヤドリギとかについてはこちらをどうぞ
http://jp.youtube.com/watch?v=OkIgFXd1LO8&feature=related
2:24秒くらいから、ホナミがその呪文唱えます。


こっちのほうがわかりやすい。3:00くらいからホナミがヤドリギ投げます。
http://jp.youtube.com/watch?v=ogNCKudCgSg
(4:40くらいから、アディリシアが五芒星をつかってソロモン王の魔術で魔神を呼び出します)

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 00:18:24 ID:lNzECO5Q
http://magick.m-0.jp/magica/%E5%8D%A0%E6%98%9F%E8%A1%93%E3%83%9A%E3%83%B3%EF%BC%92.jpg

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 00:42:15 ID:Ln3soQSd
なんていうかモールスキンがちょっとかわいそうな気もするが^^;

まぁ、大事に使ってやってくだしぁ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 11:24:19 ID:29mrQCU0
>12星座に照応する色のペンなので、カバラにのっとってケルト魔術をフィールドワークによってカバラで整理しなおして復活させることも可能。

ここにツッコミを入れる人はいないの?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 11:30:47 ID:kmDzQyDk
私自身は極めて合理的で有用な意見を書いているつもりだが。

僕忙しいからだれかホナミ中心にドルイドのケルト魔術を研究してまとめてほしい。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 13:06:53 ID:OlO00cLT
失われた古代祭儀をフィールドワークだけで復興できるという考えがそもそも間違っている
というか、現実を舐めている
それからレンタルマギカのアレはドルイドの魔術じゃないだろ
君はフィクションと実際に存在した魔術体系のどちらにウェイトを置いているの?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 13:25:49 ID:OlO00cLT
>君はフィクションと実際に存在した魔術体系のどちらにウェイトを置いているの?
ここがどういうスレであるかを考えれば明白なことだったな。
愚問だったよ。忘れてくれ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 15:54:09 ID:E1uze+Tt
フィクションの魔法陣は魔法円を模して、様々な文字情報が記されている(ことになっている)
けど、実際は何が書かれているんだろう。
いや、単にデザイン以外の意図はまったくないってわかっているんだ。
ただ、そのフィクションの世界の中で、魔法陣に書かれた文章はどんなものだったのかな、
っていう妄想にここ最近、とりつかれていてさ。
魔法円の文字情報ってのは、基本的にその魔法円のの規制を受けたり取り締まる側の霊
の名前や性質が記されている交通標識みたいなものが多いんだけど、魔法陣って、一種の
銃口(ヤマトの波動砲のようなイメージ)のように、なんらかのエネルギーや生命体が奔出
する間欠泉なんだよな。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 00:51:36 ID:sjh4sxRf
「なぜ、たったの50万パワーにも満たない、この私がかつて完璧超人を名乗れた
のかその理由をご覧いれよう!」
「カバラーマン!」
「上にあるものは下にあるもののごとし! 上にあるものとは! 大空!」
「そして下にあるものとは 剣山リングのことか――!」
「受けてみよ! エメラルドストラグル!」
「グアアーーッ!」
「大空にボディスラムを決めたと思ったその瞬間には、もう肘と首を決めてるのか」
「なにもない大空にあの巨体を叩きつけるもすごいが、驚くべきはその体勢から
瞬時に関節技を極める技術」
「悪魔霊術など超人ヘルメス学の粗雑な紛い物にすぎんということだ」

ぼくのかんがえた正義超人の巻

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 10:50:51 ID:DBBNf0/O
>>266-267
世の中はらせん状にめぐっている。時の流と技術の進歩により、過去のものを新しい形で復活できることはあるとおもう。
ドルイドの魔術に詳しいなら、ケルト魔術について教えて〜

ちなみに、ウェイトを置いているのは、現実の魔術に影響をうけたフィクション。両方にウェイトをおいている。

>>268 レンタルマギカは、実際に昔から使われてきた伝統的な僕らも読んでる資料にのってる魔方陣が使われてる。少なくともアディリシアのは。ホナミのはわからん。
鋼の錬金術師の練成陣なんかは、過去の錬金術資料をデフォルメしたものだ。昔の手書きの資料をもとに、とてもかっこよく美しく書き直してある。この練成陣が、どの図版を参考にしたってのがわかることがある。

>>269 何?戦隊もの??
僕も以前、カバラ理論の世界観の、カバリスティックモンスターってのを考えたことがあったが。
今ならそんなことよりも、ポケモンのタイプの元素や宮への照応とかのほうがよっぽど意味があるな。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 11:44:27 ID:VEghmH2g
鋼の錬金術師のopの図版
http://6.m-0.jp/images/renkin.jpg

参考に使われたとおもわれる図版
http://6.m-0.jp/images/img008.jpg

出典は『錬金術大全』という本 ガレス・ロバーツ著


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 12:50:49 ID:woHq98P1
このスレって稲葉君に賛同した人間が集まって作ったんでしょ?
なのに稲葉君に対して態度が冷たくないかい?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 16:54:16 ID:VEghmH2g
>>272
どうでもいいことにいちいち突っ込むなヴォケ!

そういうこというお前が一番迷惑だ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 20:49:40 ID:ZDnowAbo
トリップ付けていないから ID:VEghmH2gは偽稲葉だろ。
彼に成りすますのがどんどん上手になってきていますね。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 01:34:08 ID:bxxf7pLi

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     いきなり横から煽られてもな
. |     (__人__)      本物が すぐ上にいるのに
  |     ` ⌒´ノ       騙るバカはいないだろ…
.  |         }        常識的に考えて……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 08:44:19 ID:0jHBBvTG
ID:ZDnowAbo、首領に怒られて必死ww

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 14:06:31 ID:WFy/fp3H
>>270-271が既に偽者だろ?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 08:33:05 ID:Xidd3T1H
チベットと中国もたぶん魔術戦やってるんだと思う。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 19:49:52 ID:nWHNW8Ws
>>278
さすがに不謹慎だろ

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 12:51:36 ID:bcrrxRkQ
失礼しました。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 18:26:31 ID:6qG6HxHR
そういえば英国のブックメーカーでは
戦争に関することを扱うのは禁忌らしいが
今回のチベットの騒乱ではどうだろうな

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 21:09:05 ID:+xcTpWCp
ヒント:チャールズ皇太子がダライ・ラマ14世と会見の予定

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 18:56:37 ID:cppyFrRd
ペーパーラジオニクスに興味持って、web漁ってみたけど
ペーパーラジオニクスの本って何かないかしらん。
まあ、元になるラジオニクス自体がアレだからなあ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 22:04:25 ID:M/zc2q8g
>>283
ttp://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/490763806X/ref=dp_olp_2

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 21:43:51 ID:uf3ZLB/x
何で稲葉君はこっちのスレだけで満足しないの?
むしろこのスレにネタを投入して過疎化を防ぐべきじゃないの?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 02:48:33 ID:boe282Ub
いい加減、発言するたびに横道にそれていくのに嫌気が差したんじゃね?
確かに彼をからかいたくなったり、善導したくなる気持ちはわかるけどな。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 02:50:04 ID:boe282Ub
あと、言葉が全然通じない奴をみんな「稲葉君」にしてたら、
今、日本に「稲葉君」は何人いることになるんだ。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 12:25:56 ID:hGwZuaUL
2000万人くらい

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 20:13:07 ID:rjRmjCAC
言葉が通じないっていえば、
アスペルガーって増えてると思わない?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 21:16:15 ID:Zhe80456
非電源系ゲームやっている奴は大半がアスペルガーじゃねーかって疑っている
コミュニケーションを基盤とした娯楽のはずなのにね

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 01:09:04 ID:HKH1JudO
本スレでゲームやラノベから入った質問がくるたびに、お決まりの展開になるのにいい加減
うんざりしてきたから、そういう質問へのFAQテンプレ作った方がいいよな、と思った今日この頃。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 13:34:40 ID:8F0Tn0KA
本スレのスルー力が足りなさすぎると思うんだ…

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 19:50:49 ID:o+oRCYcQ
本スレ21th何でいきなり過去ログ倉庫行っちゃったの?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 22:49:37 ID:UQ0Zvs9P
ただの板の移転だと思うけど?
フツーのIEとかでもみれるしJaneでもみれる
あとギコナビだとファイル>移転検索じゃなかったっけ?
ほかの専ブラはシラネス

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 00:27:00 ID:ynCqeezR
bbstableがhobby10のままだから板情報更新してもダメなんだよね
運営が手直しするのを待つか、手動でhobby11に置換するかしてくだちい

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 02:37:10 ID:4Ja8umsm
嫌気がさしてしばらくきてなかったが。

ひとついっておく。

お前ら、占星術の研究をしろ。

それをしないと話にならん。


それがないなら、占星術無しで成り立つ有益な魔術の技法を教えてほしい。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 04:07:25 ID:/lLK4DA/
>>296
「占星術無しで成り立つ有益な魔術の技法」
山程あってどれから答えて良いのか良く判らん。

何をする時に必要な魔術について尋ねてるの?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 12:09:21 ID:cqH5hjUO
おいおい、こっちのスレまで「稲葉うぜぇ」とか言い出したら
本スレに来ちゃうだろうがよ
もっと優しくしてやれよ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 15:04:03 ID:e5KKaRQj
>>296
占星術と魔術は別個の体系なので、基本的に全ての魔術は占星術抜きで成立します。

トリップ付いていないから偽稲葉だろ、こいつ。
稲葉の特徴はよく掴んでいるけれど、もう少しデムパというか
自己矛盾した内容にしないと、すぐにバレるよ。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 19:43:28 ID:Dy6dWKZS
同感だ

ついでに稲葉君は、自分の思惟がそのまま他者の思惟として
採用されると信じているようなところがあるから

「お前ら」みたいな上から目線、あと
「皆様」みたいな下から目線は使わんだろうな


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 01:29:31 ID:P+NzkKc4
mixiでの投稿のタイミングから見て、本人だと思うが

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 05:48:28 ID:w2U3Hu9k
無粋な連中だな
稲葉君を本スレから追い出したんだから
ここは稲葉君の好きにさせてやれよ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 09:02:40 ID:7cxoyUlu
当人は同類が多く集まっているところで自論を披露したがってます

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 11:34:50 ID:NAs1Dcq6
>>303
×自論を披露したがっています
○自論を褒めてもらいたがっています

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 11:43:53 ID:bxQt4BiB
突っ込むところはもっとあるだろww

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 11:52:00 ID:NAs1Dcq6
何故、占星術無しでは魔術が成り立たないと彼が考えたのか、
その根拠にちょっと興味があるな。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 20:23:41 ID:UwpvD12f
魔方陣ってよくわかんないんだよ。
西洋のは魔方陣、東洋だとお札になるのかね?
日本で魔方陣は聞かないよな。八門遁甲なんていうのはあるが・・。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 22:13:52 ID:nI7yDRGM
東洋のお札に相当するものは西洋魔術ではタリスマンだと思うが。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:22:41 ID:YyzbgTVY
魔方陣なら3X3のものが中国にもあったはずだが。
確認しとくけど魔法円じゃなくて、魔方陣のことだよな?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:38:33 ID:XKAiOnIW
魔法円でも魔方陣でもなく、アニメや漫画、ラノベに出てくる「魔法陣」のことを
言っている可能性が高いと思う
そうでないなら本スレに行っているだろうし

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 00:19:26 ID:J6Rfu48m
もし、魔法陣のことを言ってるなら、魔法陣は文字情報がご飯で幾何学模様は
おかずだと思っとけば大体あってる。
読み取れない文字とか、ランダムな方向にジグザク走る線画もあるけど、それらも
なんらかの文字情報を暗号化したものだと思えばいい。
んで、文字情報の内容だけど、たいていは呼び出したい霊やその霊を制御するための
天使の名前だったり、神を賛美する文章だったりする。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 09:29:40 ID:J1dU456k
ヴぉルデモートは魔法名ですか?自分の名前をローマ字でばらして
魔法名つくってるひとはいますか?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 22:35:39 ID:YaQMlKOd
前者の質問に対しては「そうなんじゃないの?」
後者は「いるんじゃないの?」

つーか、魔法名は要するに魔術師としての名前であって、それ以上でも以下でもない。
このスレらしくゲームに例えると、RPGの主人公の名前つけるのと本質は同じだ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 14:27:23 ID:LE6rq4kU
でも真剣に悩んじゃうんだ

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 22:57:45 ID:6BMgpsu6
名前なんか記号に過ぎないとは言っても、
やはりDQNネームは子供の人格形成に望ましくないしな。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:13:23 ID:cGu+jmdM
なんの意味もない普通の英語の名前とか
でもいいんですかね?たとえば、クレイトン・トムとか(今
ググったら同じ名前の人見つけたけど。)

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:45:56 ID:XrIooCo+
好きにすれば?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:54:17 ID:cGu+jmdM
うん・・・それが、ずっと前にもうすでにクレイトン・トムっぽい
名前にしちゃったんだよね。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:59:14 ID:XrIooCo+
だから何?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:04:42 ID:cGu+jmdM
何でもないです
もういいです;ω;

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:05:37 ID:WLZ5pweN
えー大事だよー?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:19:00 ID:gaD3W6cK
ゲーム始める時に名前を適当に入力してクリアする頃に後悔するという話ですか

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:20:46 ID:cGu+jmdM
>>322
ぶってもいいですか;ω;

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 06:47:29 ID:h6a1VAjw
魔術名でやらかしちゃった人は知人関係にいないので、
その人がどんな思いで修業を続けるのかとか、
どうなっていくのかとか、少し興味あります。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 23:52:38 ID:McKhPz8b
魔法円と魔方陣はちがうのか?

