2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

年金ってどう思う?

1 :pensioner予備軍:05/01/21 03:35:27 ID:ZhwqlAOf ?#
さて、みなさんは公的年金に関してどのようにお考えですか?
国民年金の空洞化は深刻な問題です。
老後をどうやって暮らしますか。ご意見お聞かせ下さい。

2 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/21 04:14:05 ID:2KVF1XuG ?#
老いる前に死ねば無問題

3 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/21 04:15:10 ID:??? ?
>>2
国民全員が?

4 :匿名係長 ◆WBRXcNtpf. :05/01/21 09:30:09 ID:65YJNtfL ?#
貰えるかどうかわからんが、税金と同じ義務と考えて払っている。
絶対に貰えるようにしてもらえないとこまるけど。と当たり前

5 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/21 09:35:57 ID:??? ?#
親が貰ってるからなあ。
なんか自分の為と言うより高齢者を支える社会的なコストとして
払ってるって感じかな?
実際、年金がなくて収入がない親を面倒みると言ったらこんな金額
じゃ済まないだろうし。
自分の時は・・・貰えるのかねえ???

6 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/21 09:41:19 ID:??? ?
現状の国営ねずみ講みたいなシステムはどうにかして欲しい。


7 :ババアゾーン ◆1FrMT.vzQQ :05/01/21 12:43:19 ID:LG/+VvjJ ?#
国民年金に対する保険を扱う業者とか出たりして
国民年金だけでは老後の生活に不安を感じているあなた!
国民年金にプラスして老後の生活を保障する新サービス「国民年金プラス」始めました!
とかw

8 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/21 13:07:19 ID:??? ?
>>7
年金型保険がその役割では?
国民年金と厚生年金払っている会社員も結構加入してると思うけど。
自営業なんで国民年金だけ払ってますが
国民年金基金と民間の年金型保険に加入するか検討中
老後だけじゃなく万が一病気や事故で障害を持つ可能性もあるし
そんな遠い将来の事でもないような気がする。
まぁ、貰えなかったら貰えなかった時で今は払い続けますよ。

未加入者が年金なしで生活保護受けてそっちの方が貰える額が多かったら
その時は凹むなぁ


9 :ババアゾーン ◆1FrMT.vzQQ :05/01/21 13:56:39 ID:??? ?#
まだ学生だけど、もっと真剣に考えたほうがいいのかな。
学校の授業で年金とか、他にも株や時事ネタなんかを
本格的に扱う授業をしてくれたら面白いのに。

10 :pensioner予備軍:05/01/22 01:57:44 ID:xsVcsyRW ?#
こんばんは。レスありがとうございます。

>>2 ははは・・・

>>4 その通りですね。 社会保険は強制加入が大前提にあります。国民が
払いたくないから払わないでは、成り立たないんですね。

>>5 いざとなれば税金投入です。国が財政破綻して年金も払えないほど
国内経済が悪化しているならば、民間部門も多分破綻してますね。

>>6 国営のねずみ講というのは、ちょっと理解しにくいんですが。

>>7 国民年金基金という、制度が実際にあります。これは国の制度です。
民間の個人年金とは全く別物です。

>>8 年金額は国民年金の場合、余り高くないですからね。そもそも
保険料が低いですから。夫婦2人で13.4万ほど・・・
どちらかが亡くなると、半減するわけで。やはり何か補足するものが
必要ですよね。

単純に考えると13.4×12= 160.8万円で年額。65歳から10年で1608万。
13300が月々の保険料。13300円×12 =15万9600が年支払い保険料
これを40年支払うと 15.96×40=638・4 万で2人分で 1276.8万
10年かからずに取り戻せます。長生きすればするほど、もらえる分は
増えるわけです。ただし、早死にすると、保険料分も貰えません。
民間保険と、社会保険は「保険」と名がついていますが、似て非なる
ものです。社会保険は強制加入で、払いたくないから払わないというのでは
成り立たない制度なのですが、最近は先々年金はもらえないんじゃないか、
という不安感が広がっています。年金が貰えないってことはイコール
国が潰れたってことに等しいのです。
社会保険庁の不正な保険料流用などで、我々のように保険料を支払っている
者としては本当に腹立たしい限りです。こういったことが年金不信を
助長しているのだと思います。税金もそうですが、払ってもその分の
公的サービスに我々が満足できていれば、だれも不満を持たないでしょう。
年金にしろきちんと説明をして、公正な運営をしていれば誰も不信感を
持たないと思うのですが、どうでしょうか。

>>9 大学で、そういった講義しているところもありますよ。ゼミなどで
自分がそういうものを調べるという方法もあります。要は、自分次第で
色々、情報はありますよ。

11 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/22 16:26:46 ID:ekRnMcxx ?
厚生年金で所得比例部分の割合が大きい事から、
生活保障ではなく、所得保障。
よって現役労働者として悲惨な所得な者は、制度が健在だろうと、
悲惨な年金生活が約束されている。
300万年金貰おうと思ったら、600万稼がなきゃ駄目だ。
定年直前じゃなくて、20代から50代までの平均が600万。
20代の時300万円ぐらいの人間は、50代で800万円超えないと…
平均300万円の人間は、年金は150万だわな。
50%給付可能かどうのこうの、ばっか議論されてが、
年功昇給が、破壊されつつあるなかで議論の前提が成立してない。
結局、生涯現役と…

12 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/22 16:42:19 ID:??? ?#
払った量より多く貰える人がいたり、少なく貰える人がいたりするのがまずおかしいと思う。

結局長生きしたヤツが得して、早死にしたヤツは損するシステム。
ふざけんな。

だったら俺は払わないで自分で貯めていたい。
が、国民の義務になっている。
これもふざけんな。

資産の運用方法くらい国民に選択させろ。

大体年金って、毎年出生率上がるの前提でようやく成り立つシステムだろ?

13 :pensioner予備軍:05/01/24 13:25:05 ID:4OMdlVSv ?#
>>11
確かに、そういうことに至ってしまいますね。おれもいつまで働き続けられるのか。
現役で低所得のものは退職してさらに低所得、高所得のものは退職しても
それなりに高所得。これにも色々問題があるように思います。

>>12
社会保険と名がついているのですが、民間の保険とは全く別の代物です。
つまり、「社会保険料」といって払ってますが要は税金と同じ性質のものです。
だから払わなければならないのです。
日本は社会保険で運営してますが、基礎年金の1/2は税金で賄ってますよ。
全てを税金で賄っているという国もあります。

年金の運用に関しては、国民のできることはきちんとやってくれる
国会議員を選ぶことしかないようです。
現在の年金制度は出生率が上がる前提では立てられていませんよ。
ただ、出生率の低下の仮定があまいんです。そこに問題があります。
出生率の低下を食い止める策を一方で考えなければ、年金だけでなく
この国の経済も破綻です。

14 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/24 13:40:19 ID:??? ?
>>13
もらえる額が少なくて不満が出るのは
昔の人たちは自分が得をするために年金を払っていたのに
今の人たちは自分が損をするために年金を払わないといけないと
考えている人が多いからだと思われ

15 :pensioner予備軍:05/01/24 14:15:55 ID:4OMdlVSv ?#
>>14
うん、そうですね。
でも実際のところしっかりした年金を貰っているのは、給与所得者だった人で
国民年金の受給者なんて額は少ないですよ。

自分が支払った額以上にもらえる人もいれば、もらえない人もいる。
うちの父親は年金が本格的に貰える年齢に達する前になくなったので
本当に損といえば損なんです。
いい加減なようですが、公的年金で得をしようと思えば長生きするしか
ないんです。
厚生年金なんかは遺族年金がありますから、払った分が丸損てことも
ないですけどね。

いずれにせよ、普通の若い人たちが年金のことをほとんど知らない現状
ってのは国がきちんと説明しない、教育しないという責任がある。
そもそも現在の厚生年金は戦時中に作られたわけですが、
これは労働者の老後の生活保障とは銘打ってましたが、実のところは
戦費調達に利用されてたわけですよ。戦後も巨大な年金資金を使って
財政投融資制度を通じ、不要と思われるところにも資金が投入されてきた。
これは有償だから、貸し付けた資金は返してもらわなければならない。
それは現在も国の隠れ借金の一部となっている。
国民は単純に「老後の生活保障」と捉えていますが、国はそうじゃない。
財投がなくなっても、おいしい資金としての役割が公的年金の積み立て部分
にはあるのです。こういったことは、あまり国民は知らない。
損する得するだけでなくて、もっと根深いところにも問題があるのです。

16 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/24 14:45:19 ID:xz+QG/R0 ?#
>>15
だから、その
>いい加減なようですが、公的年金で得をしようと思えば長生きするしか
>ないんです。
これがおかしいくね?