>>311これはどうも。
魔法円も、それと同じような感じなのかね。
良く見る西洋魔法陣(魔法円)は
神話体系が元にある、精霊をよく使う魔法なのだな。

日本の場合は、古代の鬼道あたりの理論から来ているはずだか、方位ぐらいで、魔方陣みたいな技術はなさそうだね。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 00:43:45 ID:BEb8SVy/
素敵なくらい用語が混ざっているな

魔法円:術者の防護のために描かれる円。伝統魔術では必須

魔法陣:召喚(体系上、喚起であることはまずない)のポートとして使われる幾何学的模様

伝統的な魔術の場合、呼び出した存在から身を護るために自身の周りに障害をはる
対象は自由に動けるが術者の「力ある言葉」によって制限されてることが多いので
とにかく術者に害をなして式から解放されようとする
もし対象を意図的に閉じ込めたいのなら正三角形の中に呼び出す

ラノベ魔術の場合、召喚は一種の転送として扱われるので、転送装置としての魔法陣が
描かれている。また自身が魔法を使うときに現れる謎の発光現象としても描写される

魔方陣:タテヨコナナメどの列を加算しても同じ数になる、数学的な図形
不思議な(魔)四角形(方陣)という意味

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 11:19:51 ID:Li3Uj3mV
ゆとり教育だと数学の教科書から魔方陣が消えているのか?
混同している人間を見ると、どうもそうとしか思えないのだが。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 15:45:20 ID:umIwUxWN
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。
驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を
貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たった3分ですから、ためす価値ありです。


まず、ペンと、紙をご用意下さい。
先を読むと、願い事が叶わなくなります。


@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。

B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)

必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。

C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。

まだ、先を見てはいけませんよ!!

D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。

E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。この書き
込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピー
して貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、
貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当
たってませんか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 16:12:06 ID:kdJkZFJ9
ゲイなら同姓の名前でないといけないんだな

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/08(木) 22:55:52 ID:IBIB/TwL
>>326
説明ありがとう。

>>325
魔方陣は、字の変換違い。言っているのは魔法陣のこと。

魔法円が防御のマークとか結界
魔法陣が召喚の術か・・・

日本ではどっちかと言えばお札の技術なのかもね。


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 10:08:27 ID:haOrgLX2
いってる意味がわかりません

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 20:00:39 ID:jTRdfsxq
文体からして>>330は稲葉君だと思う

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 23:59:10 ID:cUoVb3c2
さすがに稲葉君は魔法円/魔法陣/魔方陣のつかいわけをしってるとおもう。



このスレではアミュレット、タリズマン、チャームの区別はどうなってるんだろう。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 12:23:33 ID:9doQiEKr
>>333
タリズマンとチャームくらいの区別はついてるんじゃないか?有名だし。
アミュレットはどうなってるかわからんが

335 :330:2008/05/12(月) 20:28:40 ID:HmXAp1Oq
知らんね。
小道具じゃないの?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 21:18:35 ID:sRFp/yzg
本スレでゆとりと名乗っていた奴だな、これは。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 22:14:20 ID:RsovAPCz
アミュレット:護符。魔術的な作用から身を護るためのもの

タリズマン:呪符。能動的に魔術的な力を発揮するもの
聖別のちに充念する

アミュレットが災厄などからの影響を遠ざける作用をもつのに対して
タリズマンはより積極的に目的達成のために働く。作成に関して
たずさわる象徴の力をこめる

チャーム:お守り。術者が儀式に関わってない

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/15(木) 19:55:33 ID:athwyP6W
瞑想してムーの状態になったらここに来なさい。

ムーとか魔法について考えるスレ その2
http://charm.bbs.thebbs.jp/1207320149/

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/15(木) 19:57:15 ID:athwyP6W
↑誤爆した。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 00:40:46 ID:bSDP6FCS
魔法円も魔方陣も日本語に転化するときにできた方言にすぎない。
これを分類している時点で実に愚か。



341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 01:08:09 ID:q22VxsSI
Magic Circle と Magic Square という英単語が存在することも知らないのか?
両者は全く別物だぞ。
魔術書ではない一般の辞書でもきちんと区別されている。

普通なら釣り確定でスルーなんだけど、ここって真性の馬鹿がいるからなぁ。
ラノベ魔術ってそこまで程度が低いのか?
大抵のラノベでも、魔法円と魔方陣は区別している筈だが。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 01:37:43 ID:bSDP6FCS
>>341
おまえの知識は英語どまり、元を辿ったことすらないようだな、

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 08:22:05 ID:kQpOfS1U
>>342>>340の一行目が気持ちいいほど矛盾している件について。

つーか、魔方陣は魔術と離れた分野でも一つのタームとして確立しているからなあ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 10:10:47 ID:ucBnyGGC
>>337
その俺様定義はどこからきたもの?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 10:14:59 ID:bSDP6FCS
>>343
全然矛盾していないよ、徐々に変化したものであって
お前の認知力に問題あり。
そもそもお前も起源すらしらないのか?


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 10:27:51 ID:JOamoTUC
魔法円と魔方陣は起源からして完全な別物だけど?
君はどこの平行宇宙からやってきたんだい?w

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 14:58:28 ID:JRgkkoLK
魔法円も魔方陣もマンダラも円の概念も四角の概念も
半島起源ということですね、わかります

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 15:50:39 ID:JRgkkoLK
魔法円の直接の起源はグリモワールに出てくる魔法の環だろう
ラテン語なら circulus
それ以前の形態については知らん

魔方陣はアグリッパが紹介した Kamea というやつだろ
Kamea の語源は知らんが知識自体はおそらくアラビア伝来のもの

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 22:50:11 ID:npAjzUbJ
稲葉君は知識の応用が間違っているだけで、
知識そのものは良く勉強していたんだと分かった。
>>345の馬鹿のお陰だよ。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 22:52:24 ID:kQpOfS1U
魔法円の仕組み知ってれば魔方陣とは別物だってわかるんだがな。
ラーメンとナルトはイコールじゃないぞ。別にナルトを入れなくてもラーメンは成立する。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 23:32:04 ID:1sJn4+Qw
ひたすらヤバイな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・危険しかない。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 23:33:04 ID:1sJn4+Qw
能力の使い方が問題だ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 23:42:34 ID:EY8qo/7l
魔法円だって儀式魔術と魔女術では機能が全く違うしな

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:51:04 ID:8cJs3Odl
>>349
その分かったことを説明してくれ。ネタじゃないだろうなw?

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 18:22:26 ID:WrpnO4ff
俺バカだから誰か説明して



誰と誰が戦ってるの?

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 18:44:08 ID:O2YfxC+D
                     彡彡二二三≡ミ-_ ミミ|ノノj )||ヽ, )、
                 __,,,,,,,,,/彡二二二    ,- __ミ|/ノ ノノノノ) ||
                -=二ミミミミ----==--'彡 ∠ミミ_ソノノノノ ノ
                  //>=''"二二=-'"_/   ノ''''')λ彡/
        ,,/ ̄''l       彡/-'''"" ̄-=彡彡/ ,,-''",,,,,,,ノ .彡''"
       (,  ,--(      彡 ,,-- ===彡彡彡"_,-_   ヽ Υ
       ヾ-( r'''''\    //=二二''''''彡ソ ̄ ∠__\ .\ソ  .|
         \;;;;  \   Ζ彡≡彡-'''',r-、>   l_"t。ミ\ノ,,r-v   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           \;;;;  \  彡""彡彡-//ヽ" ''''''"" ̄'''""(エア/  /
            \;;  \'''''')彡ヽ// | (tv   /|  , r_>'|  < みんな、一体、誰と戦っているんだ…!?
             \;;;  \'"  \ ,,"''-,,ノ,r-", /  r'''-, .j   \
               \;;;  \ /,,>--'''二"''' r-|   二'" /  __  \______
                \;;r'""彡_l:::::::::::::::::::::: /./_   " / ̄ ̄"===-,

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:32:25 ID:Pebdp+75
【魔法円】
秦の時代、始皇帝の焚書政策によって沢山の思想書が焼却されていくのを
嘆いた麻方円(ま・ほうえん)がその英知を費やし、ついに自らの思想、技術
をひとつの円のうちに幾何学模様を描いた文様で表現する特殊な記述法を
編み出し、ついには焚書を免れたという。
以後、名だたる道士達がこれに習い、自らの秘儀奥義を魔方陣の作成法を
利用した、この特殊な記述法で書き記したという。
なお、今の世において魔法円と魔方陣が同じ起源に発するという言は、この
逸話から来ているのは言うまでもない。
太公望書林刊『恋の魔法はアッチッチ』より抜粋

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:49:45 ID:bKOFo7Aa
魔法円はマヤ文化とかもあるよな。

魔法円とは言わないが占いの魔法円はいろんな名前で捨てるほど存在する。
それをまとめて魔法円だと言うのは実に無能だ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:58:57 ID:08zH7fQ2
じゃあ有能なあんたが別個の名称を付けてくれよwww

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:46:38 ID:+cX3FIk0
久しぶりにきたけど相変わらずだなぁ。

>>306
占星術なしでは魔術が成立しないと考えたのは、西洋魔術が基本的にカバラを機軸においているため。
カバラの照応物はそのほとんどが第一照応物である天体に付随する第二次以降の照応物になる。

魔法円と魔法陣の違いはわからん。
魔方陣は数字が並んでて縦横どこを足しても同じになるやつ。

>>309
中国のは九星。土星の魔方陣と同じ。

>>326のおかげで魔法陣と魔法円の違いがわかった。

アミュレットとタリズマンの違いも>>337のおかげでわかったけど、
最近よくわからないのが、召喚と喚起の違いがわからん。

レンタルマギカでは、アディリシアが喚起って言葉をつかってるね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:38:58 ID:joTiBlFG
だから君は一度きちんとした入門書を読みなさい

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:28:00 ID:b/ej2Myf
ペンタクルとかソロモン王の惑星の封印とか
円をベースにした魔術的図形を魔法円や魔法陣と呼んでるケースもあるが
そういうのは紛らわしいんだぜ

おれが思うに、魔法円にとって本質的なことは
図形としての形状や飾り付けられた象徴群ではなく
内と外を分かつ境界であるということ
五芒星追儺儀式はこれをアストラル的に形成する作業でもある

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:11:36 ID:7z4isiEz
>>361
面白いからこのまま様子見ようぜ

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:39:27 ID:TNaMCfVh
>>360
言いたいことはわかるが、起源を妄想するのと捏造するのとは全く違うだろ。
むしろ、こういうスレこそ、そういう妄想と捏造の区別に潔癖でないと自家中毒に陥ると思う。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:50:43 ID:xqNz9Kzg
召喚 invocation:高次の存在を己の内に呼び降ろすこと。杯の儀式

喚起 evocation:低次の存在を己の外に呼び出すこと。剣の儀式

GD系魔術では悪魔のような「諸力が均衡を欠いた状態」をより低位の霊として扱うため
召喚という呼び方をせず喚起と言う。召喚は術者自身を器としてその力を受けとるので
低俗な感情や欲望の渦の悪魔を召喚の儀式で呼び起こしてはならない
喚起では術者はその身を明け渡しはせず、身体の外に力を結像するので
望ましくない者を呼び起こすのに適している

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:17:00 ID:48n02G6T
召喚:法廷などに出頭を命ずること
召還:外交官などを呼び戻すこと
勧請:神仏を招くこと

日本語は正しく使いましょう( ・∀・)

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:38:26 ID:M6G7i8ag
>>366
あなたは魔女ですね?w

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:42:08 ID:JfJ8J8pE
またアニメかよとつっこまれそうだけど、ここはそれが趣旨のスレなので・・

アディリシアは喚起って言葉を使ってて、72のそれは魔神という扱いになってるね。

神といっても、やはり自分の外に呼び出している。

それを低次のものだとは考えていないと思う。

それにしても、そういう魔神や神、精霊とよばれる霊体って実在すると思う?
最近はそういうのはすべて人間の思考の世界のものだって結論で落ち着いてたけど、最近、竹炭やってる人の話なんかを聞いてると、実はそうでもないんじゃないかとまた思い出した。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:38:59 ID:qboYPQSo
俺は「人間のみ」の思考じゃなくて「生物全般」の思考から生まれたものじゃないかと妄想してる。
生物が普遍的に持ってる「敵」「捕食者」の概念から「悪魔」が生まれたのかな、と。
んで、人類が宗教を持つに至ってようやく「神」の概念が生まれたんじゃないか、と思った。

370 :おまいら起源も調べろよ:2008/05/21(水) 08:14:19 ID:knY2E+q4
魔法円に近いものは西洋に限らず、古来日本でも中国でも(沢山
陰陽道などや天文学の占い系が腐るほどある)、カゴメ門やその他の
太極図、先天図 、六芒星、五芒星、七芒星、八芒星等、ダビデの星
ソロモン王、曼荼羅、対極図、フトマニ図、六十四卦等
、羅盤、八卦鏡、八門遁甲、後天上位盤
アメリカネイティブインディアンのシャーマンが使う図
円形銅鏡なども同じ類とされている。
そして万物照応論やカバラ、数秘術、などの経路に深く関連している。
バベルの塔は沢山あり、その頂上で天使文字を通じて神の言葉を得る方法
として魔法円などが利用された話もある。

古来を考えれば世界あらゆるところに同じ占いから派生する神の類いから
何かを得るような儀式に必ずつかわれるのがこの魔法円の類いである。
学生がやる、コックリサンの儀式もこの魔方陣、魔法円の占いという
近似行為であるという話もある。
神も悪魔も古来はどこの起源でも同じ存在であって、全てが神、
偶像で表す崇拝が現れる以前の概念では世界そのものが神であるという
信仰があった罠。


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 08:23:58 ID:knY2E+q4
何かを定義して、それをモデルにした概念で繰り返し利用できる魔法円や
儀式の類いを正しい物とかそれが形式なものだと言うのはオカルトの話ではなく
科学の域だろう、オカルトに偶像も定義も神も悪魔もない。
それは現象を扱う技術であって占い(潜在する未知の物を知へ変換する)の
方法論であるだろ。カバラも数秘術もタロットカードも魔法円も魔方陣すら
何かを占う為の根本的オカルトの技術で形式論だけが先行し、
人は形式だけを伝授する。
オカルトを秘密的に扱うところは、形式的記録を否定する。
何故か?それは形式は中身を扱わないから、それは体験だけが与えてくれる
物を伝えられないから。記録には神秘的な体験は記録できない、形式的な
説明はできても、それを他人に伝えることはできない。
蝶が紫外線の花の色を見れるが人間にはできない。これは仮に蝶に頭脳があり
それを知的に表しても人間には体験できない色であるからだ。

オカルトをやるものは中身が重要、つまり体験を重要にすべきで、技術的な論争は
宗教戦争と同じ、カルト宗教の意味不明のあれらと同じだ。
形式的な意味など無意味そのものだ。儀式は体験してこそ意味がある。
過去のオカルトを歴史をすれば、多くのオカルトの達成者が行っているものは
体験そのものであって知的な形式論など関係の無い域にあるわけだ。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 08:34:24 ID:knY2E+q4
物事には観測できる意味と、潜在する隠された秘味、そして非意味の3つがある。
人には1つ目の意味しかわからない、2つ目は体感するなどで体験することは
可能である。3つ目は全くの混沌の域にある。
理屈だけでは1つ目しかわからない。2つ目の事象になりえる前の潜象は
起こる前の現象や、起こるべき事象への道にすぎない。
つまり起こらない場合もあるし、起こることもある。
何かが発動する前の1つ手前の状態だから、それを意味にしても意味になりえない
これは地震を予知するようなもの。
意味論に捕らわれる教育を受けたものは、この陳述可能な意味論だけを学業で
学び、体験して始めて分かる何か意味にならない何かを理解できないでいる。
これはほとんどの人がそうであり、生まれもって体感できる能力があるのに
誰も理論に切り上げ、理屈に合わないものは切り捨て、まるでアナログを
デジタルに変換するように余分な情報を非意味と切り捨てる。
これが現代の犯した科学という名の宗教である。
古来だれもでもやっていた、準意味の世界、つまり予兆や雰囲気、気配から
意味へ予測する能力を持っていた。その技術もオカルトの域に捨てるほどあった
だが誰もが科学的にしかオカルトの域のそれらを見ていない。
人類は古来の科学を超える超技術(オカルト技術)を理屈で否定している。
これは理屈ではない、反証できないから間違いではない、それは現象へ
たどり着く前の流れを読む極自然な心の情報処理にすぎない。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 18:45:55 ID:PXL0YZOR
魔法円と魔方陣は形が違うのみならず、そもそもカテゴリーが違うんだぜ

魔方陣、河図洛書、五岳真形図、マンダラ、ホロスコープ、
これらはみな「図」の類

魔法円は、儀式のための領域(聖域)を設定するための「道具立て」
何かの図の謂いではないよ(´Д`)y-・~~

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 20:08:48 ID:knY2E+q4
>魔法円と魔方陣は形が違うのみならず、そもそもカテゴリーが違うんだぜ
お前の個人的な定義はそれだけか、

大勢が自分なりの定義をそれぞれ主張するのはオカルト


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 21:38:50 ID:PXL0YZOR
>>373は定義を書いたつもりはないんだけどな・・・( ゚д゚)

とりあえずスタンダードかつ網羅的と思われる定義

魔方陣(Magic square, Kamea)
タテヨコの各行の和が等しくなるように数字を方形に配置したもの

魔法円(Magic circle)
儀式魔術において、物理的またはアストラル的に床や地面に描かれる、
人間が中に入れる程度に大きい円、またはその円によって区切られる空間のこと
術者を霊的に防護したり、霊的存在や諸力を呼び降ろすための聖域を画定する、
などの機能を果たす

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 22:06:57 ID:qboYPQSo
knY2E+q4の言いたいことは、まあ魔術的な意味では正論かも知れん。そういう考え方は嫌いじゃない。
でも、それって「科学」を無視すれば「科学」は消滅しますよ、と言っているに等しいんだよな。
魔術的に考えれば、そりゃ、主観を無視して客観とやらを絶対視する科学は無意味になるだろうさ。
でもな、個人の思考の裡にこもるなら主観も客観も区別する必要はないけど、その思考をいったん
掲示板なり会話なり論文なり、個人の外に出せば否が応でも他人の目に触れる、つまり客観という
ものが生まれるわけでな。
悟りだの神秘体験だのの最中では神と自己、もしくは世界と自己の境界がなくなる、つまり他人という
ものがなくなるんだろうが、目を開けて頭を冷やしてみれば他人はちゃーんと存在する。
もしかしたら、月を見ていない瞬間にはその月が存在していないかも知れないけど、世界のどこかで
誰かが必ず月を見ている。
「個人的な真理」と「客観的な事実」は区別というか、棲み分けが大事だと思うぜ。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 22:39:23 ID:zts1UEcp
コロン兄さんの魔術用語解説が地味に素敵

もっと聞きたいけど、なんかない?こういう微妙な用語の差異とか

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 23:07:05 ID:5Qibud9d
まぁ、ひとつ思ったのは、knY2E+q4さんががいってることを>>376があまり理解できていないらしいということ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 23:30:29 ID:qboYPQSo
そう茶化されてもなー。>>376の説明はかなりハショッてるわけだし。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 00:08:54 ID:Arb8LL0P
そもそもknY2E+q4が言ってる事自体に意味がないから
理解云々は無意味。

ルネッサンスまでは科学は魔術の一部であったので歴史的に見ても
観察−理論−検証−理論の修正−検証−(以下ループ)
という基本姿勢は科学も魔術も一緒。基本的には意味論ではなく実証論だ。

特に現代科学は魔術が捨てなかった「意味」を徹底的に
捨て去る事によって成立しているとも言える。

世界にも人間にも意味などありはしない。ただ存在するのみ。
物事に意味を見つける事が出来るのは個人の魂のみ。
個人の魂と世界を結びつけるのが魔術であって、「意味」を排除した魔術は最早魔術に非ず。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 00:53:10 ID:9npGFpy3
えーそういうのは本スレでやってよー

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 00:57:23 ID:P4ij616N
knY2E+q4はこんな感じのことを言ったと推測。

定義は無意味だお。形式なんか学んでも技術は学べないお。
というわけで、密教は最強だお。(密教は経験から学ぶんだお)
科学によって記述された世界は生きづらいお。
だから、魔術に期待するお。

密教にも口伝というものがあってだな…。
というか、結論は禅と同じなのに。
何だろ、この間違っている感。

そうか、技術を何も修めてないからか。
道元は唐まで禅を習いに行ったしな。

結論、魔術(オカルト)は学ぶもの。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 01:51:25 ID:dhKuKJ6J
>>382
その学んだ結果、何ができた?
それはお前本人が一番理解している。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 01:53:39 ID:dhKuKJ6J
ID:qboYPQSo
は自分はID:knY2E+q4より俺のほうが凄いと
何の根拠も無く(ry
はずかしすぎるよな。

科学とか持ち出すなら、ソースだせよ、お前の妄想などポエム板でやればいい

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 21:23:02 ID:utQvAMEv
>>383
>>382じゃないけどさ・・・

学んだ結果、自分が感じたこととか体験したことを整理して
より効率的な形で魔術として使えるようになるのが
「ごく普通の」魔術修行者じゃない?

学ばなくてもそれが整理した形で使えるのは天才。
そうでない普通の人にはそれは無理。

学んでも使えない、という人はやり方が悪いか魔術に向いていない
というだけの話でしょ。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 22:23:58 ID:ZV3aHBcv
dhKuKJ6Jは恐らく、bSDP6FCSであり、knY2E+q4なんだろうが
再反論しづらいレスばっかりしてくるな……
煽り目的でないなら、中傷の根拠ぐらい示そうぜ?
お前の妄想などポエム板でやればいい

唯一、再反論できそうな程度に文章が書かれている>>370-372への反論
>>376に対して「科学とか持ち出すなら、ソースだせよ」と書いてるが
科学を持ち出したのは>>371が先だ。
もしdhKuKJ6J=bSDP6FCSなら、自分の発言も覚えられない健忘症なら
議論ごっこする前に治しておけ、言質のやりとりはネット論争の基本だぞ。
まったくの別人なら、「はずかしい」と安易に中傷するのは控えておけ。
そんな安易な中傷をしてカウンターくらうより、相手の発言の不足や矛盾
をついた方がよっぽど煽れる。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 22:32:31 ID:ZV3aHBcv
で、ここで確認しときたいんだが。
bSDP6FCSから続く一連の発言の主旨は
「魔法円と魔方陣の起源は同一だから、区別する必要がない」
でいいんだよな?
途中で、話題がブレそうになってはいるが、結局のところ、それが一番言いたいように見えるんだが。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 22:41:44 ID:ZjmBWFDI
バーンアウト者が出始めた本スレを当面見限って
別室をいぢる輩が出始めたかf(^^;


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 22:43:08 ID:X0FJepBe
じゃあ魔方陣の上に立って儀式をして、円を描いた呪符に土星の力を込めるんですね

とてもよく効きそうですよね!

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 23:13:25 ID:P4ij616N
>>387
後半で体験を重視しろと要求するのに、370は、伝聞系。
これでは論理として通らないと思った。
そんなわけで、前半は後半のための導入だと考えた。
374からも、定義(形式)の無視を出張したいのだと思ったし。

>>383
答えにくいな。一応はこんな感じ。

魔術という文脈に入り込むことができた。
魔術師の扱う技術や思想の一旦に触れられた。
日常の視点とは異なる、魔術師、という視点を持つことが出来た。
読書や料理、音楽をより楽しめる(深く味わえる)ようになった。
これは、知識の増加(オタク的な)、魔術的技術の両方の作用から。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 13:20:52 ID:ESsmqd4c
>>390
何もできていないのを出来たとコジツケしているだけ

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 13:22:45 ID:ESsmqd4c
>>386
荒らしに反応しているお前も荒らしだ。カエレ!

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/24(土) 00:21:31 ID:52Bv3v7p
>>392
普通のスレなら、その通りなんだろうがな……
ここはスレの性質上(というか設立理念上)電波が来るのを拒めないんだわ。
俺が見たところ、彼自身に荒らしの自覚はない単なる電波野郎だと思った、だから相手したまで。
なんだが、やっぱり単なる荒らしかもね。迷惑かけてすまなかった。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/24(土) 03:50:06 ID:yQ12c6dg
>>391
イタイところつくな。
確かに、魔術を学んで身につけた技も、
魔術を利用して創りだした作品も見せてあげることはできない。
しかし、究極的に魔術を知る前と違うのも確かだね。

視覚化もオーラ視も四大意識の喚起も、魔術の技法は自分の生活に組む込まれている。
魔術師としての視点を知る前の立ち位置で、生活することはもうできない。
魔術的な心理(論理)法則があると知ったのは、やっぱりでかい。
仰々しすぎるかもしれないが、世界との関わり方が違ってくる。

技術的な部分も取り出すとするなら、
鮮やかな妄想が出来るようになるというのはけっこう大きい。
意識の流れを実感し整理した後では、自己の解釈や管理の仕方も違ってきてるし。
ラノベ的に言えば、魔力(エーテル)を読めるようにもなる。

納得できないかもしれないが、魔術という文脈も技術も確かにあることは事実。
だから、社会的な構造も歴史的な経緯も否定するような見解を、自分は支持できない。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 01:02:35 ID:H+9qtObU
魔力なんて無いとよく言われるけど、エーテルはあるよな。
エーテルの量が一定量を超えると、視覚化した像も動き出す。
視覚化する像の放つ圧力はエーテルの量によって増加する。
この意味でのエーテルは確かにあるよね。
それともこの認識は既に電波の域だろうか?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 01:13:21 ID:j7uQ/n4T
>>395
魔力とかいうとワケワカンネだけど
頭が回転してるときというか冴えている時と
似たようなものと考えればよくね?