税金は国民全体、公共の福祉として使われるべきだろう。
それが、最初から一部の人は損して一部の人は得するように使われる前提じゃん。

税金だっつーならいっそ戻さなくていいよ。

成人は義務として月々1万収めなければならないでいいじゃん。
下手に65歳以上には戻すとかやるからややこしくなる。

17 :処刑人 ◆CG9Z/ZFOQU :05/01/24 17:15:52 ID:Je0iGVWO ?#
>>12
今の日本は、「賦課方式」(年金支払い者が払ったお金を、即受給者に与える)
という年金体制だからな。だから、これだけ高齢化社会と少子化問題が
加速する事で、受給者と支払い者のバランスが深刻なくらい崩れる。

何で「積み立て方式」に移行しないのかね。まぁ、>>12の最後の行にある
ように、出生率増加を目算した上での制度みたいなもんだからな。
積み立てだと、年金運用等でうまく活用ができなくなるとか、そんなの
だろうけども、実際保険会社の個人年金は積み立て式で、それで
運営できてるんだから。インフレなど、外圧的な経済危機も可能性が
無いわけじゃないが、今の年齢層を考慮した上で、賦課方式から
積み立てに移行する必要もあると思う。

18 :ひろゆき:05/01/24 17:25:17 ID:Lsxw+3g0 ?##
積み立て方式にしたくても、変更する方法がないんじゃないすかね?

19 : ◆774HdUlvDM :05/01/24 17:35:01 ID:T8xy1ryd ?#
>>1
まずは公的年金制度を早急に一本化する。
次に、借金垂れ流し容認の現行受給世代に対する支給額を大幅にカット。
そうしなければ、今の若い人たちは納得しない(保険料不払い傾向は収まらない)と思う。

20 :処刑人 ◆CG9Z/ZFOQU :05/01/24 17:40:40 ID:wVHHXYuN ?#
確かに、積み立てに移行した方がいいとはいえ、
現実問題、もし積み立てに移行したとしても、
今の賦課方式で支払ってる世代の年金積み立て
金額は、すでに今の受給者層で使われてるわけだし、
それこそ年金受給ゼロなんて事態も招きかねない。

方法論で言えば積み立て方式が良いけども、
それに移行する事で、更にデメリットが発生しちゃうと。
なんかブレーキの壊れた暴走車みたい。

21 :ババアゾーン ◆1FrMT.vzQQ :05/01/24 20:02:25 ID:??? ?#
昔と今の考え方の違いだと思います。

昔は、日本が発展していくためにという気持ちがあったんだと思います。
あと、決まった税金をみんなが納めることで、たとえば、人より多く事故をしたり病気になったり
する人がいたけど、その人は早い段階で亡くなった。
もう一人は、ずっと健康で長生きして、年金暮らしで生涯を静かに遂げた。

前者は、保険を使うということで得をしているが、年金は受け取っていない。
後者は、保険はあまり使わなかったが、年金で老後を静かに暮らすことができた。

そういう助け合いの精神があったから、それほど不満も出ずに今までこれたんだと思います。

ところが、税金の不正流用や、財源不足があからさまに表に出始めたこと、
さらに現代の個人プレー主義型の人間の増加に伴って、だんだん制度への
疑問、不満が出てき始めたのだと思います。国会答弁中に寝ている議員、
理論が破鍵している答弁。そういうものがあまりにも過ぎて国の「信用」が、
落ちてしまったことも原因だと思います。

22 :pensioner予備軍:05/01/24 21:52:51 ID:L63TygpO ?#
>>17 >>18 >>20
積み立て方式への移行がお話に出ていますが、やろうと思えば現役世代の
2重の負担によって、実行は可能です。つまり、現在の年金受給者へ配分される分と
一方で自分たちに支払われる将来の年金の積み立て分を支払う。
これが実際問題可能でしょうか?そういうことを主張する学者もいます。

また、問題点としては日本の年金制度は非常に複雑であるがゆえに運営にかかる
事務費が非常に高額なのです。この事務処理を行うのが社会保険庁です。
前のレスでも申しましたが、社会保険庁は不正な支出を行い全国に官舎を
立てたり、課長以上には専用車をつけ、不要と思われる事務機を購入するなど
目を覆うばかりのありさまです。こういったところ是正しないかぎり、いくら
社会保険庁が「保険料納入」を訴えても、未納者、未加入者からの保険料
納入は望めません。
そういう意味で>>21さんのおっしゃるように、国に対する「信用」の低下
から公的年金にも不信が向けられるのです。

>>19さんのおっしゃるように年金の一本化も、以前からの課題です。日本のように
公的年金の被用者年金制度は多くに別れ、制度ごとに分立して運営しているので
運用が上手くいっているところとそうでないところがある。例えば、私立共済年金は
今のところ非常にパフォーマンスがよく、保険料も他と比べると低し、もらえる
年金も多い。それが、他の運用が上手く行ってない所と合併するとなると
自分たちの良い条件が崩れてしまう。そうすると大反対する。そういうわけで
合併はうまくいかない。一本化すれば事務費もかなり安くなるのですが。

話は変わりますが、基礎年金部分は全て税金で賄うべきだと思っています。
退職後の最低生活を保障するためです。その為に高齢者にも応分の租税負担を
してもらう。高所得の高齢者から低所得の高齢者へと所得再分配も可能となる。
今の所得再分配は現役世代から高齢者へと向かっている部分がほとんどで
だから現役世代から不満もでる。高齢者医療費が高騰しているのでなおさらです。
基礎年金部分は「社会保障税」として所得から控除するようになれば、現役
世代の不満も低くなるし、将来基礎年金がもらえないという不満もなくなる
はずです。
現在の給付額を急に減少させることはなかなか難しいところがありますが
高額の年金給付額にはキャップをつけることは望ましいと思います。
>>19さんの意見に部分賛成です。
>>16さんのような意見もあると思います。だからこそ基礎年金部分は
国民みんなに行き渡るような制度が望ましいと思うのです。


23 :pensioner予備軍:05/01/24 21:57:34 ID:L63TygpO ?#
>>18 ひろゆきさん いらして頂いて光栄です。

24 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/25 00:39:44 ID:W6btcrpb ?
積み立て方式って無理がないですかね…
それなら預貯金でいいじゃん! と思うのですが…
掛け金が所得控除で税制上優遇があったりする事は、
瑣末な事と思ふのですが…

それと今は貯蓄率が下がってると喧伝されてる訳ですが、
2000年前後は、皆貯金して金を使わないからデフレだと言ってたのですが、
例えば団塊世代が、引退して預貯金なりを一斉に使い出したら、インフレするような…
となると年金は物価スライドしないと意味がない訳で、「物価スライド&終身給付」と
積み立て式って理論的に両立するんでしょうか?