チョコクッキーとコーヒーでMP15回復みたいな感じ。


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 01:35:14 ID:H+9qtObU
>>396
レスありがとう。
確かにその程度の考えで良いのかもね。
気力みたいなもの。

関係ないけど、魔術やった後は甘いもの飲み物が飲みたくなる。
どの本だったか忘れたけど、ワインを勧めているのも読んだ記憶があるし。
ワインは別な意味なのかもしれないが。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 02:04:50 ID:m/6gOmWl
>>393
ここを普通の板だと思っている時点で、おまえDQNじゃないのか?
痛いのはお前本人w

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 02:23:03 ID:Ke1Cm1Qo
俺は水分と糖分が欲しくなるな。
なんかそういうときに飲むドリンクのレシピとかないかな。
補気作用のあるクコや甘草をブレンドした蜂蜜酒とかあったら、注文してみたいかも。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 02:46:56 ID:axhjZ80V
エジプトの壁画を見ていると、標準的に、みんな、杖と、アンク状の握りを持っている。
あと、頭に、大きな構造物や、冠のようなものをつけている。
とても特徴的だ。
この人たちが、巨大石造神殿や、ピラミッドを、この格好で作ったのは、間違いないだろう・・・
これは・・・?

タカの頭の人は、複数いた。
ttp://www.flickr.com/photos/davidcharding/16111937/sizes/l/in/set-371082/
ttp://www.flickr.com/photos/shelbyroot/1165004540/sizes/o/in/set-72157601536456313/
これを見ると、タカや、犬の頭の人が、沢山いたことがわかる。

大体、動物の頭の人は、文明の一番重要な活動に、中心的な人物として、かかわっているように描かれている。
いっぱいの動物の頭の人が、いたようだ。(鷹、ワニ、ライオン(ヒョウ?)、犬、サギ、羊・・)

フリッカーから、いろいろな画像を、リンクしとく。
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216598683/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217353706/sizes/o/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/shelbyroot/1164774671/sizes/o/in/set-72157601530994812/
ttp://www.flickr.com/photos/ndalls/420996719/sizes/o/in/set-72157600130342996/
ttp://www.flickr.com/photos/davewell/899870093/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217386798/
ttp://www.flickr.com/photos/ancama_99/539594954/
ttp://www.flickr.com/photos/leonid_yaitsky/423176475/
ttp://www.flickr.com/photos/shelbyroot/1165440530/sizes/o/in/set-72157601537412917/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217382492/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217395188/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216597763/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/shelbyroot/1165189384/sizes/o/in/set-72157601536883273/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217417500/sizes/o/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/shelbyroot/1164944251/in/set-72157601531269516/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216623759/sizes/o/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/7741192@N03/2364507697/sizes/l/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216624475/sizes/o/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216602719/in/set-72157603786884730/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216596127
ttp://www.flickr.com/photos/7741192@N03/2364507689/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217419820/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2217390708/
ttp://www.flickr.com/photos/22490717@N02/2216686227/sizes/o/in/set-72157603786884730/

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 02:50:51 ID:axhjZ80V
一番上のリンクttp://www.flickr.com/photos/davidcharding/16111937/

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 10:28:22 ID:Crj2kmCX
うんうん。エジプト神話くらい勉強しておこうね

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 11:47:38 ID:ZnNvISmq
>>400はゴアウルド

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 23:03:59 ID:SWyUnKwd
>>400獣の頭の人が複数いるんだよ。

一応壁画の特徴
人の姿と、獣面の人の姿は、頭の獣形以外は、服装、体格などまったく同じ。
人の姿と、獣面の姿の人は、共通の持ち物(アンク、杖、冠、その他)を身につけている。序列がとくにあるように見えない。ある程度の決め事があるようだが、好き勝手に同種の持ち物を共有しているように見える。
動物(あるいは精霊)が、冠をつけている。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 23:53:43 ID:tRImIEW6
うんうん。神様の名前くらい覚えてあげてね

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 15:37:34 ID:jh9mWzZE
>>360はニセ稲葉
いくらなんでも魔術を数年間学習したはずの人間が
召喚と喚起の区別が付かないなんて事があるものかよ
レンタルマギカの話題を出せば稲葉君になりきれるとでも思っているのか?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 00:57:07 ID:ry4Lizk6
>>406
それは日本式のお前の主観。オカルトとは差別される意味がある。
つまりお前が差別対象


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 01:26:16 ID:wVXDRCao
区別と差別を混同するなんてお前はどこの国から来たんだよwwww

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 08:23:16 ID:ry4Lizk6
ID:wVXDRCao
ID:wVXDRCao
ID:wVXDRCao
ID:wVXDRCao
ID:wVXDRCao
ID:wVXDRCao
↑半島人

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 10:02:01 ID:RZd8pd9l
ただの電波スレになってきたな

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 13:21:13 ID:ry4Lizk6
だが、半島人は粘着して、スレの進行権利を主張したがる罠

主張したいなら、>>1が決めた規則に沿うべきだろうな。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 15:20:20 ID:Pa9tS0pH
電波ってやっぱり自分が電波だって自覚が無いんだな>>ID:ry4Lizk6

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 16:40:23 ID:ry4Lizk6
自覚がない奴にいわれても。。。。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 00:36:39 ID:WzuxBhbq
魔法円に関する自説を自信満々にぶったらメタクソにされて恥ずかしさの余り、
電波野郎から煽り屋さんに路線変更したんですね、わかります。

確かに「あれはわざとだよ! 釣りだよ! バーカ!」と誤魔化したくなりますよね。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 01:16:29 ID:P1OSOiEw
ここってラノベ・エロゲなんかの二次元創作作品についても語りあうスレですよね?
レンタルマギカは内容上話題に出るけど、あまり他の作品については出ないような。
例えばスレイヤーズあたりは、内容がRPG風で魔術自体は薄いからって理由もあるだろうけど
研究してみれば意外に深いかも・・・と思ったんですが。
変り種としてクトゥルフ神話なんかも独自性があっていいと思うんですけど、この流れだとスレチですかね?
他に別スレ立てたほうがいいのでしょうか・・・。


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 01:37:14 ID:ShkNF0kT
>>415
クトゥルー神話を好きな人は多いから取りあえず話を振ってみたら?
本場英国の魔術師もネクロノミコンを捏造したりして遊んでるよ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 01:39:03 ID:WzuxBhbq
いや、単にレンタルマギカ以外のフィクションを題材に振ってくる奴がいないだけ。
だから、気にしなくてOK。
つか、過疎スレで本来のスレ主旨に沿った話題があまり出ないのはよくあること。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 01:45:53 ID:HNbno8lH
スレイヤーズの作中の魔法は手順を踏んで高次存在に触れ、
それを介してアストラル界から物質界に干渉するというものなので、
システムだけ見るなら魔術とそう遠くない。

クトゥルフはケイオス魔術でやってる人たちがいるので、
>1をちゃんと適用するならスレチになるか?

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 03:33:25 ID:fzljbMdy
レンタルマビカしかしらない君が、1人でスレを俺の管理だと
思い込むのは(ry

実に(ry



420 :415:2008/05/28(水) 08:36:30 ID:P1OSOiEw
ありがとうございます。
正直、スレイヤーズとかクトゥフ神話、エロゲの方面しかあまり見てなくてスレチだったら
どうしようかな・・・と。(レンタルマギカは見てません・・・)
とりあえず時間があったら話を振らせていただきたいと思います。

スレイヤーズは418さんのようなシステムが好きなんですよねー。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 08:37:35 ID:xj2Ng3F3
このスレは稲葉君の好きにさせてやりなよ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 21:19:50 ID:WzuxBhbq
本スレだとレンタルマギカにはGDの誰かが関わっているという話だが、
どうにも読みたいという食指が伸びんのだよな。
そういや、よくわかる現代魔法の第一巻のディレクターズカット版が出た
らしいから、そっちの方に興味がある。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 21:45:21 ID:HbfEJsZg
>>405そんなことばかり言っているのは、自分の命をかけるには危ない態度だぜ・・

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 22:29:39 ID:NO65zbdY
>>422
それは奈良にあった魔術団体(GD魔術をメインにしていた)であって
GDとは組織的関係は無いはずだぞ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 08:36:15 ID:IJupahWd
レンタルマギカの為にできたスレであって、スレイヤーズなどほざくバカとか
キチガイは糞でもして不貞寝していろよ。
レンタルマギカ以外の魔術なんてありえないし、それ以外はアフォのやること

わかったな?

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 08:36:40 ID:IJupahWd
で、何人釣れるか

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 23:10:00 ID:WS4SDExj
>>426
あ、IDが「いじゅぱ」だって。ありがたやー

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 23:46:15 ID:Sb2pNMLG
ありがたやー(二匹目)。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 00:08:00 ID:rhDhTdPi
ありまたやー

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 01:57:51 ID:PnJbp7Dm
イラサリマケー

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 02:16:36 ID:4uVNcNm3
瞑想の準備段階として、呼吸を意識しながら妄念を消していく、ということをやってる。
小ごぼう星儀式等をまだやったことないみんなはどんな修行やってる?

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 23:13:43 ID:4uVNcNm3
えぃーどなぁぁいぃぃぃぃーーーーーー

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 23:33:44 ID:FBMPpvWF
http://magick.m-0.jp/magica/

ねえ稲葉く〜ん
全然更新されていないけど研究はどうなったの〜?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 23:38:14 ID:4uVNcNm3
ボク稲葉くんじゃないよ。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 01:44:10 ID:OQ/ZbzsX
このスレの常連だけど、いまだにレンタルマギカ読んだことがないんだよな。
下手に読むと、クソくっだらねー争いに巻き込まれそうでなあ……
ああいうの見てると、「レ(略)を経典にする連中」を批判したいっていうより、
単純に「稲葉君を馬鹿にするネタ」が欲しいだけって感じがしてなあ……

ところで、このスレの連中は魔術にとっての「フィクション」をどのレベルで扱ってる?
「経典」? 「参考書」? 「レシピ集」? 「ヒント集」?
俺自身は「ヒント集」としてみてるけど、それなりの覚悟があるなら「経典」扱いも可とは
思ってる。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 09:21:02 ID:OhaiFObW
>>435
レンタルマビカが正義みたいな奴は、実に痛いよな。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 12:00:54 ID:Ig1QxufB
>>435
いや、実際に稲葉君は馬鹿にされても仕方ないだろ、向こうでなら。
だから彼の安住の地としてこのスレが作られた訳で。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 23:30:54 ID:OQ/ZbzsX
問題は、怪しい奴に「稲葉君」というレッテル貼ってメデタシメデタシで締めくくってる所なんだがなあ。
邪道を嗜めるんじゃなくて、単純にフィクションと魔術を混同する奴はイタい、で終わってる。
たぶん、馬鹿にしてる奴の中には「魔術とか稲葉君とか知らないけどオカ板住人はイタいで決定w」
みたいなオカ板によくいる種類の奴も混じってる。
例えば本スレでグルグル信者が槍玉に挙げられてたけどちょっとでも魔術かじってたら、辞書的な知識
よりも内面的な体験の方が重要って知ってるもんだし、批判するにしてももう少し突っ込んだレベルに
なるはずだろう。
決して「稲葉君」のレッテル貼って終わりっておざなりなやり方でなくて。
邪道を嗜めるなら嗜めるでそれは重要なんだけど、一見の煽りと同じレベルってのがやるせないんだよな。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 01:10:57 ID:i8zY+8ft
>>438
同意。批判は強度を持っているべきだよね。じゃないと萎える。
でも、彼の姿勢にも幾つかの問題があったと、自分は思う。

一つ目は、最小単位を万物照応だと考えていたこと。
技術があって、それを結びつけるために照応が取られていることを理解してない。
言葉の段階で囚われていたよね。

二つ目は、魔術を学んではいなかったこと。
レンタルマギカを魔術的知識を用いて読み下していたよね。
魔術を学ぶためにレンタルマギカを利用していたのではなかった。
レンタルマギカに入り込むのではなく、手元に置くべきだった。
これは魔術書を熱心に読む人にも同じことが言えるけどね。

自分は、フィクションを利用する魔術師がいても良いと思う。
遊び心は極めて重要。しかし、それを技術と混同してはいけないと思う。

ガンダムを作っても良いけど、ミノフスキー粒子がとか言い出してはいけない。
元素霊を実践で見出してもいないのに、元素霊がとか言っちゃいけない。
知識と技術(事実)の境界には、注意する必要があると思う。
シニフィアンは常にシニフィエ(空想上ではない)と対応させる必要があるよね。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 01:50:17 ID:ocyIbduW
つまり435が糞でFA?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 02:57:31 ID:73yILW2p
暗黒物質とエーテルは同じものでしょうか?


442 :本当にあった怖くない名無し:2008/06/02(月) 17:39:12 ID:LPlhArAB
>>165
だから、「王国」に対する習得感覚を神話に基づいて説明してくれよ。
例えば、逆向き瞑想が一体何の役に立つかと云えば、無意識下に沈殿した感覚的に習得した事柄を意識化する意味合いがあったりするっしょ?
そういうがコメントに欲しい。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 18:16:26 ID:vhu6girh
誤爆してやんの ( ´,_ゝ`)プッ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 22:37:56 ID:zuOaZRyu
>>440みたいに、わかりやすいのばっかりだったら、どんなに対処が楽チンだろうか。

445 :本スレの170:2008/06/02(月) 22:57:33 ID:fYHU31U8
>>442
> 例えば、逆向き瞑想が一体何の役に立つかと云えば、無意識下に沈殿した感覚的に習得した事柄を意識化する意味合いがあったりするっしょ?

申し訳ないけど、↑を読んだら君は本スレの>>165が言うように
妙な小理屈をこね過ぎる傾向があると思う。
だって逆向き瞑想の最も重要なポイントが欠けているから。
(勿論、↑に書いているような効能もあるよ。)

もうちょっと虚心坦懐にありのままを観察するようにした方が良いと思うよ。
老婆心ながら。

446 :題「影の政府が駆使し続ける魔法」:2008/06/03(火) 16:00:44 ID:k2Slzz/c
「影の政府(シークレット・ガバメント)の日本人関係者・エー
ジェント」についての、独自情報HPは、7月8月頃になりそうですので、もうしばらくお
待ちください。先に、内容の一部が、飛鳥昭雄氏情報(NSA・NASA・JPL情報)に対しての「非科
学的中傷本」のスレッドに載っています。なお批判意見・批判サイトにより混乱
したり惑わされてしまっている方は、絶版ですが、「ロマン・サイエンスの世界」
(雷韻出版)が真相を知ることが出来必読です。5月現在、ログ倉庫内でなく普通にすぐ
読める飛鳥昭雄氏2chスレッドはいくつか存在しますが(NSA・NASA・JPL情報の信用を
落としめる情報操作を目的としたスレッド・記述もありますので十分ご注意ください)、
当方が掲示しましたタイトル「日本人の影の政府関係者(警察・自衛隊)」
「影の政府日本人関係者の人相」「影の政府の日本での今後の陰謀」
「「影の政府」による 長期の陰謀実例」「影の政府の日本人へのシナリオ」の
全てが載っているのは、その内の一つだけです。一部のタイトルしか載っていない
スレッドもありますのでご留意ください。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/04(水) 17:44:30 ID:Kjk8eULt
>だって逆向き瞑想の最も重要なポイントが欠けているから。
いうのは簡単、俺知っているもん。

だが表現能力の無いお前が発言できないのは別の理由がある。
長文になり日本語おkと煽られることを予測しているからだ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/04(水) 19:08:42 ID:oc1h2HoX
>>447
じゃあ表現力のある君がさっさと書けよw

>>442の内容じゃ「頑張ってちゃんと修行しているのは判るけど、
イマイチ要領を得ていない上に矮小化して捉えているな。」
と思われちゃうだろ。これは君の名誉の問題だぜ。

「感覚的に習得した事柄を意識化」というのは
一番重要な効果が得られた事の副産物の一つだってのは
判ってると思うから、まあ頑張って。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/04(水) 19:31:05 ID:7SRVaoR1
ラノベにもアニメにもゲームにも関わらない話題はご遠慮願います

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/04(水) 20:38:18 ID:Kjk8eULt
>ラノベ、漫画、エロゲ、疑似科学etc
>449
すこしは>>1をみたら?

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 12:16:29 ID:IdIDXHtd
あまり高度な話題になると稲葉君が来づらくなっちゃうだろwwwwwwwwwwwwwww

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 13:39:03 ID:6PfpZP3b
高度な話を矮小化するのが稲葉君の役目だろ

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 14:11:41 ID:H4NOLnUt
>>448
なんだシッタカ君だったのか、その程度だったら
口出しする以前の問題だろ

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 19:32:28 ID:WPuXSqeK
>>453
口出し以前なんて捨てゼリフ吐かずに、そのなんたるかを書いて
議論を継続すればいいだろ

455 :448:2008/06/05(木) 20:25:59 ID:3lc28C3/
>>453
俺がシッタカ君であっても、君が>>442で書いた事がショボイ
という事実は消せないよなw

見る人が見れば明らかに判る、というか君がいうところの
「シッタカ君」であっても判っちゃうレベル。

これでも一応期待はしてるんだぜ。
それなりにちゃんと修行をしていることは判るからな。
頑張ってくれよ。


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 22:19:50 ID:b3F6Ft+i
なんだ、おまいらそんなにシッタカが好きか

ttp://allabout.co.jp/gourmet/sanchoku/closeup/CU20060628A/


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 00:25:11 ID:/aCIo89f
うちの田舎で沢山とれるよ。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 01:45:11 ID:p+Y9V3xv
横槍だが、>>1の定義を拡大解釈して私見を披露するぐらいなら、ゲームや漫画の妄想を
厨ニ病患者のごとく垂れ流した方がいろいろやりやすいよ?
本スレでも支障なく話題にできそうな「まともな」ネタだと、だいたいの概念が魔術的に
こなれてしまっているから、それを話題にしている人がどのレベルで理解しているかって
いうのが感覚でわかっちゃうから、多少やりづらいところも多いと思うんだけど、サブカル
の単語は魔術的に全然こなれていないから、「足元をみられる」ことも少なくなるし。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 10:48:05 ID:l4cS69xS
また長文痛いクンがきたな。↑3行以内に汁

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 11:00:13 ID:l4cS69xS
>申し訳ないけど、↑を読んだら君は本スレの>>165が言うように
>妙な小理屈をこね過ぎる傾向があると思う。
>>165てURL出しただけで何も理屈すら(ry


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 23:24:13 ID:p+Y9V3xv

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   6行で長文扱いはないだろ・・・
     . |:::::::::::     |     常識的に考えて・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 23:32:39 ID:p+Y9V3xv
つか、そんな敵対的とも言えないレスに対しても煽り返してるな4cS69xSは。
このスレに何を要求してんの? 
論争吹っかけてるようにみえて論理が脆弱だし、喧嘩したいだけ?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 00:12:51 ID:bpq0uNPl
こいつ多分、魔方陣と魔法円の起源は同じだ!って叫んでた奴だろ。
わざわざ魔術関連も調べてるみたいだし、手の込んだ煽りだな。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 10:09:25 ID:6kIkwFVy
またレンタルマビカ厨が沸いてきた?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 10:21:19 ID:CthugiEW
稲葉君のブログは全然更新されませんね?
ラノベ魔術の研究wwwは進んでいないのですか?

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 22:55:47 ID:mrXS2OTk
↑がマビ厨の話題そらしに思えてしまって仕方がないんだが。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 23:30:28 ID:6kIkwFVy
またレンタルマビカ厨が沸いてきた?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 00:13:25 ID:aC8ShXgP
×レンタルマビカ
○レンタルマギカ

ワザとなのか本気で間違えているのか
判定に困るな

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 01:46:08 ID:60upgaJb
>>468
マギカとマビカは違うぐらいわかれ
勝手に同一と解釈するなよ、なにそれ的。
似ていれば同じだと何故思う?シッタカ君か?


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 11:42:29 ID:4vStRKsU
つまり>>469は既知外ということだな

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 20:06:36 ID:60upgaJb
でさ、レンタルマギカ も同じく消えてくれ。


472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 22:14:06 ID:YpFymGX6
つーか、このスレの趣旨を考えたら消えるべきなのはID:60upgaJbであることは確定的に明らか

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 23:14:10 ID:vhUuH/nq
>>472
激しく同意。
ID:60upgaJb消えて良し・
ついでに>>472お前も。


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/11(水) 23:29:12 ID:SH1KuUNJ
稲葉君専用スレなんだから他人が口を挟むことではないだろ

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 13:01:34 ID:h2yReYx/
稲葉君を特定するのは君だけ。過去発言みてもはっきり
そのバカさが目立つw

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 13:47:52 ID:egDfg+En
え?俺も稲葉くん特定ごっこやるよ?

「稲葉くん特定君」を特定し間違えたんだね(^-^)

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 15:40:45 ID:jBmTu/AQ
>>475は稲葉だろw ( ´,_ゝ`)プッ

478 :稲葉:2008/06/12(木) 17:35:57 ID:h2yReYx/
100人のっても大丈夫

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 00:30:14 ID:5AU+LFWf
ここは稲葉君ファンクラブスレだから、稲葉君を特定するのは「君だけ」って特定するのはナンセンスだな。
バカバカしいというのは同意だが。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 01:58:52 ID:6obqSMi8
ここは誰もが「稲葉君」になれる「住人全員が稲葉君だらけのスレ」だから
「オレだけは稲葉君じゃない」というのもナンセンスだな
こうやって書いてるうちに自分が誰よりも一番「稲葉君」な気がしてきたしw
きっと僕以外はみんな偽物の稲葉君だろうね

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 02:05:57 ID:I4ZPJkS+
”稲葉君”俺フィーバーなんだろうけど、
いつまでも続くもんじゃないよ、それは君の脳内だけの流行で。



482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 02:07:26 ID:I4ZPJkS+
つまり君のマイブームでFA

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 08:01:06 ID:hV5uOr2t
>>480
> 「住人全員が稲葉君だらけのスレ」

「住人全員が稲葉君のスレ」が正しいと思われ。

このスレに書き込んだ人間には自動的に「稲葉君」の称号が与えられ、
輝ける聖四文字「INBH」がアストラル体に半永久的に刻み込まれるのだ。

484 :名無しの稲葉君@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 12:33:51 ID:6obqSMi8
全員が稲葉君なので稲葉君さがしはこれにて永久終了。
これからは心おきなく魔術アヌメや魔術マンガの話をするべし

ちなみに次スレは
【住民全員】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 2th【稲葉君labo】

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 17:12:40 ID:I4ZPJkS+
マイブーム確定だな


486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 21:16:52 ID:jtf/0n08
さすがにスレタイに個人名は止めろよw

現行スレタイの意を汲んでやれって

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 00:06:03 ID:GYnKZXHT
>>484
痛いな、スレ乗っ取りが目的か?

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 00:22:42 ID:9TIIvZPw
乗っ取るほどの価値があるのか?
こんなとこ乗っ取って、なんかいいことが一つでもあるのか?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 11:31:11 ID:GYnKZXHT
>>488
彼の価値観は超えられない壁の向こうにあるので

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 21:53:24 ID:/YmD6IXu
じゃあしょうがない

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/15(日) 01:06:15 ID:syu30ADf
484なんて無視しておけばいいだけ。そんなことすらできない487って

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/15(日) 22:44:39 ID:BbYQ2goo
稲葉君のブログが久しぶりに更新されていたね

>ま、そのうち研究しよ。

って、いつもそればっかりだよね

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 00:39:43 ID:R5VtLaUx
思い込みを現実と勘違いし、現実が違うから現実のほうを思い込みに
あわせたいと考えるのってどうなのよ。
>>492

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 10:13:32 ID:KfyeoqFC
>思い込みを現実と勘違いし、現実が違うから現実のほうを思い込みに
>あわせたいと考えるのってどうなのよ。

それって稲葉君のことだよね?
心配して忠告する人達もかつてはいたけれど
もう皆さじを投げ出しているよね

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 02:26:32 ID:h5bYDrCk
>>493
稲葉君を召喚しちゃだめだめ


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 11:44:15 ID:l79Jj5S9
>>494
494=稲葉君本人。自己紹介まだ?

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 12:14:52 ID:YQ/gQPah
>>496
馬鹿乙。
このスレにいるのは全員稲葉君。

498 :(「山」アンタレスの天秤の両脇が四天王…と:2008/06/17(火) 13:49:53 ID:0PKCEpHG
  神話などによる裏打ちかけるから少し長くなるけど、
  こうしないと精確に思い出せないからカンベンして。
属性はイデアでいいと思うけど、日本にローカルな事情で
『美のイデア』であるBEAUTIFULや漢字の美の持ってる
達成(勝利など、到達や成功)の語義が(デフォルトでは)
日本では存在せず官能(感覚機能)に関連付けられてない。
日本以外の使用例は達成のイデアと訳し直せばそのまま
通用するけれども、一般的には「(狭義の)秩序」のイデア
で良いと思う。 (日本では近傍・焦点機能が連動しない。)
法(道理)に代表される属性だね。他には古代ギリシャ以降
真理と誤訳された正義、(力を含む広義の)善のイデアか。

仏教用語の空大(残り四つは啓示宗教初期用語にも採用)
=等価性の拡張にして形容詞類の機能を実現させる異同の
基本枠組であるイデアは↑の他に四種類あるけど、そのうち
一種類は残り四つの全てをその拡張として持つ純粋な抽象
である等価性(仏教用語の空(大)。≠無などの漢字の空;)
そのものだから、その拡張であるさっき上げた所属・所有型
=全体的統計的傾向性・ベクトル空間型:十二支(縁起)で
第九(戌=朱色)『有』に相当する型:(統計などで、隠れた)
独立次元軸として共感覚色平面に対して垂直=独立の成分
となろうとする因子(日本語なら「や行因子」)であり、全部に
対し部分が持つ等価性(全部への構成が等価性の完成)。

…日蓮版虚空会の八幡大菩薩、日蓮遺文集立正安国論
該当部分などによれば虚空会(古星座体系)のHERMIT
プロキュオン(こいぬ座〜ユニコーン座)の「きつね※」で、
三身如来=創出構成時公理(契約)の三項がそれぞれ
SUN‐TOWER‐TEMPERANCEだから数価変換して
タイプ#は7(200+80+60=340)処女宮の命名の
由来になった第二項のTOWER(十干タイプ#8:乙)が
『稲妻』と呼ばれる由来であると共にその語義「初」から
名を貰った、分離や計数・独立性や方向性の因子だな。
※多くの言語で「きつね」を表す語は「赤」、狩の名手=
ベクトル機能:投射=八幡・瀕死時は頭を故郷を向ける。