25 :pensioner予備軍:05/01/25 01:18:59 ID:Frl7PNl6 ?#
>>24
民間の年金保険は複雑な年金数理計算にもとづいて、保険料が決定し
いわゆる「危険」回避という意味で保険金が支払われます。
だから通常の預貯金とは本質的に違うのです。ここでいう「危険」とは
所得の断絶を意味します。ですから年金では「高齢による労働不能からの
所得中断、断絶」という危険を回避するための保険です。

また物価スライドを導入すれば、完全積み立て方式は無理です。ですから
日本のような制度を修正積み立て方式と言って、積み立て部分と賦課部分
を同時に運営しているのです。
終身給付を前提にするならばある程度危険度の測定を精密に行えば
数理的に保険料に反映することができるのでこの点では積み立て方式でも
可能と思います。

26 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/07 18:17:22 ID:lJ2CouoO ?#
age

27 :◆Kveoxyl9RE :05/03/07 20:23:29 ID:9tvDRqpw ?#
仮に積み立て方式に移行するとして、それまでの期間の資金が無いんですよね?
共産党が言うには、企業に負担してもらえばいいとか。
(さらに進んで、全く収めていない人にも一定の支給を行うような制度を目指しているとか?)

正直やり過ぎの感はありますが、なんらかしらの資金調達用の公営なり私営なりの会社でも建ててってのはだめなんすかね。
・・やっぱ無理があるかな。社保庁の二の舞かな。


28 :pensioner予備軍:05/03/12 04:44:03 ID:24MJ9F3S ?#
>>27
レス遅くなりすいません。
一気に積み立て方式に移行することはまず無理でしょう。以前にも書いていますが、
修正賦課方式の世代と積み立て方式の世代が同時にいるわけですから、負担する
世代が両方を支払っていかなくてはなりません。
例え、企業にその分を負担してもらうとしても、最終的にどこにその分が転嫁
されるかというと、企業が利潤率を低下させない限りは企業の労働者の給与から
その分が差し引かれるとか、生産物の価格が上昇するということになります。
私自身は積み立て方式への転換は無理だと考えています。後世代にかかる負担を
できるだけ大きくせず、退職期世代の生活を保障するにはやはり、高額の
公的年金にはキャップをし(上限を決め)高齢者にも我慢してもらう。
そして、高齢者自身も年金資金を還流できるような仕組みにしなければ
ならないと思います。それには社会保険の仕組みでも可能かもしれませんが
租税を年金財源に利用して、高齢者も納税者として公的年金制度を支える
仕組みにするべきだと。そうすると高齢者間で高所得者から低所得者へ
所得の再分配も行われる。今の仕組みではほとんどそういった働きはない。
現役世代で裕福だった人は退職しても裕福な年金を貰える。そしてそれは
現役の労働者からの移転として行われる。公的年金は貯蓄ではない。
民間の保険でもない。「公的」であるのなら退職期の全ての人々が苦痛なく
暮らせるよう支給されるべきではないかと思います。



29 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 05:26:34 ID:??? ?
konn

30 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 05:54:43 ID:KNSrNQ9b ?#
無職になってみるとわかるのだが、
日本というシステムは年金、保険というもので
国民をしばりつくしているのである。
これは普通に働いていると絶対気づかない。
お前らのためだという顔をしているが
実態は国民管理の有力なツールという面がかなり大きい。
逆にいうと、税金はかなり素直。


31 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 07:49:46 ID:??? ?#
同感です・・・会社を辞めた当初同じようなことを考えた事があります。

ただ、最後の税金は・・・というのがよくわからないんで教えてもらえるとありがたいんですが。

32 :ひろゆき:05/03/12 08:31:37 ID:HuupsU7k ?##
累進課税ってこと?

33 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 10:32:12 ID:muUQivGs ?##
現在、年金未納のダメ人間の俺の意見を言います。
・国が仕掛けた人生を賭けたギャンブルの感が否めない。
・40年間払う金額と65歳から貰える受給額を考えると
 元が取れるかどうか怪しい。(平均寿命まで生きられる自身も無い)
・現在の親の世代を見てると、政治に不満を言うくせに選挙に行かない人が多く
 俺たちの世代で負担して行くのが腑に落ちない点がある。
・現在の年金制度が途中で変わって、自分に不利になったとしても
 「最初言ってた事と違うじゃんヽ(`Д´)ノ」と言っても 泣き寝入りして従わなくてはならない。
・小さな会社を経営して、小規模共済(私が見た所イイ感じの制度だった)
 を活用すれば国民年金は必要ない気もする。
・障害者年金を貰う確率が非常に低い。
・社会保険庁のやってる事にも納得出来ない。
・納税は義務だが、社会保険は義務じゃないから 加入の選択が出来て当然だと思う。
・高校時代、政経が選択授業で習わなかった。大事な事なので必須科目にすべき。

書いてるとキリが無いのでこの辺で。
でも、最近は諦めて学生控除(当然利子が付くのだが)くらいはしておこうかとも思う。

34 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 10:54:19 ID:??? ?#
確かに、ただ日本にはこれぐらいしか老後を保証(支えてくれる?)システムがないのも現状
だと思う。
自分で、貯めておくといっても民間の銀行や保険会社では何十年単位でお金を安心して預けられるか
という問題もあるし。
自分は、義務というか老後への保険だとも思っている。
まあ、20代で実感を持てという方がムリかとも思う。

35 :◆Kveoxyl9RE :05/03/12 14:21:19 ID:RBFrdne7 ?#
>>28お金が極所に集まったり、無いところには無いという状況で、貧富の差が広がっているのが現在だと思うんですよ。
資金を貧乏な人から集めて、貧乏な人達に再配布しても、それはうまくいかないでしょうね。
ということなので、いっぱい集まっているところから効果的に奪えるようなそんな仕組みは考えられないでしょうか?

例えば、今ホストクラブが注目を浴びていますが、
あれは貧乏人からかき集めたお金がお兄ちゃんたちのところへ集まっているわけで。
そのお金で、彼らはパトロンになったり、普通のお店をはじめたりする事も多くあるようです。
(それが目的で稼ぎにくる人も)
この時点で、個人資産などで死蔵されるはずだったお金が流動するようになり、益を得る人がたくさん出てきます。

何もホストクラブをやれってわけではありませんが、
ピンポイントに金を持っている人から奪って、ばらまくような手法を考えられたらいいかなとか思いますね。
累進課税もいいんですが、もうちょっと事細かくできないでしょうか。

いや、言ってて無理かもなぁとは思っているんですけどね。
そういう可能性を探れないかなと。

36 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/12 21:35:05 ID:??? ?#
>>35 ホストクラブ的課税:ピンポイントに金を持っている人から奪って、
             ばらまくような手法

あったらいいなぁ、支払いに見合うサービスが受けられるから
高額でも支払うんですよねェ。
行政サービス‥(-。-;

37 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/13 00:19:03 ID:??? ?#
社会保険庁等の汚職問題が最近話題になってるけど、
その汚職問題自体を制度存続の議論に加えてはならないと思う。
勿論汚職は何としてでも防がなくてはならないが、それと
制度そのものの存続は別問題。

38 :pensioner予備軍:05/03/13 01:51:54 ID:L7IcWyah ?#
たくさんのレスがつきまして、お答えできるところからいってみます。
>>35 海さんへ
今現在の経済システムである資本主義では、お金はお金持ちのところに集まるように
なってます。そういう仕組みです。このような仕組みの中で累進課税といった
制度は資本家にすればまさに邪魔者でしかないのです。つまり、資本家優先
で考えれば、所得税や法人税の最高税率の引き下げが行われるでしょうし
低所得者優先で考えれば最高税率の引き上げが行われるべきです。余りに
累進性が厳しくなると、儲けても税金でもっていかれるばかりなので
労働意欲がそがれ、資本家の中には海外に拠点を移す者も出てきます。結果的に
国の経済は下降し、慢性的に景気が低迷したままとなるでしょう。
一方、人間は生まれた環境により持って生まれた資産には差があります。そういった
理由から、平等を達成する意味で累進課税が用いられ、担税能力に応じて
税を負担します。こういう面を無視した租税制度は今では受け入れられないでしょう。
つまり、どちらも考慮しなければ破綻をきたしてしまうのです。
ただし、どちらにウェイトを置くかということで政策としては差が出てくるでしょう。
それが、海さんのおっしゃる可能性へと繋がるのだと思います。

>>36
たしかに。本当に質の高い行政サービスを受けているのなら、納得して
税金でも保険料でも払いますよね。




39 :pensioner予備軍:05/03/13 02:17:25 ID:L7IcWyah ?#
続きです。
>>33さん
若い人への社会保険の仕組みについての教育はほとんどなされていませんね。
だから>>34さんのおっしゃるように若い人が実感も持てなくてもしょうがない
と思います。こういった点はなんとか改善されないかと思います。
社会保険は一応、支払い義務があります。だから保険料を払わないと差し押さえ
など受ける場合もあります。しかし、どこかの制度に「加入」して支払う
といった複雑な制度だから、「じゃあ、加入しなくてもいいんだ」という
ことになるのだと思います。一元化問題がこのスレでも度々出ていますが
国民全てが同じ制度で統一されれば、加入、未加入などの問題も起きないでしょう。

そもそも日本の場合公的年金制度は戦時中に発足しました。
これがどういうことを意味しているのかというと、戦費調達のために老後保障という
名目で公的年金の資金が集められたのです。健康保険は健民健兵の目的で作られ
ました。国民一人一人の安寧など考慮に入ってなかったのです。戦後も
社会保険の積立金は財政投融資制度を通じて、国のあらゆる社会資本の建設の
資金とされました。勿論、これは返さなければならないお金です。公債という
制度を使って国は借金をし続けています。したがって、公的年金制度が積み立て部分
を全く持たない制度になってしまっては困る人々が本当にたくさんいるのです。
我々国民の生活を保障するという目的の公的年金が、皆が知らないうちに
全く別の働きを持っているのです。日本の公的年金の積み立て部分は
本当に莫大な額です。常々、このような額を維持する必要があるのかと専門家
が指摘しているのが聞かれます。
「なんとかとハサミは使いよう」などと言いますが、お金も使いようです。
どこにどのように使うかは、使う人によって随分違ったものになります。
国民一人一人に有利になるようにするには、諦めずに政治に対して意見を
言い続けるべきです。政治家は得票を稼ぐために、大勢の言うように動く
でしょう。黙っていても、自分達の望むような形には動きません。年金を
望ましい形にするには、一般の国民がもっと意見を述べて、政治に働きか
ける必要があります。普通の世の中でも、じっと黙っていても自分自身が
望んでいるようには、人々は動いてくれません。それと同じことだと思います。


40 :東京kitty ◆a1GNWHiwwM :05/03/13 03:15:40 ID:NdSneNQ+ ?##
年金なんて崩壊はミエミエだろ(@wぷ

41 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/13 14:50:47 ID:??? ?#
中国とかへのODAを削るか完全廃止をして、浮いた金を年金や公債の返済に
使えば無問題



42 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/15 14:13:07 ID:FQWLlEnQ ?#
>>38 高額所得者って言うと、
テレビ局員、銀行員、弁護士
どれも国内の規制に守られた連中が真っ先に思い浮かぶのですが…
海外逃亡するんでしょうか?

43 : ◆LoveDX.TYc :05/03/15 19:19:30 ID:lDQg0QHZ ?#
みなさん10もじいないでおねがいします。

44 :pensioner予備軍:05/03/16 20:06:59 ID:K6Z8sWp8 ?#
>>42
資本家のことです。サラリーマンではなくて。

45 :pensioner予備軍:05/03/16 20:10:53 ID:K6Z8sWp8 ?#
>>41
そのようなことです。支出するお金をどこに向けるのかということなんです。
産業界を重視した政策とするのか、国民個々人の生活を安定させることを
重視した政策とするのか。かなり政治的な力が必要です。


46 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん ◆vPGSxyaeQs :05/03/16 23:46:33 ID:??? ?#
年金って、今の老人たちは払った金額の5倍も貰っているんだよね。
だけど、これからの世代は・・・orz

47 :pensioner予備軍:05/03/21 01:12:36 ID:yvHqKx8v ?#
>>46
加入している公的年金の制度によって金額が異なりますが、
例えば国民年金受給者の平均給付月額は5万2千円です(厚生省統計)。
旧国民年金の加入者平均は4万6千円です。
厚生年金受給者の平均月額は17万1千円です。現在の現役世代は40年加入
のひとが多いでしょうから、現在価格でみてもそれ以上に受け取る人が
多いでしょう。絶対額でみると、国民年金の受給者の年金額はお小遣い
程度にしかなりません。40年加入して満額の年金を貰っても、夫婦2人で
15万にもなりません。今の年金受給者は年金制度がきちっと働いていない
時期であったので、加入年数が少なかったり、無年金の人も多いでしょう。
つづく

48 :pensioner予備軍:05/03/21 01:30:10 ID:yvHqKx8v ?#
つづき
私の近所でカメラ屋さんを営んでいる女性は配偶者に先立たれ国民年金には
加入しているものの、一人の年金額ではとても暮らしていけないから
頑張って店を続けているという話しをしてくれました。平成16年度の国民
年金の最高額は6万6千円ほどです。これだけで暮らしていくのは本当に
大変です。現在の高齢者であれば誰でも高額の年金を貰っているわけでは
ありません。人によってかなりの差があります。それはこれから年金を
受け取る世代でも同じことです。長い期間、多くの額を支払った人が多く
受け取り、加入期間が短く、支払った額も少ない人は多くを受け取ること
はありません。所得のより多かった人が退職後も手厚く保障を受け、所得
の少なかった人は退職後も保障は薄い。
制度によって給付額の差があることが私は問題だと思います。議員年金など
某元国会議員は月額で30万ほどの年金給付受けているそうです。みなさんは
どのように思われるでしょうか。

49 :えいいち闇1級:05/03/21 01:44:02 ID:Ce4G2xNk ?#
定年退職を廃止すれば、年金問題が軽減されると思う。

50 :LV14の勇者様 ◆zPDVctO00E :2005/03/23(水) 05:02:47 ID:U8vcMCfe ?
年金を、すべて現金で渡すんじゃなくて。
たとえばそのうちの半分を、地域振興券みたいな、使用期間付の商品券にしたら、経済はだいぶ活性化されると思うんだが。
どうよ。

51 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/03/23(水) 05:47:07 ID:1h3tZRvO ?##
>>50
その地域振興券(仮)が、以前と違って地元の商店を含めた全国で使えるように出来たら
上手く行くかもしれませんね。
まぁそれではお金を渡すのと結局は同じような希ガス......