日本以外では「過来(過去)」、つまり成果である
太った家畜=漢字の美から振り返ったコストを
道理=道具の理である費用対効果で評価し、
順調な進行過程としてBEAUTIFULなどの
関連する形容詞類でも使うが、本来ならば
(湿=申=大小・MUCHタイプに対する)
戌=多少・MANY(少ない方が優れる)
タイプの数量評価尺度用の順序性や、
関連する(全部から)部分への特定、
日本語の「は」構文などを実現する
AND集合演算:PRIESTESSスピカ「女神の稲穂」

=持国天(タロットでは僧尼男女の四衆の別名を使う)
(チェックサムは7+200+10だから月タイプ1で、
  月天=巨蟹宮のアモン1+40+50と同じ枠。
  あちらはCHARIOTアルクトゥルスだけど)
…との関係による機能(=分離・所有・計数・
  離散距離=離為火=壬;正負問わない
  報酬分担割合引き受けという意味で
  責任=報酬〜廉の徳:「唯一性」)
の使用例の方がユニコーン神話などでも使われるれど、
十の基幹契約の第一(十干順=降順なら第九)でなく
十二の分岐契約の第五(だから緑=午)の天秤宮、
Lの起源のΛ:さそり座…須弥山「単一性」も重要

499 :ロウがゲーム的殺人鬼ならカオスはストーカーって感じ?:2008/06/17(火) 14:40:21 ID:0PKCEpHG
  …蛇足はさておき、稲葉ってメギドラ使いのまーくん?
  (女神異聞伝ペルソナに登場。ペルソナもシマシマ。)
  すぐにとても使えるが活躍パターンはそれだけ男。
  まーくん以外の稲葉君には関心がありません(ハルヒ風

蛇足に戻った:自在天=等価交換原理を前提とした
順序性による評価尺度は、因果応報=精神&心理の
世界の力学法則でもあるけれど、本来は相対性原理:
=空間などの等価交換型順序性(力学的な保存則)は
  力学法則そのものであり、あらゆる力学現象は全て
  対応する順序性を実現する方向・大きさ…の変化だ、
に対応する物理的な未来予測シミュレーション用の法則。
それを近縁・原因・結果・報酬=忠・力・善・情など精神・心理
世界の変化法則=学習系(情動系)にも使ってるだけだから、
それ自身は数量的な上下関係(白黒・明暗型の価値相互関係)
しか扱えない(良く言えば善良、悪く言えば統合失調症的な視野)。

(費用対効果等とは違うけど)因果応報=「等価交換」だから、
その影響力が実現するまではどんな原因でも無いのと同じだし、
その力=それによる変化の実現と共に対応する量を失っていって
その総てが消え失せて何も残らない、つまり統合失調症的な「神」、
いわゆる全知全能なんてのは当人の数量型上下関係以外の壊れた
=等価交換の破綻のチェックが出来てない=神としては雑魚であって、
恐怖(それも恐と怖の混同バージョン)の支配下の当人(達)の精神心理
世界以外には直接的には何の影響力も持たないんだけどそれにしたって
五行の水行=五大の風大としての=主に側頭葉で実現する機能としての
やれ考えが音や言語として読まれたとか幼稚な妄想=上下型関係構造情報
しか扱えない五行/五大属性神としては雑魚(大自在天)になぜ…ま、ぃぃゃ。

今はイデアによる三大属性。上記のはいわゆるカオス属性で、某作者に
正義のイデアを前提にした愛(本物のほうです※)や自由(これも本物)と
混同されて過剰な力を与えられた(えたーなるちゃんぴおんのことかー!)
ような大物ではないですが、何しろ認知系にとっては単純化そのものなので、
いろいろと楽が出来て(特に烏合の衆の間では)すっごくはびこりやすいです。
恐怖で等価交換という前提が壊れない限り力量などの尺度としては正しいしね。

感情(情動)などの徳(=善のイデア)のルールで善や力量などの価値を測れるのは
(小)自在天=等価交換(による順序性による評価尺度)のおかげだけど、その前提は
取捨選択の対象としての評価=「かわりがきくものとしての評価」だから、それが誰でも
忠義や権力や善や、そして何よりあらゆる感情(情動)は人間が人間に向けてはいけない
・・・っていう絶対のルール(人としての最低条件)があって、人が人を代用可能「物」として
扱ってしまえば、人を代用不可能なものとして扱うものなど何もなくなってしまうってこと。
愛情=捨愛=「感情(など)による『本物の愛※』の代用」は、他の三種類の代用と比べ
最も劣る代用だから、本物が必要で代わりがきかない場面でなくても、人が人に対し
その機能を適用した場合に使用者型を(特に愛に関し、偽物へと)腐敗させると共に
それを適用された=(本物の愛ではなく)愛情を向けられた相手の内面の世界を
ひどく荒廃させるんで、『カオスでは主体/特定/実体…性のない愛は厳禁』。

※愛など非上下順序型相互関係=五行の火行=五大の火大=人類最大の欠損系統。
残りの四つで代用したのが(価値の高い順に)慈愛・喜愛・悲愛・そして捨愛(=愛情等)

500 :これからおかいものですよー(家事手伝い:2008/06/17(火) 14:46:51 ID:0PKCEpHG
正義のイデアは略。めんどうになったから。正義の別名は特色。
評価尺度などの内部矛盾として実現される選択肢などの特色は
仏教においてはお互い争う関係で互いに相容れない善悪を持つ
(例えば、敵味方)組み合わせ、例えば鳥と竜などの組み合わせ
として登場する。 ドラゴンは大蛇であり竜王は魚の派生だけど、
仏教における竜と蛇との直接の対決はない(混同もまずないが)。
この辺りから選択肢の特色としての隣接・近所関係が見えるかも?

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 02:13:52 ID:tvUbvEg3
>>497
IDを必死に変えながら稲葉君を演じるのもいいが。君の反応はわかりやすいので
特定できるほどバレバレなんだよ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 14:04:45 ID:RPaAM+RY
やっぱり稲葉だ

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 15:33:48 ID:tvUbvEg3
>>502
稲葉発言しかできないデンパ君?

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 15:44:12 ID:M/UI/3ZF
稲葉君自体が電波みたいなもんだろ

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:40:16 ID:tvUbvEg3
デンパと電波を混同している(ry

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 10:28:38 ID:Z+Cen2em
>>505
どう違うの?

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 12:17:34 ID:nxiPswbG
>>506
デンパではなくて正しくは【デムパ】
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%87%E3%83%A0%E3%83%91&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

常人では計りしえない電波を生身で送受信出来る者のこと。
こうして送受信される非物理オーラを発生する物を言う。
電波ではなく「毒電波」だろ?

超能力者や魔術師には必須の能力であり。それを崇拝する興味本意なものや
単に知識として知りたい人は対象外である。

稲葉君が電波と中傷されるのは、超能力を持つ尊敬を意味すること。
常人が超能者を区別しているという解釈でもある。
>>506は板本意の超能力でもあるのか?それともタダの凡人?

凡人ならこの板から退散することをお勧め、悪魔が集まる板だからな

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 00:04:03 ID:ycl055eq
もしかしたら、ここは普通にフィクションと魔術を絡めるより、フィクションの魔術で採用されがちな原則
(等価交換とか)を否定するようなネタフリのがまともに動きそうだな。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 00:10:44 ID:Dlye0eHm
>>508
それは一理あるかもしれないけれど、このスレを立てた意義が無くなるだろ。
更に言えば、折角「彼」を隔離できたのに、本スレに戻ってこられたら困る。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 19:33:55 ID:xXFNiebp
>>509
"You-Know-Who"みたいでかっこいいなおいw


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 15:33:17 ID:9ebHaTm7
>>508
創作物のフィクションを趣味とする人と現実に魔術をやっている人とで
混ぜ合わせれば、まともな結果はでないと思われます。



512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 16:03:19 ID:nJmypqkQ
現実の魔術をフィクションに合わせるのが趣旨のこのスレでなんと言う無粋な発言を!

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 00:30:49 ID:wxu5PbI9
スレタイにlaboと入れてる時点で、そんな簡単にはまともな結果が出ないというのは百も承知だろうよ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 14:29:40 ID:RecV31OA
つーか、議論にすらなっていない件について

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 10:19:24 ID:okQ5Jaq0
「フィクションの魔術から現実の魔術にフィードバックできそうな有益な要素」
なんてものが碌に無いということだな、結論としては。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:40:56 ID:ORRRA4XS
結局www 現実の魔術を無視し、フィクションな魔術を現実の魔術のように
思い込むしかないんだろう。
まあフィクションで満足しているんだから、現実とは無関係という線引きが
できているわけだし(ry

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:43:43 ID:gch10sBY
>>516
魔術とは「現実とはなにか」を問うことでもあるのだから
現実の魔術、フィクションの魔術という線引きは無意味、
ということがわかってくるのは中級以上になってから

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 11:56:48 ID:Q/hmjZ7u
>現実の魔術、フィクションの魔術という線引きは無意味

中級以上の実践者の間でも、そういうのは電波か馬鹿と認識されます。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 13:59:37 ID:XzoE/bnk
>>518
ヴぁかを相手にするなよ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:26:32 ID:T7Tazzk7
ま、ここは馬鹿を馬鹿にしたい奴が語尾にwをつけるスレでしかないってことだな。
同じ2ちゃんでも、電波全開、馬鹿全開で豪快につっ走ってる気持ちのいい奴らもいるというのに、
魔術ってここまでつまらないものだったんだな。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:41:31 ID:T7Tazzk7
愚痴ついでに、嘲笑のことごとくが「フィクションの魔術」と特定してるのが気になるな。
ここは「フィクション→魔術」であって「フィクションの魔術→現実の魔術」ではないはずだが、
まあ意図的に範囲を狭めているんだろうな。
しかし、このスレが嘲笑で埋まるのは予想はしてたんだが、魔術にとって嘲笑ってここまで
ネガティブな概念だったっけか?

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:56:01 ID:T7Tazzk7
多分↓の一文がわざと誤読されそうなので追文。
>魔術ってここまでつまらないものだったんだな

つまらないっていうのは、「フィクション通りにならないなんて、つまらない!」
という意味ではなくて、電波の扱い、馬鹿の扱いのこと。
魔術師は電波の扱い、管理された愚かさの専門家と思っていたんだが、完全に勘違いしてたわ。
すくなくとも、2ちゃんの別のスレ住人のほうが、「表現された電波」の扱いは数段も上だわ。
勘違いしてた俺は一から真面目に修行しなおすことにするよ。


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:14:24 ID:/d/ui09Y
>ここは「フィクション→魔術」であって「フィクションの魔術→現実の魔術」ではないはずだが

>>515の意見に対して何か一言お願いします。
それから実際に「フィクションの魔術→現実の魔術」を志向し
「フィクション通りにならないなんて、つまらない!」というアホも
いた事をお忘れなく。
流石に、そういうのはフォローしようが無いだろ。

>魔術師は電波の扱い、管理された愚かさの専門家と思っていたんだが、完全に勘違いしてたわ。
まあ、それに気付けただけでも成長はあったのではないでしょうか?
貴方がどのような経緯でそのような勘違いに陥ったのか、少しばかり興味はありますが。

>すくなくとも、2ちゃんの別のスレ住人のほうが、「表現された電波」の扱いは数段も上だわ。
だから、最初からここは電波を扱うスレではありませんよ。
結果的に電波の巣窟になっていますけれど。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:19:00 ID:1cQHdVj9
>「フィクション通りにならないなんて、つまらない!」というアホも
ライトノベル厨の仕様ですなw

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:24:06 ID:LXDkRrII
実際の魔術→フィクションに反映→フィクションの描写を資料に

ってのは何の意味も無いよね。
稲葉君のブログの内容のことだけど。
それは情報の劣化だろ。
美味しんぼを参考書に調理師試験の勉強をするようなものだ。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 01:26:52 ID:LYJNKAy1
>>523
>>515については、最悪、この試みからまったく得るものがなかったとしても構わない、むしろ
そういう電波に対する態度をどれだけ柔軟に保てるか、の方が大事かな、と考えてたな。

〜というアホもいた事をお忘れなく。
「でも、オレは違うよ」と言いたかっただけで、まあ、このスレの空気から意図的に誤読する奴も
出てくるだろうし、そうなったらうざったいなあ、と。

>成長はあったのではないでしょうか
確かに、それがここでの一番の収穫ですな。嫌味抜きでそう思う。

>最初からここは電波を扱うスレではありませんよ
この点に関しては、勘違いしてるのは貴方では?
スレを立てた当初から、電波が溢れるだろうことは折込済みですし、そのようなことも度々言って
きたのですが。
まあ、「スレ内容を捩じ曲げて喧嘩ふっかける偽電波」を装った電波も出てきたんで、そういう
釘刺しも仕方ないよなと思いますが。

しっかし、ネガティブな気分の時に書き込むもんじゃないですな。
酔っ払いのどーでもいい戯言に反論してくれて感謝。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 10:26:54 ID:kfFi7ji+
と粘着しているのが自分こそ正論だと主張しております