52 :ひろゆき:2005/03/23(水) 07:02:06 ID:xJDg+3WZ ?##
>>50
経済にはほとんど影響はありません。
よく考えてみるとわかりますよ、、、と謎賭け。

53 :pensioner予備軍:2005/03/23(水) 07:25:51 ID:T5ZuUDCv ?#
>>49
その辺のところは現在法制度が完備されようとしています。
今のところは、定年後、再雇用という形で現れています。実際のところ
年金給付年齢が引き上げられるなら、労働によって所得を得ることが
できるようにすべきです。ただし、誰もが高齢で働くことができる
肉体を有するわけではありません。そういったことも考慮にいれなけれ
ばなりません。

54 :pensioner予備軍:2005/03/23(水) 07:55:18 ID:T5ZuUDCv ?#
>>50
当時の経済企画庁の推計が載せられています。
http://www5.cao.go.jp/99/f/19990806f-shinkouken.html
経企庁の推計によると年ベースで0.1%消費浮揚効果があったとの事ですが
第一に、どういった変数でもってモデルを組んでいるかどうか、吟味する
必要があるでしょう。残念ながら、その方程式がどのようなものか分かり
ません。統計はある意味マジックです。
もし、経企庁の言うとおりの効果があったにしろ、年0.1%消費を増加
させたとしても、ここからどれだけ国民所得全体を増加させたか・・・と
考えると非常に微少であるといえます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E6%8C%AF%E8%88%88%E5%88%B8
も参照しておきます。(このサイトの中で名目GDPを0.1%押し上げたとありますが
これは消費の間違いです)
商品券の部分だけ消費して、後は貯蓄に回して消費しないというのでは、結局
のところ消費割合は増えません。高齢者が元々貰っている額にプラスして商品券
が配られるなら、ようしもっと消費しようという気になるでしょうが、年金額は
同じなのです。消費が増える要因は見つかりません。高齢者は元々あまり遠出を
せず地元の商店街で消費をすることが多いでしょう。そういうことからも余り、
地域限定の商品券を発行する意味はないでしょう。
その上、商品券発行にかかる費用がかかり、事務手続きが増加し、その為の費用
も増加し・・・となるでしょう。以前の地域振興券では7000億円の支出を行ったと
あります。
第一、年金にプラスの額はどこから捻出できますか。税金しかありません。
私は地域振興券は政治的にな単なるバラマキ政策であったと考えてきます。

55 :pensioner予備軍:2005/03/23(水) 07:57:46 ID:T5ZuUDCv ?#
訂正
>>54の最終行
誤)---考えてきます。
正)---考えています。

56 :24歳うみ ◆/ON/BW/UMI :2005/03/23(水) 11:04:01 ID:??? ?#
思いっきり未納。正直スマンカッタ。
今払ってる中年若年世代が将来もらえる年金の額なんて、生活資金にも満たないよね。
でも、今わたしらが年金を払うのは、ぶっちゃけ今の老人たちを支えるためだと
思うんだわ。
だからわたしらが将来もらえなくて当然。
わたしは自分の頭の上のハエを追わなきゃいけないんで、ゴメン。
老後は自分でなんとかする。なんとかならなかったら野垂れ死にしても文句ないわ。

57 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/03/23(水) 14:05:52 ID:??? ?##
>>56
まぁ社保庁職員の横領や人口増加率を甘く見た問題は別にして、
そういう考えで未納率が高くなって当初の予測を下回った事実も否めないワケで。

言い切った以上は生活保護なんて逃げは勘弁してください。




という感じの釣られ方で良いですか?

58 :24歳うみ ◆/ON/BW/UMI :2005/03/23(水) 14:31:50 ID:??? ?#
ゴメソ。わたしも某ひろゆきに釣られてこのスレ来たんだ。

59 :57:2005/03/23(水) 15:35:57 ID:??? ?##
>>58
いやいや、お互いお祭り好きのようで(>>51)w
直後にひろゆき氏がツッコミを入れているところがポイントです。

60 :pensioner予備軍:2005/03/23(水) 20:47:33 ID:Ul/hHk4W ?#
なんかプチ祭りだったようですね・・・

年金給付開始年齢が65歳で、20代の人はまだまだ40年くらいありますから
遠い先の話で若い自分には全く無関係の世界のように思うでしょう。
25年以上納付すれば、減額はされますが年金は給付されます。
保険料納付は年金受け取り権の確保と、位置づけるのが良いでしょう。

61 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/01(日) 01:23:07 ID:KyKgPCs3 ?
元々日本の年金は賦課方式なので、最大効用の範囲を逸脱して
それ自体を独立した問題のように論じるのは政策的に無意味
(というか単なる官庁間の利害問題に巻き込まれるだけ)

家計と社会保険庁の内部的な「予算」問題としては当然あり得るけれど
巷で騒がれているのは財務省を中心に全体的な歳出の問題を
すり替えたり矮小化させたい恣意が強いため

こういう記事を読むと何だかそう考えてしまいます
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2005043001003686


62 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/01(日) 06:02:11 ID:OX1jgyDT ?
保険とは名ばかりの人頭税

63 :らい ◆Ai87fxRUvo :2005/05/02(月) 16:44:23 ID:mL9aK2+7 ?###
もしかしかしたら、蟻とキリギリスの話と逆になりそうなので、
一応保険として、分散投資しています。

64 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/16(月) 21:45:19 ID:p/h1HqTD ?##
社会保障給付:財政審試算 増税と歳出削減の必要性強調
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/wadai/news/20050517k0000m020062000c.html

 試算は、現在の行政サービスを維持し、増税も行わない場合、15年度時点でプライマリーバランスの赤字解消には、
消費税率を約19%に引き上げる必要があると指摘。

消費税19%ってことは、1000円に消費税が付いて1190円か・・・

しかし、将来年金改革(抑制)なんか出来るのだろうか?
政治家に取って、年金層と言うのは一番の票田になるはずだが・・・

65 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/19(木) 21:55:09 ID:mgJQBuPY ?#
もう抜き差しなら無いところまで来ているのではないでしょうか?

66 :pensioner予備軍:2005/05/30(月) 05:52:42 ID:nHcSM3au ?##
しばらくレスつけてませんでした。すいません。
政治家というのは票稼ぎが仕事という印象ばかり強く、
本当に何かお1人お1人が、ビジョンをきちんと持っているのか
全く疑わしい。
国民の方も、高齢化が進行しているのは分かっているし、
しっかりとした説明があれば給付にキャップをつけるのも
上手く行く筈だが、郵政民営化にしろ説明不足のところが
多すぎる。いずれにせよ、少子高齢化が進行すれば、
将来、給付は実質的に今の水準より減るだろうし
その時に負担している世代は我々より重い負担を強いられる
ことになる。2005年ごろから人口が減少し始める。
高齢化もピークに向かっている。しかし、いずれピークを
過ぎることになる。要は、このピークを以下に乗り切るかと
いうことで、その為の財源をどう調達するかが問題となっている。
お金の回し方は、何を第一に考えるかでどのようにでもなる。
我々よりも前の世代は、社会資本に多くを投入した。
そのおかげで、上下水道、道路、学校など当たり前のように
利用する公共施設が整備された。
我々以降の世代はどうするのか?何にお金を使おうとするだろう。
それは、国民の選択であり、政治家だけで決めるものではない筈だ。
政治に対する無関心が、自分達の生活を脅かすことにも
もっと目を向けなければならない。

67 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/30(月) 12:14:24 ID:MLPfsQ5I ?#
>>66
説明不足って言っても調べようと思えば調べられるほどちゃんと資料はアウトプットはされてるしなー。
能動的に動かずに、せいぜい新聞やテレビや雑誌を見る程度で説明不足とか言うのは甘いよ。

>我々よりも前の世代は、社会資本に多くを投入した。
>そのおかげで、上下水道、道路、学校など当たり前のように
>利用する公共施設が整備された。
それはただ単に社会保障に使う必要がなかっただけかと。
おかげで国債の残高がGDPの1.5倍くらいになっちゃったし。


見難いから改行の仕方や文章の書き方を考えた方がいいよ。
何が言いたいかよくわからない。
もっと文章は端的に、それから誤字にも気をつけて。
あと、人口減少が始まるのは2006〜2007年ね。


68 :pensioner予備軍:2005/05/31(火) 03:57:23 ID:zuSrkdGC ?##
>>67
改行の仕方が悪いのは失礼しました。

>説明不足って言っても調べようと思えば調べられるほどちゃんと資料はアウトプットはされてるしなー。
能動的に動かずに、せいぜい新聞やテレビや雑誌を見る程度で説明不足とか言うのは甘いよ。

日本の公的年金制度は素人では分かりにくい、非常に複雑な制度です。
だから社労士のような人が専門にいる訳ですし。
公的年金は個人保険とは、性格が異なります。
個人年金なら運用状況まで個人で知っておく必要もあるだろうけれども、
国の強制的な制度である以上、国は国民に説明義務があると思いますが。

>あと、人口減少が始まるのは2006〜2007年ね
一応、厚生労働省のデータ参照してますよ。2003年の推計によれば全人口が減少し始めるのは
確かにあなたの言っておられる通りです。しかし、合計特殊出生率も推計より毎年低下しています。
なので、「2005年ごろから」という書き方をしたのです。
ttp://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-g/html/gg143000.html

私の文章が分かりにくいというのは
恐らく、私があげているような議論を聞いたことがないためでしょう。
あなたが過去の文献をどれほど読んでおられるか分かりませんが、
>それはただ単に社会保障に使う必要がなかっただけかと。
というのは本当のことですか?
必要はあったが、制度の整備が遅れていたのではないですか。

文章については、あなたはもう少し丁寧な言葉遣いにされては如何ですか。
これ以上は、スレ違いなので申しません。












69 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 07:52:15 ID:TCtjbnyt ?#
>>68
じゃあどういうようにするべきだと?
国民一人一人の家にお宅訪問して説明すべきだと?
そんなのがどんなに無駄かはわかるでしょ。
刊行物やインターネット上で情報公開されているんだから、それを見ればいいだけの話。
疑問に思うなら自分から調べて、質問しないと。
説明しろ説明しろというのは甘え。
情報公開はしてていつでもみられるんだからそれを調べるかどうかはその人の選択だよ。

>合計特殊出生率も推計より毎年低下しています。
>なので、「2005年ごろから」という書き方をしたのです。
それって全く根拠のない捏造じゃ・・・
自分で計算したならともかく、合計特殊出生率減ってるから人口減少も早くなるはずなんて無茶苦茶過ぎ。

>私があげているような議論を聞いたことがないためでしょう
おいおい、自分のいっていることは前提として知らなきゃ駄目って?
超傲慢発言だね。
議論する気ある?

>必要はあったが、制度の整備が遅れていたのではないですか。
人口ピラミッドを見たことがあるのかなぁ。
http://www.jarc.net/aging/jp/03oct/index.shtml
これ見りゃわかるけど、今の高齢者の割合は40年前の4倍近い。
さらには核家族化も進んで高齢者のみですんでいる世帯の割合も増加している。

これをあなたにわかりやすく説明すると、以下のとおりだ。
昔は今より人口に占める高齢者の割合が少なかった。
だから高齢者に給付すべき金額も少なくすんだ。
また高齢者は自分の子供と住む場合が非常に多かった。
そのため、今よりも(実質で)少ない金額でも生活することが可能だった。
この2点から、全体としても社会保障は使う必要が今ほどなかったし、個々人にとっても今ほど必要でなかったといえる。
だからその分の予算を社会資本に投資していただけのこと。

社会的な背景を無視してグダグダ言うなんて全く無意味だね。

文章について?
そんなことでイメージ操作しようと思ってるのかもしれないが、2chなんだから意味無し。
相手がまともなことを言っているならともかく、寝言を言っているような相手にはこれくらいでいいんじゃないの?

70 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:04:51 ID:l81P0IfH ?#
随分前のここでの投稿が評価されてポイントを頂きました。
久々に来たのでレス反応したいと思います。
>>44 う〜む、それだと配当課税を軽減すればいいのでは?
高給取りに累進課税してよさそうな、感じですが…

71 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:11:40 ID:ohSC36Di ?##
>>1
老後生活への自己管理ができない人間は沢山いる、その人達の為に国がやっている事だからしょうがない。

もちろん僕自身は自己管理できるが、できない人間が足を引っ張る形だな。

いまさら止める事はできないしね。



72 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:16:20 ID:dfadDwMX ?#
>>71
だったら自己管理できない人だけが入るようにすればいいじゃん

73 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:22:19 ID:ohSC36Di ?##
>>72
「自己管理できると」思っていたのに「出来なかった人」が大量に発生しますよ?

74 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:23:28 ID:l81P0IfH ?#
>>72 自分で入る人は、自己管理出来る人ですね。
第一、余命は管理できない。
あと貯金だと、自営業で破産した人とか、どうするんだって問題もある。
そういう人は自殺汁! って価値観もあろうが、そうすると誰もリスク取って商売しなくなる。

75 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:26:55 ID:ohSC36Di ?##
そもそも年金制度は少子化問題と絡んでくるだろ?
少子化問題は東南アジア諸国からの移民政策に絡んでくるだろ?
移民政策は人権擁護法案に絡んでくるだろ?
・・・・こうやっていろいろな問題が絡んでいるからややこしい。


76 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:29:45 ID:dfadDwMX ?#
>>73
それは完全に自己責任でしょう。
大体国民年金だけじゃ、車で言う自賠責保険と同じくらい賄いきれてないのに。

成人は自動的に加入して、本人の意思があれば支払いを辞める事も可能。
こういうシステムなら、抜けたお前が悪いで済むでしょう。

現状だって支払いをしていなかった人間は保障されないわけですし。
ただ支払い義務はあるってだけで。

77 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:39:52 ID:ohSC36Di ?##
>>76
だからさぁ、生死にかかわる問題を「自己責任」で終わらせらるわけが無いから。w
イラクとは違うんだよイラクとは。

78 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:42:24 ID:dfadDwMX ?#
>>77
自賠責保険では到底保障しきれないのに、任意保険が「自己責任」になっている件についてどう思いますか?
国民年金では到底保障しきれないのに、各種保険が「自己責任」になっている件についてどう思いますか?

79 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:49:12 ID:ohSC36Di ?##
>>78
「自己責任」って言っても結局は国にも多少の責任があるわけ。
>こういうシステムなら、抜けたお前が悪いで済むでしょう。
国民あっての国でしょう?
誰かが面倒見ないと生きていけない人を見捨てろって事?
無理だなぁ。


80 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:53:54 ID:dfadDwMX ?#
>>79
だから、事実年金だけじゃ生活できないし、そもそも支払いを怠っていた人にいたっては何の保障も無いでしょう。
国の強制保険だって、現実的な制度とは言いがたく、保障しきれていないのが現状。
見捨てる見捨てないで言うなら、現状の保障範囲では見捨ててるも同じの人たちもいるの。
これがまず一つ。

自ら資産運用できない人に代わって、「国が」まとめて資産運用しますよってのが国民年金の大義名分の一つでしょう。
だから、自ら資産運用できると思ってる人は、自らやればよい。
やれるようなオプションをつけるべきってこと。

それとも誰彼構わず完全に面倒見ろって事か。
だったら国民には一切自由もなくなるだろ。

国民は自由の対価に責任を負ってるんだから。

81 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 19:58:34 ID:l81P0IfH ?#
>>78 社会保障システム自体を否定するってんなら一貫してる罠。