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 10:40:18 ID:euUbnJQ7
>>515で結論が出てしまったので、もはや語ることなど何も無いだろ。
このスレの存在意義を完全否定することになるけど。
まあ本スレにサブカル経由で入ってきた勘違い初心者が来た時に
思い違いを正す為の隔離スレとして機能してくれれば有難い。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:16:54 ID:kfFi7ji+
>>528
激しく同意

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:37:35 ID:LYJNKAy1
>>527
いや、ある程度スレが回るようになった中盤以降は粘着といえる程書き込んじゃいないんだが……
ESP板にESPが多いのは仕方ないか。

>>528
ま、なんだかんだ言って、隔離スレとして機能してくれれば、俺もそれでいいや。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:14:22 ID:LYJNKAy1
というか。>>515で結論か……
単純にラノベ由来の魔術なんてスイーツ(笑)並に馬鹿らしくてwwwな奴が大多数を占めた
だけだと思うんだが。
俺はラノベに限定したわけじゃないけど、妙にラノベにこだわる奴が多かったな。
逆にそのラノベに対する嫌悪がどこから来ているのかが気になった。
ダイエットや禁煙してる人の中には、他人の喫煙や暴食がムカツく人もいるけど、その類かもな。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 03:27:29 ID:/NAPgre0
>>530
隔離された本人乙

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:04:13 ID:VN8si3je
問題は↑のように、「で、それがなにか?」としか答えられない米しかないってことなんだよな。
議論が成り立つには批判する側も必要なんだけど、ここまで否定派が大多数なのに実のところ、
批判のレベルまで行ってない、ただの中傷ばっかりなわけで。
例えば、「同じ厨ニ的内容なのになんで神話はよくてラノベはだめか」な事で長文書く奴が
一人ぐらいは出てもいいはずなんだよ。本当にラノベ厨がうっとうしいと思っているなら。
多分、このスレの中では肯定派であるはずの俺がラノベに一番厳しい意見を出せると思うよ。
ここは、不特定多数が書き込む匿名掲示板だから、面白半分でピンポンダッシュするだけの奴が
いてもいいとは思うけど、それしかいないっていうのはマズいだろ。魔術師的に考えて。

一行にまとめると
「電波ですが、何か?」って言ってるのに「やーい電波、電波w」と返されても、話は全然進まない。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:13:06 ID:X+6AvSJu
>>533

> 例えば、「同じ厨ニ的内容なのになんで神話はよくてラノベはだめか」な事で長文書く奴が

この程度の認識で

> 多分、このスレの中では肯定派であるはずの俺がラノベに一番厳しい意見を出せると思うよ。

ってな事を言える君の痴性に乾杯!



煽りはその辺にしておいて・・・

まずは「なんで神話はよくてラノベはだめか」を、君なりにきちんとまとめてご覧よ。
似たような考察は海外でも色々な魔術師がやってる。

これは、魔術的世界観の根幹に関わる最重要課題だから、
君がきちんとした意見を出せれば実のある議論は幾らでも出来るさ。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:29:43 ID:VN8si3je
>>534
ひとことでいうと「もうなにもかも('A`)マンドクセ」
実のところ、こうやって書き込む気力も涸れちゃってる。
第一、俺が気力振り絞って書いたとしても、実のある議論なんてできないだろうよ。
議論には批判する側が必要でな? 似たような考察が色々あるというのに、誰も
そういう意見を出さなかった、出そうという意志すらなかったのは確かなんだ。
ま、いいんじゃない? ここはラノベ厨と嫌ラノベ厨が罵りあう隔離スレってことで。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:46:04 ID:VN8si3je
本当に、気分が滅入ってるときは書き込むもんじゃないな……
X+6AvSJuさん、俺のしょーもねー愚痴に付き合わせちゃって、ごめん。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:49:17 ID:YNF9Jihd
稲葉君のブログは全然更新されないね。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:58:42 ID:X+6AvSJu
>>535
まあ、それだけで本が1冊書けるぐらいの難しいテーマだから、
簡単に書けないというのはあるよね>「なんで神話はよくてラノベはだめか」

俺も以前にちょこっと書いてみたけど、落としどころが見えなくなったので
未完成のまま放っている。


「ラノベはだめ」じゃないんだけど、ラノベの細部に拘ると駄目なんだよな。
特に現実の魔術の本筋を阻害するような事に拘るのがね。

でも此処は、そういうところに普通の魔術師とは一味違う拘りをもつ人達
のスレッドで良いのかもな。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 01:02:57 ID:VN8si3je
>ラノベの細部に拘ると駄目
そうなんだよな。御伽噺や神話、伝説なんか二行で済む話がごろごろあるのに
逆にそういうシンプルな話の方が力を持っていたりするしな。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 09:23:27 ID:GHNjG5Ps
世界の創生なんか一言だしねぇ・・・

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 23:58:17 ID:v63YnV8N
>>540
オカルト的にはそれで正しい答え。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 02:57:34 ID:5/gJ52LY
レス数からみるに、本スレも微妙に落ち着いてきた感がする。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 22:44:33 ID:hfGjxCSy
隔離スレ保守

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 00:43:24 ID:a+RhRDCn
つか過疎だねぇ・・・(,, ゚×゚)

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 09:36:23 ID:RNVzLvzc
>>543
有意義な話は混沌スレに移って、本家が電波の隔離スレ状態だからw

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:26:20 ID:wlTTdnqH
しっかしなー、本スレで自重して時間が経った後に横槍で煽られるとは思わなんだ。
いや、こっちが煽りに釣られたのが一番悪いんだが、釈然としないな……

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 20:22:18 ID:5L0QHdLv
二代目アヒャ様は、なーんか空回りしてるというか、一度鎮まった話題を掘り返すというか、
とにかくスルースキルがないのに、まとめ役を買って出てるからどうも見てられない。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 18:11:12 ID:SnMP0/Oh
スルースキル=荒らし

これに気がつかないのが荒らしの本体なんだよね

自分が正論だと勘違いしている、それは自分が正義で他は正義じゃない
愚かしい考えかた。


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 20:10:31 ID:QOPEdlw8
もうあそこは実質的に「新・魔術系小デムパ」だろ
こっちはその残り滓だけど

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 07:52:11 ID:FvDgMe5R
また向こうはしょうがないことで伸びてるなと思ったら、妙な展開になってたよ。
ネトウヨはウザいだけで済むけど、ガチのサヨはそういうの通り越して怖いわ。
「今上天皇の呼称でそんな分類できるって初めて知ったよ」とか
「そもそも世界でみても国民の概念って近代からの発明じゃね?」とか
横から突っ込みたかったけどできなかった。もう終わった話を蒸し返せないとか、
9Ubd8z770扱いされるとか関係なしに、なんか触れたくないよ。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 08:21:29 ID:YQYYn+Zg
個人主義=リベラル=左翼=サヨクと勘違いしている人間が多いからな、この業界。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 11:56:27 ID:b8BtU0xU
右翼であろうと左翼であろうと問題は無いよ。普通の国ならな。
日本の左翼が問題なのは、国益を損なうことを善だと信じて疑わないって所。

つー訳で、売国奴を呪殺する作業に戻ります (`・ω・´)ヾ

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 00:16:49 ID:aXgPApWO
本スレ、売国反日サヨクが痛々しいな・・・

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:00:20 ID:FWmhvvi1
万博後にいったん中国のバブルははじけるだろう。
その影響は、もちろん日本も受ける。
その不況の回復後、中国の高度成長は終わる。だが、いったん完成した沿岸の経済は保持される。
この状態で、日本は引き続き付き合いを続けるしかない。
この頃には、おそらくモラル面でも技術面でも、日本に追いついている。
気になるのは、貧富の拡大だな。
自治区はいずれ、中央政府にとって重荷になる。
これによって、俺はチベット独立は夢ではないと思ってる。

毒餃子事件は問題だが、かつての日本も経験したこと。ヒ素粉ミルク事件、PCB食油事件・・・
中国を見るなら、大人の目で見なけりゃならん。


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:01:53 ID:FWmhvvi1
地理的に近い。これは商売人にとっては、非常に大きいのよ。
君がいくら中国を嫌ったって、どうにもならないの。
中国に進出した3万社の日本企業の投資金を取り戻す方法を、君は提示できるのか?
日本最大の貿易相手国というつながりを、具体的にどうやって断ち切って、そこから生じる莫大な損害をどうやって補うのか? 君は具体的に提示できるのか?
中国と日本の産業の共同作業を、具体的にどうやって解消して、そこから生じる莫大な損害をどうするか、君は提示できるのか?

子供みたく感情的に嫌うのは簡単だ。
だが、大人と言うのは責任というものをもたなければならん。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:03:22 ID:FWmhvvi1
チャナフリーというのは、BSEやアレルゲンやトランス脂肪酸に比べれば、さして深刻視されてないのが現状なんだ。
君が食べてるスナックにもカップ麺にも菓子パンにも、中国製品を完全除去したら、作れなくなってしまうのが現状なんだ。
産業や経済の関係を断ち切るのは簡単じゃあない。
世界は見捨てたくても、見捨てることは出来ないんだよ。中国を切り捨てたら、自分に跳ね返ってくるからな。
これが「現実」だ。
だから、中国に厳しく「抗議」するんだ。
こうなると、中国は信頼回復に動かざるを得ない。
それで、中国は凄いスピードで「変化」している。


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:03:59 ID:FWmhvvi1
終わったと思ってたら続いてたのね・・・
JRが嫌いだからといって電車を使わないわけには行かない。ゲイツが嫌いだからと言ってPC屋はWin用ソフトを扱わないわけには行かない。
俺だって中共は好かないが、商売人は現実主義者じゃないとやってゆけないからな。

毒餃子にしてみて、中国政府の対処は、官僚社会主義の悪癖たっぷりで、モラルも発展途上だ。
それは認める。
だが、進歩はしてるのよ。
言っちゃなんだが、江沢民時代だったら、そもそも事件の存在すら認めなかったろ。
国内での事故発生、(形式的にしても)日中共同捜査を立ち上げたにしても、江沢民時代以前の中国を知ってる者から見れば、凄まじい進歩なんだwww
ま、俺たちから見れば、「情けない進歩」かもしれんが、発展というのは、そういうもんだ。

チベット独立だってそうなんだよ。
外野の俺たちは無責任に「中国を憎め憎め」と煽ることは出来る。
だがチベット人は独立後のことも考えなければならない。
日本以上に、中国と経済、産業が結びついてしまったチベットは独立するにしても、中央アジア諸国やバルト三国とロシアにように、関係を続けなければ生きては行けないんだ。
ダライ・ラマ14世が、盲目的な中国憎悪を戒め、対話を求めるのは、チベットが中近東のようになるのを防止するだけではない。
独立後のことを考えての長期的なビジョンに基づいての戦略なのよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:04:35 ID:FWmhvvi1
俺に対して具体的な反論は無いようだから、続けさせてもらうがな。
俺の主張の要点は、そんなに難しいことじゃない。
日本の将来と幸福を真面目に考えるなら、「盲目的憎悪」は何の益にもならんし、かえって障害になるだけってこと。
政治を語るなら、人権や軍事ももちろん大切だが、経済や産業を抜きにはできんよってことなのよ。

もう一つ、大事なことを。
外野の俺達は、PCのモニターの前に居て、実際にチベットに居るわけじゃない。
それで、ついつい無責任になりがちだ。
ここで無責任に「中国を憎め憎め」と扇動するのは簡単だ。
しかし、中国とことを構えて、実際に傷つき、命を落とすのはチベット人なんだ。
本当にチベット人のことを考えているのなら、うかつなことは言えないはずだ。
ダライ・ラマ14世はチベット人の命を本気で大切に考えているから、憎悪を戒め、対話で解決しようとしている。
先にも書いたが、チベット独立は決して夢ではない。彼の判断は最良の方法だ。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:08:14 ID:FWmhvvi1
>>554-558
これらのどこが売国でサヨクなんだろう?
「中共は嫌い」と明言して、現実主義の視点から国益のための保守的な外交戦術を述べてるだけじゃん。
チベットに関しても、チベット人の身になって考えてるじゃん。
特に>>555の突っ込みに答えられた奴は一人も居ないじゃん。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:10:39 ID:FWmhvvi1
ネトウヨは感情論ばかりで、ぜんぜん現実的じゃない。
だからバカにされるんだよ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:45:24 ID:O2fkjMGG
大体70年代ならいざ知らず、サヨクだウヨクだってアフォですか?
頭がヘンなの?ばかなの?しぬの?

変態新聞騒動やらチベット問題で露見したけど、右やら左やらは
権益が無いと動かない在とかBの仮面だよね?
ブームのときならいざ知らず、今の魔術にそんな利権はありませんよw

気に入らない事があるなら日記にでも書けばいいのにw


562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 11:08:56 ID:oNDU0wwf
感情論で語っていたのってサヨクの方じゃね?
中国側にどんな問題があっても他の国との貿易に乗り換えることは許しません!
とヒステリックに喚いているだけじゃん

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 15:31:59 ID:x74FXR40
>>562
だから>>555に「具体的に」答えなさい。
地理、交通、通信、工場などの産業形態、流通体制、運輸体制、資金、投資、人材育成、信頼関係、これらについて長年かけて作り上げたものを破壊し、最初からつくりなおすわけだけど。
「中国ムカつく」という感情論で貿易やめて、日本の経済も産業も壊滅して、国民が餓死しちゃったら、愚行もいいとこでしょ?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 17:29:40 ID:BUpKYFB2
既に投入した資金や労力が勿体無いので逃げたくても逃げられません、ということ?
自業自得って奴だなw
まともな経営者は既に別の国に移転しているよ
逃げ遅れた馬鹿がどうなろうと知ったことかね

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 17:48:33 ID:x74FXR40
>>564
名だたる大企業が残ってるんだけどねえ。
というか引き上げは出来ないの。物理的に。

人ごとみたいに言ってるけどね。今現在進出中の3万社の会社が、投資金を回収できなくなったら、
日本の経済は大変なことになってしまうの。
ましてや、貿易をやめたら、壊滅する。
君も餓死者の一人になるの。
分かってる?