あと車の保険の場合、取られる財産ある人は、任意保険入るでしょう。
取られる財産がない加害者は、万歳して終わり。泣くのは被害者。
それを軽減する為に、自賠責があると思うのだけど…。

82 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 20:00:05 ID:ohSC36Di ?##
>>80
とりあえず僕の意見を最後に言っておくと、
「現在の年金制度では不十分」だね。
これから少子化の時代、移民を受け入れる時代、
ドイツなんかではもう始まってるし貧富の格差だけは回避しないといけないでしょう?
まるでアメリカみたいになりたい的な考えでビックリした。

83 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 20:04:17 ID:dfadDwMX ?#
>>82
こっちの発言をちゃんと読んでますか。

俺も突き詰めると
「現在の年金制度では不十分」
これを言ってるんですが。

国民年金は、資産運用という観点で見た場合非常に効率が悪く、欠陥のあるシステム。
だからせめて、より多くの利益を得られる自信のある者に関しては、運用方法を多少なりとも選べるようなオプションをつけるべき、と。

もしかして資産運用とかの言葉だけで、貧富の格差を広げちゃうとか思ってるのかな?

84 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 20:05:45 ID:l81P0IfH ?#
>>80 形式的には現役が老人を養ってるけど、
実質的には、早死にが長寿を養ってる訳でしょう。そもそも。

あとマジョリティの国民は経済的自由をそんなに望んでいるのかと?
自由と言えば、まず物言いの自由、転居の自由、職業選択の自由。
そういうのが出て来る。


85 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 20:10:33 ID:ohSC36Di ?##
>>83
すまんすまん。何せ年金問題は詳しいほどではなかったから戦線離脱させてもらった。
他スレにはまだ居るけど。。

86 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/05/31(火) 20:25:27 ID:dfadDwMX ?#
>>84
>早死にが長寿を養ってる
ここがどうなのか、と。

両親や親族を見て、早死にする予感のある人間だっているわけで。
そういった人間にまで、長寿が得するシステムに強制的に加入させるのはどうなんですか。

他の自由を語る以前にここは国民年金のスレなわけで。
で、国民年金にできることといったら、やはり選択肢の多様性なんじゃないかと。
年金制度を続けるならば、国民一人一人に損をさせないシステムにするか、国民一人一人に選択させるシステムじゃないと。

現状未払い者が増えているのも、結局「損をするシステムなんじゃねーの」ってところが大きいわけだし。

87 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/06/01(水) 00:32:43 ID:r/8SUAq9 ?#
>>83
>国民年金は、資産運用という観点で見た場合非常に効率が悪く、欠陥のあるシステム。
効率性という面では欠陥がありますが、公平性という面では申し分ありませんよね?
憲法にもあるように、法の下においては平等に扱われ無ければならないんです。
だから、社会保障という公的システムの下においては効率性を無視してでも公平性を選ばなくてはいけないんです。

だから
>だからせめて、より多くの利益を得られる自信のある者に関しては、運用方法を多少なりとも選べるようなオプションをつけるべき、と。
ということは公的なシステムである国民年金においては不可能なんです。

しかし、企業年金においてはもうすでに導入されていますね。
いわゆる401Kという奴です。
だから、最低限の公平性という問題を国民年金でクリア、それ以上の効率性を企業年金で求めているというわけです。


>>86
一般的に誰が長寿になり、誰が短命になるかなんてのはわからないんです。
そのための社会保障として存在しているのが公的年金なわけです。

>で、国民年金にできることといったら、やはり選択肢の多様性なんじゃないかと。
>国民一人一人に損をさせないシステムにするか、国民一人一人に選択させるシステムじゃないと。
これを行うと莫大なコストが発生します。
民間の保険会社が行うように、莫大な手数料を取っているならともかく、公的機関で行っているのでそれは不可能です。
また、上記のように、公平性の問題も発生します。

>現状未払い者が増えているのも、結局「損をするシステムなんじゃねーの」ってところが大きいわけだし。
これはマスコミのミスリードが最大の問題といえます。
得をするか損をするか、という面で公的年金を見るのは正しくない。
長生きしても無収入にならないという保障を行うのが公的年金の目的であるからです。

それ以上の個人の選択は企業年金や個人年金で行われていますし、
そこまで細かい選択は個人の責任の範囲で行うのが当然でしょう。

88 :pensioner予備軍:2005/06/01(水) 16:00:11 ID:G9AB68x3 ?##
>>71
本来は「自己管理」できない人が多く発生するであろうので、
強制加入の公的年金制度がある訳ですが、国民年金では未加入、
未払いといった問題が発生しています。
こういった人々は結局のところ現在の制度では将来高齢になったとき
無年金となる訳ですから、身内に面倒を見てもらうか
生活保護を受けるかのどちらかとなります。
生活保護を受けるといっても、かなり厳しい審査があります。
国民年金が制度がされた昭和36年以降、「国民皆年金」と
厚生省は謳っていますが、これほどの将来の無年金者を生み出す制度には
どこか不具合があるとしか思えません。

ところで、平成14年度基礎年金のみ受給している人の平均額は4万6千円ほどです。
ttp://www.sia.go.jp/infom/tokei/gaikyo2002/gaikyo2002_05.htm
加入が遅れたり、保険料未払いの時期があるためこうなります。
もちろん、未加入の人は全く年金はありません。
その中には生活保護すら受給できないホームレスの人々も多くいます。
払わなかったのだから仕方がない。ということで納得する人もいるでしょうが
それが大勢となるとやはり制度上の問題を疑うべきでしょう。



89 :pensioner予備軍:2005/06/01(水) 16:04:21 ID:G9AB68x3 ?##
連投すみません。恐らくこのスレをご覧頂いた方だと思いますが
ポイントありがとうございました。

90 : ◆QD1a8Dp0bU :2005/06/01(水) 17:10:42 ID:3RBOd9ra ?
>>1
現在、「国民の義務」として払ってるわけですが
やっぱり毎月13300円ずつ支払っているのはかなり、うざったいです。
大体1日500円も払ってるんだなあ・・・・と思うと(ノ_-;)ハア…
この際、消費税とか、たばこ税とか、酒税とかの方が
公平に納税できるんじゃないだろうか?とか思うわけです。

91 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/06/01(水) 21:51:42 ID:NxdQzHvY ?#
>>90
公的年金の国庫負担率は50%です。
つまり公的年金の半分は税金でまかなわれているというわけ。
だから本来ならば1日1000円払わなきゃいけないのを税金で半分補助されているようなもの。

未納率が低いままであれば今後この比率は引き上げられるでしょうし、払っておいた方が得というのは間違いないでしょう。
ここがわからずに、払わない方が得と勘違いする人が多いみたいですけどね。

92 :pensioner予備軍:2005/06/02(木) 02:17:56 ID:JdHFZGQJ ?##
>>90
私の解釈では、税金で取ったほうが
保険料の支払い漏れといったことは起こらないと
そういう意味とうけとりました。
強制的に徴収できるという意味では間接税を財源にするのは
良い考えです。
しかし、特に消費税の逆進性(低所得者ほど負担が重くなる)を
考えると消費税のみを年金の財源とするのは問題があると考えています。
そういった点から基礎年金を税で賄うのなら、一般租税収入から支出すべき
と思います。

それから、公的年金の国庫負担は基礎年金部分にのみ支出されるのであって
被用者年金(厚生年金・共済年金)の所得比例部分には支出されません。
ttp://www.mhlw.go.jp/topics/2004/02/dl/tp0212-2a.pdf
(PDFファイルです)
1/3から1/2に引き上げられているところです。
国民年金はこの基礎年金だけの一階建て。
被用者年金は基礎年金の上に所得比例部分がのった二階建ての構造です。
未加入、保険料未払いが問題になっているのは国民年金です。
被用者年金はサラリーから強制的に引かれているので
こういった問題はありません。

>>10などでも、ごく簡単な計算しています。一度ご覧になってください。



93 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/10/27(木) 20:28:04 ID:2PNjtL1I ?
公務員の年金は100%税金

94 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/10/28(金) 00:04:06 ID:yB5u8Kxy ?
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
インドの地図会社mapsofworldが、
韓国サイバーテロ組織VANKのスパムメールにより
東 海 、 独 島 表 記 に 変 更
正当な個人意思の一通で、
メ ル 凸 し ま せ ん ?
-------------------------------------
●抗議の方法
1)以下のページから抗議用の英語文面をコピー
http://vip.s151.xrea.com/tmpl/

2)あて先をcontactus@mapsofworld.comに設定し、送信!
-------------------------------------
あなたのメールが日本海を取り戻します!!!!
是 非 怒 り の 一 通 を !!!
対VANKの作戦本部スレ こちらも是非参加を頼む!
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1130346930/l50
上記のリンクが切れている場合は、以下に現行のスレを掲載中
●経過報告用ブログ
http://vip.s151.xrea.com/sb/
*お願い*
メールの送信は御一人様一通でお願いします。送りすぎ防止に御協力くださいm(_ _)m


95 :懐疑主義者 ◆tm1pVTQmqw :2005/10/28(金) 23:26:51 ID:D61fJbDN ?#
年金問題はよくマスコミでも議論されているが、
「破綻の問題(その回避の手法)」ばかりで
「そもそもの年金の意義」を語っているのを、ほとんどお目にかからない
だからこそ、払わない人間が増えるのだと思う。
まずそこを定期的に広告すべき。

議論する人間は、頭がいいので「年金の意義がわからない人間がいるわけが無い」と思っているのか、
それとも、実はわかっていないから説明できないのか・・・
後者だったら悲惨である。

96 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/10/28(金) 23:32:00 ID:k6ha6qHL ?##
極端を云えば年金はいらない。

ただ、働けなくなったら子供が衣食住の面倒見てくれるんなら。
子供がいない人は「子供」を「国」に読み替えて。

97 :懐疑主義者 ◆tm1pVTQmqw :2005/10/29(土) 03:41:12 ID:CPWgg9xr ?#
>>96
国が何らかの保証を行うなら、「税金による老後保障制度」と名を変えた
「新たな年金制度」となりうるね。 それはそれでいいとおもうよ。
ただ、俺が「説明が足りない」と思ったのは、「なぜ老後保障が必要なのか?」という部分。

君は、年金とは違うが、何らかの老後保証の必要性を認めているが、
世の中には、
「保障なんていらない、老後の金は自分で貯める。」
という意味で、「年金制度はいらない、だから払わない」という人が多いわけさ。
自営業の人などは特に、そういう考えが多い。
思想的には、自主独立で結構なことだけど、国家としては、実はそれでは困る。

なぜかというと、人はいつ死ぬかわからない。
定年後、年100円で慎ましく暮らしていこうと考えても
65歳から、平均寿命80数歳までの予算で計算し、1500万があれば生きていける…だろうか?
そんなことはない、平均寿命で死ぬ人間のほうが珍しい。
さらに、65歳まで生きのびた場合の平均寿命は90歳を超える。
この計画では、80歳以降、残金ゼロで15年間の老後が残る、これは悲惨。

では、長生きした場合を全て計算に入れてみよう、100歳以上だって生きることもある、確実に路頭に迷わないためには。
65歳から105歳40年分。つまり、4000万円の貯金が、「安心して生きていける老後の額」になる。
果たしてこれが貯められるか? 大手会社勤務以外の人間にとっては、おそらく難しい。

無理であれば、一年の額を切り詰めるしかなくなる。
あげくに、そうまでして、貯めて、早死にしたら、全て無駄である。
子供は遺産で喜ぶかもしれんが。

で、このリスクとメリットの両方国家が背負うことで、平均化し、国家から個人へ定期的に金を渡すシステム。
明日の不安が無いから、その年金も使い切ることにもなり、消費もよく回り、経済も良くなる。
(自分で貯めてると、残高が減ってきたらケチになる、だが年金なら、来月は入ってくるのだから、使い切ってしまう。)

長生きを、早死にが担保し。結果win-win関係を作る。という金融商品なのである。
それが「年金の意義」
単なる「弱者保障」じゃない。

98 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2005/10/29(土) 21:40:51 ID:vYCaWxMk ?#
>>97
要するに、年金を毎月払った御爺様方には、もれなく規則正しい年金生活が保障されるのですね?
で、国としては御爺様方に規則ただしく長生きしてもらいたいので、年金をとっとと払ってもらいたいところ。
でも世の中働かざるもの食うべからずというのか、年金を払わない人には年金を受け取ることができない。
そこで困ったちゃんの年金未払いの人。云々。

年金というのは、貸主が国にお金を貸し、国は貸主が老人になると毎月利子を含めて返すと。
そんな感じ?

99 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/10/29(土) 22:08:50 ID:h55ItKqK ?##
金融商品でみた場合、年金は結構いい商品だよ。
なにしろ税金で半分保証してくれる。
問題は、今掛けてる20代30代が貰えるかってことかと、国が破綻すればわかんないけど破綻しない
限りは大丈夫じゃないかな?

で、しつこいけど年金には、老後の基本的な生活資金になると同時に40、50代が受ける恩恵って
のもある。30、40代は子供に一番お金が掛かる時期であると同時に親の世代が定年を迎える時期
でもある。
もし、年金がなく子供が親の生活費の面倒をみることになったらどうなるか?
それでなくても少子化、一人っ子同士が結婚して4人の親の面倒を見るなんてことになったらまずは
生活が破綻するだろう。
まあ、そんな事はめったにないのかも知れないけど。


100 :懐疑主義者 ◆tm1pVTQmqw :2005/10/29(土) 22:59:48 ID:CPWgg9xr ?#
>>98
いや、「長生き」うんうんは偶然。
「規則正しい老後」は、それ自体を、国家が望むわけじゃない。
ポイントは

「最低限の金を払っておけば、どんなに長生きしても食うには困らない」
という安心感が担保されることで
「老後のために大金を貯めず、無駄使いしてくれる」ということ。

それによって、景気が良くなる。
「俺はそんな事は無い」、という人もいると思うが
統計としては、そういう傾向で変化する。

101 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2006/05/09(火) 06:28:17 ID:Zrsv0jEp ?#
ちゃんと、貰えるのかな。


102 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2006/08/09(水) 01:28:53 ID:Npcq+zJF ?2BP(0)
貰えなかったよ
障害年金だけど

でもいまだに国民年金支払っててキツイ

103 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2006/12/31(日) 21:55:39 ID:YIpLttfs ?2BP(0)
>>99
半分でなく1/3では?

104 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2007/02/09(金) 01:08:51 ID:+zGgwE8z ?2BP(40)
もらえない危険性は大
社会保険庁の民営化とか

105 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2007/06/02(土) 10:11:23 ID:z4p4mmKR ?2BP(0)
他者に依存してお金を貰おうってんじゃなくて、定年後も健康ならば働ける社会っていうのが理想だと思うんだけど。
20〜50代の就労年代を1stステージとして、40過ぎくらいからの2ndステージを用意する。
「今の仕事を引退した後は何をやろう」って老後も楽しみになるんじゃない?
で、本当に働けない人だけを全力でサポートする。

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)