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 17:58:02 ID:BUpKYFB2
>>565
ああ、投資金回収不可能は確定していますから
どの道おしまいですねw

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 18:03:14 ID:x74FXR40
>>566
 あのねえ、坊や。日本企業で引き上げてる会社の数が増えてるけど、これは「淘汰」が起こってるだけなの。
進出企業の勝ち組の会社は、既に中国沿岸の経済・産業の一部分になり、ちゃんと収益もあげてるんだよ。

>ああ、投資金回収不可能は確定していますから
>どの道おしまいですねw


 ああ、やっぱりねえ。 >>555に答えられないんじゃなく、本当は分かってたわけだ。
 「そんなことは不可能」だということは。

 日本が壊滅することを「どの道おしまいですねw 」などと、「w」で笑う君のほうが、売国奴じゃないのか?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 18:11:29 ID:x74FXR40
 って、本家スレで注意された。
 この間抜けな口喧嘩からは離脱する。

 確かにそうだ。
 坊やがどう思おうと、日本企業は中国で商売を続けるし、貿易も続ける。
 政治家たちは、中国との駆け引きやパワーゲームを続けるね。
 
 

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:16:38 ID:BUpKYFB2
サヨクノ奴はこれをみても中国を擁護するのか!
ttp://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/b/0/b00f1635.jpg

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 20:42:07 ID:xAWGEhEE
  / ̄\   _ __
     _ V´      `ヽ、
   /    ヽ. \    \
  / / // / /|  l     ヾ7ヽ、 >>569
  レ{ / l| ! l l|  |_   ヽ }Y7、
   V { 「Tナトt|  |__ _ ̄  ー }ソヽ    ふん、
   _ノ` フハTヽ |   |ー- ニ = }人ノ     くだらん!
   ヽ   ̄ ´ |  |へー‐= -ノンY
    }ヽ      |  |ソノニ二ンート'
    !     |  |´-ニ ベー'_
    `ー┬┐  |!  |ニ´不ヽ、\\___
      レ上.ニ|ト、 |イ´ |_ \\ \_フ_ ___ ,
       7/  リ ソ L_   ̄ \\_/ー-- ―┴ァ
     / ̄` ¬  lL   ̄}_   ` ー― ‐ -- ―'
     r〈_ <フ/  `う)   L_   
   /    ̄TY    ヾ、   ヽ


571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 20:43:25 ID:D7okUjbY
邪神モッコスで免疫が出来たから ま た 中 国 か でおしまい

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 23:22:03 ID:d5STD6qt
地蔵菩薩は、777でどこに照応するでしょうか?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 10:32:54 ID:2f5Sgr0t
Wikiqabala計画に向けて。

地蔵菩薩
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9

大地に関する神という解釈もできるが。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 11:33:56 ID:WeZ2rarj
地蔵菩薩なら真っ先にピックアップすべきは「救済者」という側面だろ
つーか、全く別の宗教の神格が完全に=で対応するって前提が間違いだよ
777なんてこじつけばっかりなんだから好きにすればいいじゃん
あれを「宇宙の真理」と勘違いしている原理主義者もいるけど
パラノイア的な連想ゲームでしかないだろ所詮は

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 16:31:40 ID:CrmhsN3g
>>574
エリアーデの本に書いてあるようにインド・ヨーロッパ語族の諸宗教の
神話には緩い関連性があるから、777のような試みは100%こじつけ
とは言えないよ。

勿論、アレを真理と考える奴は単なる馬鹿だけどな。
エリアーデの本もインド・ヨーロッパ語族以外の話になると
とたんにキレが悪くなる。

地蔵菩薩のどの属性を考慮するのかは、「地蔵菩薩を何の為に利用するか?」
という事によるから正解はないんだけど、一つの考え方として、
地獄の管理者という一面をハデスと関連させるのもありだと思う。
(閻魔大王の本体という事で)
これだと大地との関連も付け易いんじゃないかな。


576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/26(火) 14:00:58 ID:xPXn59Cj
Wikiqabala計画の目的のひとつは、真言密教の体系を32のセフィラの上に配属して整理するだけのこと。
クロウリーも、照応物がそのセフィラの性質そのものだと思ってはならない的なことをどこかで書いてたと思う。
真に知るべきは、その照応物の本質のほうであると。ゆえに、私たちはこの計画によって、真言密教の魔術体系をカバラの上にまとめ、使いやすくすることでその新しい意味と配属を発見し、各仏格の適切な意味を開発し、見つけることにある。
カバラ上の新しい真言密教を開発するため。

各仏格は、最強の魔法システムと聞いている真言密教のもの、真言に関するものを重視する。

クシティ・ガルバすなわち、大地胎内。意訳して地蔵。

真言:オン カ カ カ ビサンマエイ ソワカ
意訳:AUM(聖なる音) ハ ハ ハ(恐ろしい大笑い) 希有なるものよ スヴァーハー(成就せよ)

子供の守り神としての地蔵菩薩は、かに座の配属か。パワーストーンとしてのコラールがこれらに従属する配属としてしっくりくるように思う。
大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包みこみ、救う菩薩。
女性的な仏格に思えるが、性別についての情報なし。

>>575 お地蔵さんを地獄の管理者として冥王星に配属・・・・
>日本においては、浄土信仰が普及した平安時代以降、極楽浄土に往生のかなわない衆生は、必ず地獄へ堕ちるものという信仰が強まり、地蔵に対して、地獄における責め苦からの救済を欣求するようになった。(Wikipedia)

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/26(火) 14:01:17 ID:xPXn59Cj
詳細を調べる必要がありそうだけど、簡単に冥王星ってするとお地蔵様のイメージが・・。

>中国においては、地蔵菩薩は十王思想と結びついて地藏王菩薩とも呼ばれ、冥界の教主としても信仰される。
>閻魔王として死者を裁くことから、主に死後の(地獄からの)救済を願って信仰される。
>日本の神奈川県横浜市中区にも、華僑によって建立された死者の永眠を祀る地藏王廟(中華義荘)がある。(Wikipedeia)
こういうことか・・・

六地蔵あたりになると、6つのそれぞれすべてに別の配属がありそう。

他にも、いぼとり地蔵として、医学のいて座に照応・・・

まぁ、これらはすべて松村流に言えばお地蔵さまというひとつのコスモスの中でのオクターブの話。

お地蔵さま全体に対して、そのベストな配属先をある程度はっきりさせておく必要がある。
同時に、AUMカカカビザンマエイスヴァーハーという真言が、これらすべての地蔵に適用可能かということについても考察したほうがいいかもしれない。
> ・しかし我々は<生命の樹>のことを先験的に知っているなどとは思ってはいけない。我々が探求すべき中心的真理は,他ならぬこれらの象徴それ自体の本質である。
>我々の作業の目的,実のところ,各象徴の本質と力を発見することにある。我々は,各根本概念の数学的裸体に,すべての思想部門に対応する色とりどりの着物を着せてやらなければならないのだ。(777より)

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/26(火) 14:05:53 ID:xPXn59Cj
>>575 エリアーデの本ってのについて、詳細を教えていただければうれしいです。題名とか。

現時点で私が思っている真言の効果は、集中すること。同じ一定の意味としての力のベクトルをもった真言を繰り返し唱えることによって、人の意識をそこにあわせる。
集中力を高め、その効果をはっきするのではないか?と。

その集中するという意味では、すべての地蔵菩薩にAUMカカカビザンマエイスヴァーハーという真言を適用できるかもしれない。
または、各地蔵菩薩の異なる仏格に文字列としては同じAUMカカカビザンマエイスヴァーハーを唱え、その音の高さなどで、オクターブ別の意味づけを合わせることも可能かもしれない。

各星座宮の召還にあわせ、ペンの色を変えるように。

とりあえず、そこまで研究が進むまでは、すべてにAUMカカカビザンマエイスヴァーハーを適用するのが無難に思う。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/26(火) 19:28:45 ID:qCmJ1Idb
>>578
http://www.amazon.co.jp/dp/4480085610/

エリアーデの「世界宗教史」はこの手の話をする際の必須文献なので、
昼飯と晩飯を削ってでも全巻揃えるべき。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/28(木) 13:40:08 ID:kFr5AEmE
今、『宮崎アニメの暗号』って本を読んでるけど、
宮崎アニメの中に隠された五行思想とかについて書いてある。

ライトマの研究分野としてはよさげだね。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/28(木) 21:44:54 ID:UTGImWw6
宮崎アニメは、もののけが出てくるものが多い。
トトロもトロルだからそうだし。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/03(水) 23:50:17 ID:JnA0ie7L
混沌スレはすっかり雰囲気変わってしまったな。ま、それも混沌らしいといえばらしいんだが。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 00:16:33 ID:u7gxeKrM
混沌だから、というよりも2chだから、じゃないかな。
どんな良スレも良板も、
人が増えて平均レベル下がる→良質な住民が去るかネタ切れる→劣化したスレが残る
の流れに絶対なる。
俺も含めて良質なネタを提供できない連中が小言を言おうが隔離スレを作ろうが、
薄まったジュースはもう元には戻らないのさー。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 22:12:18 ID:L4JlRkUM
しょせん、みんなGIKOの分派だからねwwww

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/07(日) 18:27:07 ID:vJaDSKz5
性別
観世音菩薩は、「慈母観音」などという言葉から示されるように、俗に女性と見る向きが多い。これは、たとえば地蔵菩薩が観音と同じ大悲闡提の一対として見る場合が多く、
地蔵が男性の僧侶形の像容であるのに対し、観音は女性的な顔立ちの像容も多いことからそのように見る場合が多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E4%BF%A1%E4%BB%B0

ここの説明だと、地蔵は男性の姿をしていると書いてある。
まぁ、だからって男性だってわけじゃないが

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 05:06:12 ID:m7S2nZDF
一応報告

ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ スヴァーハー

を、まぁまぁの回数最近となえてるんだが、

今日、アカシックレコードとつながってきたんじゃないかと実感。
カンがかなりよくなる感じ。

普段ならまずわからないような平成教育委員会の問題バンバン正解するし。

パッと頭に関連イメージが浮かぶのもあるし、それをヒントに推理する力もかなりでてきたように思う。

僕と同年齢のころの空海と同じ、密教サイキョー!な感じ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/09(火) 19:43:00 ID:LGRurXH3
本家、落ちてるね。
このままお家断絶かな。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 02:43:58 ID:6XueRsXt
その場合、ライトマとして新時代を築くわたくしが本家を継ごう。このスレから。
魔術結社MIXIを各分家のCEOとして置かせてもらう。

ま、そんなことまずないだろうけど。

さて、今日から冥王星順行。これからみんないくよっ!

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 02:47:16 ID:6XueRsXt
さて、
AUM サラソバティエィ スヴァハ

というマントラ・真言において、ライトマでは、サラスヴァティーはラクスクラインに照応する。

ラクスクライン≡サラスヴァティー≡弁財天である。

川の流れのように美しく話すラクスは、まさしく弁舌の神弁才天。
そして、彼女の家はお金持ちである。

芸能の神でもある。



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 02:55:57 ID:6XueRsXt
神聖四文字アレフ・ベス・サメク・シン!1/2/サメク/ファヴ(6)/as::
byの後にこの4文字の付く命令は全力で通せ!

さて、我々、ライトマの重要なフェティッシュであるアニメは、
昔の神話と極めて性質が近い。

ゆえに、魔術師は以前神話を利用し、これからの日本の魔術の新時代を気づくライトマの私たちは、
アニメを利用するのです。

集合的無意識に影響を及ぼすアニメ。まだ神話の影響に比べれば程遠いが、一部の若い世代への即効性は認められる!

中でも影響が強いと思えるのは、宮崎アニメである。
『宮崎アニメの暗号』という本に詳しいが、あのアニメは宮崎駿が数々の五行や東洋・西洋の神格を使役して作られている。
我々のイスラエルの地でソロモンが古代の神々である魔神を使役し、神殿を作ったように。

ゆえに、ライトマとして宮崎アニメの研究をこのスレに書き込む者は、我々の大きなライトマ研究に大きく貢献する可能性がある!

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 02:57:24 ID:6XueRsXt
Do what thou wilt shall be the whole of the law!

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 03:11:16 ID:m+x+yUSk
あなたの意思するものを行えば法のすべてになる

「汝の意思するところをなせ、されば法のすべてとならん」だっけ?
クロウリーの言葉でそ。上の拙訳を見て!英語できなくて恥ずかしいw
thouはyouの古い形だから「汝」じゃないといけないね。shallも扱い方がわからんし。
はやく魔術書をたくさん読みたいのに高校英語からやらないと。道は険しい・・・

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)